読書

読書が続かない人の5つの特徴と解決策【誰でも習慣化できる】

読書が続かない人の5つの特徴と解決策

悩み

読書しても集中力が続かなくて、なかなか1冊読みきれない。読みたい気持ちはあるけど本が溜まっていくばかり、、、

こんな悩みに答えます。

こんにちは、やすです。
小学校の頃から読書が好きで、今でも年間100冊以上は本を読んでいます。

読書が続かない人には共通点があり、それを理解するだけでも読書のハードルがグッと下がります。

本記事では、読書が続かない人の特徴とその解決法を紹介します。

この記事を読めば、今からでも読書を続けられる人になれますよ。

読書が続かない人の特徴5つ

読書が続かない人の特徴5つ

読書が続かない人の特徴は、以下のとおりです。

  1. 本を読む目的がない
  2. 難しい本を選んでいる
  3. すべて読もうとしている
  4. 面白くない本を読んでいる
  5. 読書に期待しすぎているのかも

ひとつずつ見ていきます。

①:本を読む目的がない

本を読む目的がないと、読書は長続きしません。

なぜなら、なんで本を読んでいるのか分からなくなるからです。

たとえば、A大学に入るために勉強を頑張る、全国大会に行くためにサッカーを頑張るなど、必ず何かしらの目的がありますよね。

これは読書する場合も同じで、仕事でコミュニケーションを円滑に取りたいと思ったら、それに関する本を読むかと思います。

このように目的を決めておくことで、モチベーションが下がらず本を読めますよ。

②:難しい本を選んでいる

読書に慣れていない人は、いきなり難しい本を選びがちですがそれはNGです。

内容を理解できないほど難しい本は、いくら読んでも内容が入ってこなくて集中できません。

もし難しい本だったら読むのをやめて、自分のレベルに合った本に変えましょう。

個人的には、ある分野に対して一定の知識がある状態の本を選ぶのがベストかと思います。

まったく知らない分野だと、途中で挫折してしまう可能性が高いですよ。

③:すべて読もうとしている

いつも読書しない人ほど、本を最初から最後まで読もうとしがちです。

せっかく購入したんだから、一字一句しっかり読み込まなきゃもったいないという気持ちもわかります。

しかし、本をたくさん読んでいけば分かるのですが、本1冊の中で重要な部分って意外と少なかったりします。

実際には、全体の10%ほどしか有益な情報はなく、残りの90%ほどは読む必要がないです。

そのため自分に必要な部分だけを読めば、読書のハードルがグッと下がりますよ。

④:面白くない本を読んでいる

面白くない、つまらない」と感じた本は、すぐに読むのをやめましょう。

面白くない本を無理して読み続けても楽しくなるはずもなく、ただただ苦痛な時間になってしまいます。

ベストセラーや多くの人がオススメしている本を読んでいけば、1冊くらいは面白い本に出会えるはず。

もちろん人によって面白いと感じる本は違いますが、「多くの人がオススメしている=面白い確率が高い」といった感じです。

まずは、評価の高い本やベストセラーを中心に読んでいき、面白いと思えるジャンルを見つけましょう。

さまざまなジャンルの本を読むことで、自分が面白いと感じる本の傾向が見えてきますよ。

大学生が読むべきおすすめの本
【2022年】大学生が読むべきおすすめの本21冊本記事では、大学生が読むべきおすすめの本21冊を厳選して紹介しています。この記事を読めば、大学生が本を読むべき理由がわかり、読書するモチベーションが高まりますよ。 ...

⑤:読書に期待しすぎているのかも

読書をしたら「頭が良くなる」など、何かしらの効果を期待しすぎているのかも。

実際、読書すること自体には意味がなく、本から学んだことをアウトプットすることに意味があります。

たとえば「100冊読んで全く行動しない人」と「10冊読んで行動する人」では、後者のほうが成長できるのは明らかですよね。

アウトプットすることで、知識として定着して自分でも使えるようになりますよ。

つまり、しっかりアウトプットさえすれば、少ない読書量でも意味があります。

アウトプットする方法として、以下の3つがおすすめです。

  • 友人や家族に話す
  • 読書ノートに書き溜める
  • SNSやブログなどで発信する

個人的におすすめなのは、読んだ本の書評記事をブログにアップすることです。

自分の知識をアウトプットしつつ、お金を稼げるため一石二鳥ですよ。

  【2022年最新】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説
【2022年最新】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説 悩み WordPress(ワードプレス)を使ってブログを開設したい。初心者・PC音痴でもブログを始められるのか不安です。 ...

