ブログ

アフィリエイト初心者によくある失敗例11個【成功するためのコツ】

アフィリエイト初心者によくある失敗例11個【成功するためのコツを抑えよう】

悩み

最近、アフィリエイトを始めたけど全く稼げない。どうやったらアフィリエイトで稼げるのか知りたい。

こんな悩みに答えます。

アフィリエイトは、正しい努力を積み重ねないとまったく稼げません。

当ブログも最初の1年間はアクセスがまったくない状態でしたが、試行錯誤を繰り返すうちにPVや収益が伸びてきました。

初心者が失敗しがちなポイントを理解しておくことで、無駄に悩んだり、途中で挫折したりするのを防げます。

そこで本記事では、アフィリエイト初心者にありがちな失敗例を11個紹介していきます。

この記事を読めば、多くの初心者がハマりがちな失敗を避けて、ブログで稼げるようになりますよ。

アフィリエイト初心者の失敗例11個

アフィリエイト初心者の失敗例11個

アフィリエイト初心者によくある失敗例は、以下のとおりです。

  1. すぐに辞める人が多い
  2. 無料ブログを利用している
  3. 必須ツールを導入していない
  4. 単価の低いジャンルを選んでいる
  5. 興味・関心のないジャンルを選んでいる
  6. 専門的な知識が必要なジャンルを選んでいる
  7. YMYLに該当している
  8. コンテンツが少ない
  9. SEOについて勉強していない
  10. 日記のような記事を書いている
  11. キーワードを選定していない

ひとつずつ見ていきます。

すぐに辞める人が多い

アフィリエイトは参入障壁が低く、副業でブログを始める人がほとんどです。

そして、アフィリエイトは簡単に稼げると思ってナメている人ほど、2〜3ヶ月で辞めてしまいます。

当たり前ですが、アフィリエイトはビジネスなので、本業をやりながら片手間で稼げるほど甘くありません。

ひと月のアフィリエイト収入×アフィリエイトを開始してからの年数

上記のように、アフィリエイトを始めて1年未満の70%ほどは、収入がない状態です。2年以上アフィリエイトをしていて収入がない人もいます。

このように、アフィリエイトは長期的に継続できる人が稼げますよ。

アフィリエイトは稼げないと言われる理由
「アフィリエイトは稼げないからやめとけ」と言われる5つの理由本記事では、「アフィリエイトは稼げないからやめとけ」と言われる理由について解説しています。個人がアフィリエイトで稼ぐ難易度は上がっていますが、まだまだ初心者でも稼げますよ。 ...

無料ブログを利用している

アフィリエイトで稼ぎたいなら、WordPress(有料)を利用しましょう。

無料ブログのデメリットは、以下のとおりです。

  • 掲載できない広告がある
  • 自由にカスタマイズできない
  • アカウントを削除される可能性がある

このようなデメリットがあり、アフィリエイトで大きく稼ぎたい人には向いていません。

WordPressでブログを始めたい人は、【2022年】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説をどうぞ。

必須ツールを導入していない

「副業でアフィリエイトをしている、最短で稼ぎたい」という人は、アフィリエイトに必須のツールを導入しましょう。

なぜなら、時間がない人でも効率よく最短で成長することができ、アフィリエイトで稼げるようになるからです。

たとえば、WordPressテーマや検索順位チェックツールなどは高いですが、初期費用と割り切って導入しましょう。

とくに、検索順位チェックツールは必須です。セルフバックを利用すれば簡単に5万円ほど稼げるので、初期費用を安く抑えられますよ。

セルフバックについては、セルフバック(自己アフィリエイト)の仕組みとやり方|おすすめ案件4つをご覧ください。

単価の低いジャンルを選んでいる

単価の低いジャンルを選んでしまうと、大きく稼げるようになるまで時間がかかります。

たとえば月5万円稼ぎたい場合、掲載する商品(広告)によって必要な注文数が変わってきます。

  • 商品A:10,000円(単価)×5個=50,000円
  • 商品B:1,000円(単価)×50個=50,000円

このように50,000円稼ぐといっても、商品Aのほうが簡単に目標を達成することができます。

つまり、高単価な案件をチョイスすることで、少ないPVでも大きく稼げますよ。

ブログテーマが決まらない人は、失敗しないブログテーマの決め方【初心者でも稼げるテーマ選びのコツ】をどうぞ。

興味・関心のないジャンルを選んでいる

アフィリエイトできる商品・サービスは幅広く、基本的にどんなジャンルでもマネタイズできます。

そのためアフィリエイト初心者は、どんなジャンルで記事を書けばいいのか迷ってしまい、人気・高単価なジャンルを選びがちです。

そういった理由でジャンルを決めてしまうと、自分の興味・関心がないジャンルだった場合、記事を書くのがしんどくなって継続できなくなります。

たとえば、ガジェットに関するブログを運営している人は、普段からガジェットが大好きで「暇さえあればググる、新製品をすぐに購入する」ような人たちばかりです。

つまり、ある分野でオタクのようなアフィリエイターと戦わなければいけないので、自分にとって興味・関心のあるジャンルでないと厳しいですよ。

専門的な知識が必要なジャンルを選んでいる

アフィリエイト初心者が、専門的な知識や経験が必要なジャンルで稼ぐのは難しいです。

というのも、アフィリエイト初心者は、企業が運営しているようなクオリティーの高いサイトと勝負しても勝てないからです。

たとえば、「転職・プログラミング・クレジットカード」といったジャンルは、競合サイトが強く上位表示させるのが大変です。

自分が今までに時間をかけてきたことや、これから勉強していきたいことを中心に発信すれば、読者に価値提供できますよ。

YMYLに該当している

YMYLに該当しているテーマでブログ記事を書いても、SEOで評価されず上位表示されません。

※YMYL(Your Money Your Life)とは、お金や健康など人生に大きな影響をおよぼすテーマのことです。

理由としては、Googleは信頼できるサイト(企業・病院・公的機関)のみを上位表示させるからです。

  • ニュース
  • 政治・法律
  • 金融(投資・保険)
  • ショッピング(ECサイトなど)
  • 健康・安全
  • 人種・宗教・性別
  • その他(大学・就職・フィットネスなど)

