BLOG

【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方

疑問

検索順位をチェックするのに「Rank Tracker」がいいって聞いたけど、実際どうなの?

こんな疑問に答えます。

結論として、「もっと本気でブログを頑張りたい、効率よくブログを運営したい」と考えている人におすすめできるツールです。

本記事の内容

  • Rank Trackerのおすすめ機能
  • Rank Trackerのおすすめ料金プラン
  • Rank Trackerの導入方法
  • Rank Trackerの初期設定と使い方

ブログで稼いでいくには、書いた記事の検索順位を把握する必要があります。

なぜなら狙ったキーワードを上位表示させ、検索流入を増やすことが大切だからです。

記事数が増えるほど管理するキーワードも増え、1つ1つチェックしていたら時間が足りません。

Rank Trackerを導入すれば、検索順位の変化を自動で毎日記録してくれるため、ブログ運営の効率が上がります。

本記事を読めば、SEO検索順位ツール「RankTracker」の導入方法から使い方がわかり、SEOで上位表示を狙え、ブログの収益UPにつなげることができます。

\公式サイトはこちら/

Rank Trackerのおすすめ機能

SEO検索順位ツールRank Tracker

Rank Trackerとは、狙ったキーワード(記事)の検索順位を毎日自動でチェックしてくれるSEOツールです。

AmazonやMicrosoftなどの世界的な有名企業から、個人ブロガーまで幅広いユーザーに利用されているサービス。

Rank Trackerのおすすめ機能は、以下の4つです。

  • 狙ったキーワードの検索順位チェック
  • 検索順位の自動チェック設定
  • 競合サイトのチェック
  • SEOキーワードのグループ分け

1つずつ詳しく解説していきます。

狙ったキーワードの検索順位チェック

登録したキーワードの検索順位を確認することができます。

Rank Trackerの検索順位チェック

Rank Trackerで毎日チェックする項目は、

  • 登録したキーワードの順位
  • 検索順位の変動(前日との差、順位推移)

他にも計測できる項目はありますが、上記の2つを主にチェックします。検索順位が上がると「+↑」、下がると「−↓」と表示されます。

狙っているキーワードの検索順位がグラフで一覧表示されるため、パッと見で公開した記事の良し悪しが判断できます。

順位に大幅な変動があったり、公開してから時間が経ってもランクインしない記事があればすぐに気づき、リライトなり改善作業ができます。

毎日の順位変動を記録として残しておくことで、ブログの状態を常に把握できる。

検索順位の自動チェック設定

Rank Trackerでは、スケジュール予約することで検索順位を自動でチェックしてくれます。

Rank Trackerのスケジュール予約

検索順位の測定にはそれなりに時間がかかるのですが、1度設定すれば自動でやってくれるので便利です。また登録するキーワードが増えるほど効果があります。

スケジュール予約は「環境設定→Scheduled Tasks & Alerts」で設定できます。

※Rank Trackerを起動していないと順位計測してくれないので、気をつけてください。

競合サイトのチェック

競合サイトを分析することができます。

Rank Trackerの競合サイトのチェック

自分のサイトに近い競合サイトを発見できたり、競合サイトからまだ書いていないキーワードを発見することができます。

競合サイトを登録しておけば、同じキーワードの検索順位を比較するこもでき、記事改善にいかせます。

SEOキーワードのグループ分け

登録したキーワードをグループごと(ジャンル別)に分けることができます。

Rank Trackerのキーワードグループ分け

ブログで複数のジャンルを扱っている場合、ジャンルごとにグループ分けすることをおすすめします。

たとえば、

  • 転職
  • 副業
  • ブログ
  • ガジェット

上記のように分けることで、ジャンルごとの検索順位の変動がわかりやすくなります。

Rank Trackerのおすすめ料金プラン|プロフェッショナル版

Rank Trackerの料金プラン

Rank Trackerには、3種類の料金プランがあります。※1$=109円換算(2021年9月現在)

  • 無料:0$/年
  • プロフェッショナル:149$/年(約16,000円)
  • エンタープライズ:349$/年(約38,000円)

それぞれの料金プランの違いは以下のとおりです。

無料プロフェッショナルエンタープライズ
月払い
年払い0円/年約16,000円/年約38,000円/年
登録URL数1無制限無制限
登録キーワード数無制限無制限

Rank Trackerを導入するなら、「PROFESSIONAL(プロフェッショナル版)」がおすすめ。

エンタープライズ版は、個人ブロガーにはオーバースペック、無料ライセンスは、「お試し版」といった位置付けだからです。

ブログで稼いでいくには検索順位ツール(Rank Tracker、GRCなど)の導入は必須です。

プロフェッショナル版は年間16,000円ほど、ひと月あたり約1,300円で利用できます。

筆者

ひと月1,300円なら、毎日自販機で買っている飲み物を1本我慢すればお釣りがきますね。

\公式サイトはこちら/

GRCと比較|WindowsユーザーはGRCがおすすめ

Windowsユーザーなら、GRC がおすすめです。

GRCの料金プランは以下のとおりです。※表示価格は全て税込です。

ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
月払い495円/月990/月1,485/月1,980/月2,475/月
年払い4,950年9,900年14,850/年19,800/年24,750/年
登録URL数5505005000無制限
登録キーワード数5005,00050,000500,000無制限