読書が続かない人におすすめの解決策4つ

読書が続かない人におすすめの解決策は、以下のとおりです。

  1. 拾い読みをする
  2. 複数の本を同時に読む
  3. スキマ時間で読書する
  4. 聴く読書を試してみる

ひとつずつ見ていきます。

①:拾い読みをする

拾い読みとは、自分に必要な場所だけを読むことです。

事前に本を読む目的を決めてから、その本の目次を見て読むべき章や段落だけを読みます。

あらかじめ読む場所を決めておくと、30分〜1時間ほどで読み切れるはずです。

自分にとって必要な情報なので、集中して読めますよ。

ちなみに、月額980円で200万冊以上が読み放題になるKindle Unlimitedは、拾い読みの練習に最適ですよ。

②:複数の本を同時に読む

複数の本を同時に読むことで、飽きずに最後まで読み切ることができます。

僕の場合、つねに2〜3冊を手元に置いていて、読みたい本から読んでいきます。

もし途中で飽きたり、つまらなくなったりしたら違う本を読み始めます。

1冊読み終わった頃には、また読みたくなることもあるので読書が捗りますよ。

再度読みたいと思わなければ、どんどん次の本にいきましょう。

③:スキマ時間で読書する

仕事やプライベートが忙しく、まとまった時間を確保するのが難しい人もいるかと思います。

そんな人には、移動中や休憩中などのスキマ時間を使って読書するのがおすすめです。

スキマ時間の読書に最適なのが、flier(フライヤー)という本の要約アプリです。

プロのライターが書いたクオリティの高い要約を、1冊たった10分で読めるサービスとなっています。

忙しい人でも、flierならサクッと読めて重要なポイントを抑えられるので便利ですよ。

スマホさえあればいつでも読書できるので、僕も1年以上愛用しています。

\初回登録7日間無料/

無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません

【最高】本要約アプリflier(フライヤー)の評判・口コミをガチレビュー
【最高】本要約アプリflier(フライヤー)の評判・口コミをガチレビューflier(フライヤー)の評判・口コミを知りたい。こんな疑問に答えています。本要約アプリflier(フライヤー)を使えば忙しい人でもたくさんの本が読め情報をインプットできます。本を読むのが苦手な人は音声でも聴けます。詳しく解説しているのぜひ読んでみてください。 ...

④:聴く読書を試してみる

そもそも文字を読むのが苦手な人は、聴く読書から始めてみましょう。

聴く読書(オーディオブック)とは、プロのナレーターや声優が朗読してくれた本をアプリで聴けるサービスです。

オーディオブック最大のメリットは、作業しながらでも読書ができる”ながら聴き”にあります。

たとえば、筋トレしながら聞いたり、家事をしながら聞いたりすることができます。

忙しい人でも、音楽を聴くように読書を楽しめますよ。

今なら無料体験できるので、ぜひ試してみてください。

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

いつでも途中解約OK

【最高】Audible(オーディブル)の評判・口コミをガチレビュー
【最高】Audible(オーディブル)の評判・口コミをガチレビュー本記事では、Audibleの評判・口コミや実際に使ってみた感想をレビューしたいきたい思います。聴く読書と言われるオーディオブックサービスの中でも、一二を争うほど人気で有名なのがAudible(オーディブル)です。 ...

まとめ:読書が続かないは、大人になってからでも変えられる!

まとめ:読書が続かないは、大人になってからでも変えられる!

今回は、読書が続かない人の5つの特徴とその解決策についてまとめました。

個人的には、flierがおすすめ。質の高い要約を読むことで、その本が読みたくなります。

また、複数の本を同時に読むことで、飽きずに本を読めるようになるかと思います。

良書との出会いは、価値観を大きく変えてくれますよ。

自分に合った1冊を見つけてみてください。

教養が身につくおすすめ本
【2022年】教養が身につく読むべきおすすめの本15冊社会に出たら必須の教養、それを手っ取り早く学べるのが読書。教養とは人間性を高めてくれるものであり、仕事やプライベートに役立ちます。本記事では、教養が身につくおすすめの本を厳選して15冊紹介します。 ...