上記のようなキーワードはYMYLに該当していて、ブログ初心者は知らないうちに扱っていることが多々あります。

もしYMYLジャンルで記事を書いていたら、すぐに違うジャンルに変更しましょう。

コンテンツが少ない

アフィリエイトで稼ぐには、コンテンツ(記事数)が必要になります。

ブログは、「量と質どちらが重要なのか?」という話にも関わってくるのですが、個人的には「どちらも」というのが答えです。

そもそも記事数が少ないと、SEOやライティングに関して成長しないし、たくさんのアクセスを集めることができません。

逆説的ではありますが、記事を書くことでしか記事の質を上げることはできません。

質を保ちながら最速で記事を量産することで、SEOやライティングのコツがわかり、読まれる記事が書けるようになりますよ。

SEOについて勉強していない

アフィリエイトで稼いでいく上で、SEOの知識は必要不可欠です。

SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジン最適化のことで、検索上位をとる技術のようなものです。

日本で使用されている検索エンジンのほとんどがGoogleなので、「SEO=Googleで検索上位をとる」という理解でOKです。

なぜSEOが重要なのかと言うと、どんなブログでもアクセスの8〜9割ほどが検索からの流入になるからです。

そのため、早い段階からSEOについての理解が必要です。検索上位をとればアクセスが安定して、記事をたくさん読んでもらえますよ。

SEOについて書籍から網羅的に勉強するのがおすすめ。詳しくは、【初心者向け】ブログ運営に役立つおすすめ本9冊でまとめています。

またブログをアクセスアップさせるためのコツは、ブログをアクセスアップさせるには?【初心者がやるべきことはたった1つ】をご覧ください。

日記のような記事を書いている

日記のような記事を書いても、芸能人や著名人でない限りアフィリエイトで稼げません。

Googleはユーザーファーストを掲げていて、読者の役に立たない記事は評価されません。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

引用:Googleが掲げる10の事実

検索意図を満たせば、読者の役に立つクオリティーの高い記事が書けるようになりますよ。

検索意図について詳しく知りたい人は、SEOにおける検索意図の重要性について【コンテンツに活かす方法】をどうぞ。

キーワードを選定していない

アフィリエイト初心者にありがちなのが、キーワード選定をせずに記事を書いているパターンです。

記事を書く前に、検索キーワードを決めないと、どんな人にどういった記事(内容)を書けばいいのか方向性が定まりません。

この記事の場合、「アフィリエイト 失敗」が検索キーワードで、「アフィリエイトのよくある失敗例を知りたい人」がターゲットです。

このように検索キーワードありきで記事が作成されるので、「キーワード選定しない=どこにも刺さらないダメ記事」となってしまいます。

検索キーワードの選び方入れ方などは初心者にとって難しいと思いますが、アフィリエイトで稼ぐためには重要ですよ。

アフィリエイトを成功させるためのコツ3つ

アフィリエイトを成功させるためのコツは、以下のとおりです。

  1. PV×CTR×CVRを理解する
  2. 集客記事と収益記事をわける
  3. 競合サイトから勉強する

ひとつずつ解説していきます。

コツ①:PV×CTR×CVRを理解する

アフィリエイトで成功するためには、「PV(アクセス) × CTR(クリック率) × CVR(成約率)」を理解しましょう。

読書がブログを閲覧(PV)して、興味のある広告をクリック(CTR)することで、成約(CVR)するかが決まってきます。

PVが少なくても大きく稼いでいる人は、クリック率や成約率が高い傾向にあります。逆に、PVが多くてもあまり稼げていない人もいます。

この3つの掛け合わせで、アフィリエイトでの報酬額が変わってきます。3つ全てを向上させることが重要ですよ。

コツ②:集客記事と収益記事をわける

アフィリエイトで稼ぐためには、集客記事と収益記事をわけましょう。

集客記事とはアクセスを集めるための記事で、収益記事とはアフィリエイト商品を紹介する記事のことです。

集客記事にアクセスを集めて内部リンクから収益記事に流すのが、アフィリエイトで稼ぐための基本的な戦略となります。

集客記事はたくさん必要ですが、収益記事は5〜10個ほどでOKです。集客するならロングテールキーワードがおすすめです。

詳しくは、SEOに効果的なロングテールキーワードの選び方を徹底解説をご覧ください。

コツ③:競合サイトから勉強する

最短で稼ぎたいなら、競合サイト(稼いでいるブログ)から勉強するのが手っ取り早いです。

なぜなら、稼いでいるブログには必ず成功している理由があり、自分にないものを持っているからです。

たとえば記事構成・書き方やジャンル選定など、ブログ初心者にとって有料級の情報が無料で公開されているので分析しない手はありません。

自分と同じテーマで参考になるサイトをいくつかピックアップして、公開されている記事は全て読み込みましょう。

すると自分の記事と比べたとき、足りないものが見えてくるはずですよ。

まとめ:アフィリエイトは継続すれば稼げるようになる!

今回は、アフィリエイト初心者にありがちな失敗例を11個紹介しました。

最初からアフィリエイトで成功する人はほんの一握りです。失敗することでしか成長できません。

失敗しないことよりも、継続できないことのほうがもったいない。アフィリエイトは、コツコツ継続すれば結果がついてきますよ。