GRC を利用するなら、Rank Trackerのプロフェッショナル版に近い、月額990円のスタンダードプランおすすめです。

Rank Trackerは月額1,300円、GRCは990円で少しお得です。MacユーザーがGRCを使う場合、仮想サーバーを用意したりと面倒な作業が増えます。

迷ったら、MacユーザーはRank TrackerWindowsユーザーはGRCと覚えておいてください。

Rank Trackerの導入方法

Rank Trackerの導入方法について、画像付きでわかりやすく解説していきます。

Rank Trackerの導入手順
  1. Rank Trackeをダウンロード
  2. Rank Trackerをインストール
  3. プロフェッショナル版を購入
  4. ライセンスキーの入力

Rank Trackerをダウンロード

下記のリンクから、 Rank Tracker(公式サイト)にアクセスします。

\公式サイトはこちら/

Rank Trackerの公式サイト

画像下にある「Rank Tracker」をクリックして、「お名前・メールアドレス」を入力。

Rank Trackerをダウンロードする」をクリックしてください。

Rank Trackerのソフトをダウンロード

ダウンロード」をクリックすると、Rank Trackerのファイルのダウンロードが始まります。

以上で、Rank Trackerのダウンロードが完了しました。

②Rank Trackerをインストール

Rank Trackerのダウンロードファイルをダブルクリック

先ほどダウンロードしたRank Trackerのファイルを開きます。(PCのダウンロードフォルダ内にあります。)

Rank Tracker.appをダブルクリック

「Rank Tracker.app」が表示されたらダブルクリックします。

Rank Tracker.app開くをクリック

「Rank Tracker.app」をダブルクリックすると開いてもいいか聞かれ、「開く」をクリックします。

Javaの警告が表示される方へ

Rank Trackerを使うには、PCにJavaアプリをインストールする必要があります。無料でかんたんにインストール可能です。

Java公式サイトにアクセスします。

Java公式サイト

Javaのインストール方法
  1. 「同意して無料ダウンロードを開始」をクリック
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開く
  3. Java.appをダブルクリックして開く
  4. 「開いてもよろしいですか?」と聞かれるので「開く」をクリック
  5. 「インストール」をクリック
  6. インストール完了

インストールが完了したら、もう一度「Rank Tracker.app」ダブルクリックします。

Rank Trackerを日本語に設定

日本語」を選択して「次へ」をクリックします。

利用規約を承諾する

利用規約を読み、「承諾する」をクリックします。

Rank Tracker以外のチェックを外す

Rank Tracker以外のチェックを外して、「次へ」をクリックします。

インストール完了

上記の画面が表示されたら、インストールの完了です。

Rank Trackerを開く

インストールされた「Rank Tracker.app」をダブルクリックして起動させます。

ファイルがダウンロードされたら、「OK」をクリックして完了です。

③プロフェッショナル版を購入

下記のリンクから、 Rank Tracker(公式サイト)にアクセスします。

\公式サイトはこちら/

Rank Trackerの公式サイトへ移動して注文する

画面下にある「Rank Tracker」をクリックして、「注文」をクリックします。

※「RankTracker」を選択してから「注文」をクリックしないと、他のツールの購入画面に進むので注意してください。

今すぐアップグレードをクリック

購入画面に移動して、プロフェッショナル版の「今すぐアップグレード」をクリックします。

購入商品と数量の確認

カート内の商品を確認して、クレジットカードの情報を入力していきます。(表示通貨を「JPY」にすると円に変わります。)

