BLOG

Rinker(リンカー)の使い方・設定方法をわかりやすく解説

Rinker(リンカー)の使い方・設定方法をわかりやすく解説

疑問

Rinker(リンカー)の使い方・設定方法を知りたい。商品リンクをまとめて表示させたい。

こんな疑問に答えます。

Rinkerとは、「楽天・Amazon」などの商品リンクをまとめて表示できる、無料のプラグインです。

そして、ブログで物販をするなら、導入しておきたい定番のプラグインとなっています。

また、WordPressの記事投稿画面から商品リンクを作成できるため、ブログ作業が捗ります。

本記事では、Rinker(リンカー)の使い方・設定方法を画像つきでわかりやすく解説します。

この記事を読めば、初心者でも簡単にオシャレなリンクを貼ることができますよ。

ちなみに以前は、「カエレバ・ヨメレバ」というブログパーツを使っていましたが、Rinkerのほうが圧倒的に楽で、簡単にリンクを作成することができます。

カエレバ(ヨメレバ)の使い方・設定方法を画像付きで徹底解説
カエレバ(ヨメレバ)の使い方・設定方法を画像付きで徹底解説アフィリエイトリンクをオシャレにカスタムしたい。こんな悩みに答えます。WordPressテーマ「JIN」を使っている方は面倒な設定をせずに簡単にデザイン変更が可能です。気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。...

Rinkerとは?

Rinker

Rinkerとは、「楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング」などの商品リンクを、まとめて簡単に表示できるプラグインです。

ブログ「おやこそだて」を運営する、やよいさんが開発したWordPressのプラグインです。

たとえば、下記のような商品リンクをサクッと作れます。

報酬の取りこぼしを防げる

Rinkerを使えば複数のASPと提携できるため、報酬の取りこぼしを防ぐことができます。

たとえば、楽天のリンクしかなかったら、Amazonで買いたい人が商品を購入しないかもしれません。

逆に、Amazonのリンクしかなかったら、楽天で買いたい人が商品を購入しないかもしれません。

Rinkerなら複数サイトのリンクをまとめて表示でき、機会損失を防げますよ。

Rinkerとカエレバの違い

RinkerはWordPressのプラグインで、カエレバはWebサイトを経由するブログバーツです。

Rinkerの方が、カエレバよりも機能面に優れていて使い勝手がいいです。

WordPressでブログをしている方には、Rinkerがおすすめです。

一方で、WordPress以外のブログサービスを使っている方は、カエレバを利用しましょう。

※まだWordPressブログを開設していない方は、【2022年最新】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説をどうぞ。

Rinkerを利用する前に準備するもの

Rinkerを導入する前に、商品リンクを作成するためASPに登録する必要があります。

※ASP(Affiliate Service Provider)とは、ブロガーと広告主(企業)を仲介してくれる広告管理会社のこと。

ASPの登録は無料ですぐできるため、サクッと終わらせておきましょう。

その他のASPについては、【2022年】アフィリエイト初心者におすすめのASP9選をご覧ください。

Rinkerの導入方法

RinkerはWordPressの公式プラグインでないため、公式サイトからダウンロードします。

通常のプラグインのように、WordPressの管理画面から検索しても出てこないので注意しましょう。

Rinkerをダウンロードする

まず、「Rinker」公式サイトにアクセスします。

下記のリンクから公式サイトへ飛んでください。

商品管理プラグインRinker(リンカー)

Rinker(リンカー)の導入方法

画面右側の「無料ダウンロード」をクリックします。

Rinkerの導入方法

ダウンロードするには、「pixiv ID」が必要になります。

持っている方はそのままログイン、持っていない方は「pixiv IDを作ってログイン」をクリックしましょう。

Rinkerの導入方法

メールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

他に、Apple ID・Twitterアカウント・Googleアカウント・Facebookアカウントでも登録できます。

Rinkerをダウンロード

必要事項を入力して、2箇所にチェックを入れ「アカウント作成」をクリックします。

これで、「pixiv ID」の作成が完了しました。

Rinkerの導入方法

yyi-rinker-○.○.○.zip」というファイルをダウンロードしたら、WordPressにアップロードしていきます。

Rinkerをアップロード&有効化する

プラグインの新規追加

WordPressの管理画面から、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

Rinkerをアップロード&有効化する

プラグインのアップロード→ファイルを選択」をクリックして、先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

今すぐインストール→プラグインを有効化」をクリックすればOKです。

これで、WordPressにRinkerをダウンロードすることができました。

Rinkerの設定方法

つぎに、各種アフィリエイトIDを設定していきます。

Rinkerの設定方法

WordPressの管理画面から、「設定→Rinker設定」をクリックします。

Rinkerの設定方法

基本設定の「再取得をする」にチェックを入れておきましょう。

自分が使用したいリンク(Amazon・楽天・Yahoo!・もしも)のアフィリエイトIDを登録していきます。

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトIDを登録していきます。

下記リンクから、楽天アフィリエイトIDを確認できます。

楽天アフィリエイトIDを確認する

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトIDが表示されるのでコピーします。

Rinkerの設定方法

WordPress画面に戻り、先ほどコピーしたIDを貼り付けましょう。

ちなみに楽天アフィリエイトを使うと、報酬が楽天ポイントになります。

そのため、もしもアフィリエイト経由での利用をおすすめします。

バリューコマース(Yahoo!ショッピング)

Yahoo!ショッピングを設定するために、バリューコマースの「LinkSwitch」のコードが必要です。

まだバリューコマースに登録していない方は、先に登録しておきましょう。

無料で「バリューコマース」に登録する

Rinkerの設定方法

バリューコマースにログインして、
管理画面の「ツール→LinkSwitch→LinkSwitch設定」をクリックします。

Rinkerの設定方法

表示されたコードをコピーします。

Rinkerの設定方法

WordPress画面に戻り、先ほどコピーした「LinkSwitchコード」を貼り付けます。

ちなみにYahoo!ショッピングは、もしも経由でも利用できます。

ですが、バリューコマースのほうが紹介料が高いのでおすすめです。

バリューコマースの評判・口コミやメリット・デメリットを徹底解説
バリューコマースの評判・口コミやメリット・デメリットを徹底解説この記事では、バリューコマースの評判・口コミやメリット・デメリットについてわかりやすく解説しています。筆者が1年以上、実際に使ってみて感じた本音を包み隠さず紹介します。バリューコマースは初心者から上級者まで、多くの人に使われている人気の大手ASPです。...

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト経由で、楽天・AmazonIDを登録していきます。

まだ、もしもアフィリエイトに登録していない方は、先に登録しておきましょう。

無料で「もしもアフィリエイト」に登録する

もしもアフィリエイトID確認

もしもアフィリエイトにログインします。

提携中のプロモーションの中から、「Amazon」の「広告リンクへ」をクリックします。

もしもアフィリエイトID確認

ソース内、「a_id=○○&」の○○部分がIDとなります。(楽天も同じようにIDを確認できます。)

WordPress画面に戻り、利用するサービスにIDを入力しましょう。

もしもリンク優先ショップ」にチェックを入れることでお好みのリンクを利用することができます。

Amazonアソシエイトよりも、もしもアフィリエイト経由のほうがおすすめです。

もしもアフィリエイトがおすすめな理由

  • 振込手数料が無料
  • 最低支払い金額が安い
  • 審査が通りやすい(初心者向け)

もしもアフィリエイトの評判・口コミやメリット・デメリットを徹底解説
もしもアフィリエイトの評判・口コミやメリット・デメリットを徹底解説本記事では、もしもアフィリエイトの口コミ・評判について解説します。また、実際に1年以上使ってみて感じたメリットデメリットについても紹介します。もしもアフィリエイトは、物販系に強く、初心者へのサポートが手厚いおすすめのASPです。 ...

GoogleAnalyticsトラッキング

Rinkerの設定方法

GoogleAnalyticsトラッキングにチェックを入れておきましょう。

どのくらい商品リンクがクリックされたのかをGoogleアナリティクスで確認できるため、チェックしておけばデータが残りますよ。

さいごに、「変更を保存」を忘れずにクリックしてください。

これで、Rinkerの設定が完了しました。

Rinkerの使い方

Rinkerを使って商品リンクを作成する方法は、以下の2つです。

  • 投稿画面から商品リンクを作成する
  • 管理画面から商品リンクを作成する

ひとつずつ解説します。

投稿画面から商品リンクを作成する

Gutenberg(グーテンベルク)の場合、投稿画面で「+」→「すべて表示」をクリックします。

Rinkerの使い方

ブロック一覧が表示されるので、デザイン項目から「Rinker」をクリックします。

Rinkerの使い方

商品リンク追加」をクリックします。

Rinkerの使い方

紹介したい商品名で検索すると、商品一覧が表示されるので「商品リンクを追加」をクリックします。

すると、下記のような商品リンクが表示されます。

Rinkerの使い方

また、「登録済み商品リンクから検索」では、1度追加した商品リンクをすぐに探すことができますよ。

管理画面から商品リンクを作成する

管理画面から、商品リンクを先に作成しておくことも可能です。

Rinkerの使い方

WordPressの管理画面から「商品リンク→新規追加」をクリックします。

Rinkerの使い方

商品情報を取得」をクリックします。

Rinkerの使い方

先ほどと同じように、商品名で検索して「商品リンクを追加」をクリックします。

Rinkerの使い方

画面右側の「公開」ボタンをクリックしてください。

ちなみに、この画面で商品リンクのタイトルや、リンク先を変更できます。

Rinkerの使い方

商品リンク一覧に、上記のように登録した商品のショートコードが追加されます。

あとは、ショートコードをコピーして、記事投稿画面で貼り付けるだけです。

Rinkerは物販ブログに欠かせない定番プラグインです!

Rinkerは物販運営に欠かせない定番のプラグインです!

今回は、【商品管理プラグイン】Rinkerの使い方・設定方法についてまとめました。

複数の商品リンクとまとめて表示できるため、読者の利便性が高まります。

ぜひRinkerを使って、ブログ収益を伸ばしましょう。

今回は以上です。

【2022年】アフィリエイト初心者におすすめのASP9選ブログを収益化していく上で、ASPへの登録は必須です。たくさんあるASPの中から、ブロガーみんなが使っている定番のASPをまとめました。この記事を読めば、ASPそれぞれの特徴がわかり、自分に合ったASPを見つけることができます。 ...