必要事項の入力

必要事項を入力して「ORDER NOW」をクリックします。

以上で、プロフェッショナル版の購入が完了です。

④ライセンスキーの入力

購入が完了すると、ライセンスキーが記載されたメールが届きます。

Rank Trackerのラインセンスメール

  • Registered by:登録者
  • Registered key:登録キー

情報を登録を開く

Rank Trackerを起動して、上部にある「ヘルプ→情報を登録」をクリックします。

先ほど、記載されていた「登録者・登録キー」をコピペしてください。

OKをクリックしたら、Rank Trackerのプロフェッショナル版が使えるようになります。

Rank Trackerの初期設定と使い方

最後に、Rank Trackerの初期設定と基本的な使い方を解説していきます。

サイトの登録

新規をクリック

Rank Trackerを開き「新規」をクリックして、新規プロジェクトを作成します。

追加したいサイトのURLを入力

あなたのサイトURLを入力して「次へ」をクリックします。

以上でサイトのURL登録と新規プロジェクトの作成が完了です。

次に、Googleアナリティクスと連携していきます。

Googleアナリティクスと連携

「GoogleAnalyticsアカウントと接続する」をクリックします。

「クリックしてアカウントの設定」をクリック

クリックしてアカウント設定の入力を行います」をクリックすると、Googleとの連携画面に移動します。

メールアドレスを入力して連携を許可

メールアドレスを入力して、連携を許可してください。

確認してOKをクリック

アカウントとプロパティを確認して、問題なければ「OK」をクリックします。

以上で、Googleアナリティクスとの連携が完了しました。

次は、Googleサーチコンソールと連携していきます。

Googleサーチコンソールと連携

「Google検索コンソールアカウントに接続します」をクリックします。

「アカウントに接続」をクリック

「アカウントに接続」をクリックします。

登録したいサイトURLを入力

登録しているWebサイトのURLを入力して、「OK」をクリックします。

色が薄緑に変われば完了

色が薄緑色に変わっていれば完了です。

「次へ」をクリックして、キーワードを登録します。

キーワードを登録

キーワードの登録画面が表示され、最初にいくつか登録できます。(入力できるのは1行につき1キーワードで、後から追加できます。)

次へ」をクリックします。

さらに検索エンジンを追加するをクリック

左上の「さらに検索エンジンを追加する」をクリックします。

日本語版Googleを追加

右側の検索バーに「Japan」と入力して、「Google.co.jp」と「Google.co.jp(mobile)」を追加してください。

  • Google.co.jp:パソコンで検索した時の順位
  • Google.co.jp(Mobile):スマホで検索したときの順位

※YahooやBingの順位も計測したい方は選択してください。

アメリカ版のGoogleとYahoo!を削除

デフォルトで設定されている、アメリカ版のGoogleとYahoo!を削除しましょう。

完了」をクリックしたら、ワークスペースを作成していきます。

ワークスペースの作成

ワークスペースとは、計測したい項目を自分でカスタマイズできる画面です。

新規ワークスペースの作成

画面右上の「」をクリックして、新規ワークスペースを作成します。

追加情報の選択

ワークスペースに表示させたい情報にチェックを入れ、カスタマイズしていきます。

筆者の設定は以下のとおりです。

  • キーワード:SEOキーワード
  • Google.co.jp Rank:パソコンで検索した時の順位
  • Google.co.jp差異:前日との検索順位の差
  • Google.co.jp(mobile)Rank:スマホで検索した時の順位
  • Google.co.jp(mobile)差異:前日との検索順位の差
  • 検索数:検索ボリューム
  • タグ:自由(記事を公開した日付など)
  • 注意:自由(記事をリライトした日付など)
  • ランキングページ:どの記事がランキングされているか

あとは、使ってみて自由にカスタマイズしてみてください。

キーワードの追加と計測方法

新しい記事を書いたら、キーワードを追加していきましょう。

キーワードの追加方法

キーワードの追加」をクリックします。

キーワードの登録

1行につき1つのキーワードを入力します。

次へ」をクリックしたら、キーワードの登録が完了です。

検索順位のチェック

検索順位のチェックは、左上の「ランキングの確認」、または右上の「すべてチェックする」をクリックすれば始まります。

検索順位のチェックは、毎日することをおすすめします。

検索順位を100位まで表示

デフォルトだと検索順位が50位までしか計測されない設定になっているので、100位までチェックできるように変更していきます。

検索順位の表示変更

画面上部の「環境設定→ランク確認モード」をクリックします。

検索順位を100まで表示

数字を「50→100」に変更して、右下の「OK」をクリックすれば完了です。

スケジューラーの設定

毎日自動で順位をチェックするスケジューラーの設定をしていきます。

※スケジューラーを設定しても、RankTrackerを起動していないと順位は自動で計測されません。

スケジューラーの設定

画面上部の「Schedule Tasks & Alert」をクリックします。

スケジューラーの追加

追加する」をクリックします。

タスク名・スケジュール詳細を設定して、「オン」にすれば完了です。

まとめ|Rank TrackerでSEOを強化しよう

今回は、Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入方法から使い方について解説しました。

検索順位のチェックは、毎日しっかり行いましょう。ブログ・アフィリエイトで成果を出すには、SEOで評価を得る必要があります。

検索順位をもとに、上位が取れる記事と取れない記事を分析したり、他サイトと比較したりと地道な改善作業の繰り返しです。またキーワード選定も重要になってきます。

毎日データを記録することで、あなたなりのブログノウハウが積み上がっていきます。

検索順位を意識して、記事を改善していきましょう。

\公式サイトはこちら/