BLOG

ラッコキーワードの登録方法・使い方を初心者にもわかりやすく解説

【簡単】ラッコキーワードの登録方法・使い方をわかりやすく解説

疑問

ラッコキーワードの使い方を知りたい。検索ボリュームの調べ方も合わせて知りたい。

こんな疑問に答えます。

ラッコキーワードとは、サジェストキーワードを一括取得できる無料ツールです。

ラッコキーワードを使うことで、読者がどんなキーワードで検索しているのかを簡単に調べることができます。

本記事では、ラッコキーワードの登録方法や使い方を画像付きでわかりやすく解説します。

この記事を読めば、初心者でもラッコキーワードを使いこなして、検索ボリュームを調べることができます。

また、キーワード調査をしないと、どんなに記事を書いてもブログへのアクセスが見込めません。

ラッコキーワードは、ブログ運営に必須のツールなので早めに導入しましょう。

ラッコキーワードとは?

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、サジェストキーワードを一括取得できる無料ツールです。

サジェストキーワードは、検索窓にキーワードを入力したときに自動で表示されるキーワード候補のことです。

たとえば「筋トレ」と入力した場合、以下のキーワードがサジェストになります。

サジェストキーワード

ちなみに、ラッコキーワードは以前まで「関連キーワードツール(仮名・β版)」 という名前でした。

ブログやサイトで集客をしていく上で、キーワード選定が重要になってきます。

そのキーワード選定をする際に、必須のツールがラッコキーワードです。

SEOキーワードの選定方法については、SEOキーワードの選び方を初心者にもわかりやすく解説をご覧ください。

【注意】使用回数の制限あり

ラッコキーワード

ラッコキーワードには使用回数の制限があり、1日5回までしかキーワードを検索できません。(24時リセット)

ですが、無料登録(ラッコID)をすることで無制限に使えるようになります。

1日5回の使用制限は、キーワード選定をしていると一瞬で超えるので物足りないです。

30秒もあれば簡単に登録できるので、サクッと終わらせちゃいましょう。

ラッコキーワードの登録方法

まず、ラッコキーワードにアクセスします。

ラッコキーワードの登録方法

画面右上にある「新規登録」をクリックしてください。

ラッコキーワードの登録方法

メールアドレスを入力して「ラッコID利用規約に同意する」にチェックを入れて、「登録」をクリックします。

ラッコキーワードの登録方法

認証メールが、登録したメールアドレスに届きます。

ラッコキーワードの登録方法

メールに記載されている認証URLをクリックします。

以上で会員登録の完了です。これで無制限にラッコキーワードを使うことができますよ。

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードを使って、サジェストキーワードを調べる方法について解説します。

まず、ラッコキーワードにアクセスしてください。

ラッコキーワードの使い方

あとは検索窓に調べたいキーワードを入力して、検索するだけです。

たとえば「ブログ」で検索してみます。

ラッコキーワードの使い方

上記のように、入力したキーワードのサジェストとそのサジェストが表示されます。

また、「Google・Bing・YouTube 」など様々な媒体のサジェストキーワードも調べられます。

ラッコキーワード

サジェストキーワードは、右上の「全キーワードコピー(重複除去)」からコピーできます。

キーワードの検索ボリュームを確認する際によく使います。(後述します)

ラッコキーワードの使い方

各キーワード横にある「リンクボタン」をクリックすると、実際の検索結果が表示されます。

ラッコキーワードの使い方

上記のように「ブログ 始め方」で検索した画面になります。

以上が、ラッコキーワードの基本的な使い方になります。

ラッコキーワードで使えるおすすめの機能7つ

ラッコキーワードのおすすめ機能

ラッコキーワードではサジェストキーワードの検索以外にも、使えるおすすめの機能が7つあります。

  1. Q&Aを見る
  2. ニュース/話題の記事を見る
  3. Googleトレンドを見る
  4. 見出し抽出
  5. 共起語βを見る
  6. 周辺語・連想語を見る
  7. 類語・同義語を見る

ひとつずつ解説します。

①Q&Aを見る

Q&Aでは、調べたキーワードに関連した「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」のQ&A一覧を確認できます。

ラッコキーワードの使い方

上記のように「ブログ」に関する質問が表示されます。

読者の検索意図や悩みを知ることができます。

②ニュース/話題の記事を見る

ニュース/話題の記事では、調べたキーワードに関連したニュースや話題の記事を確認できます。

ラッコキーワードの使い方

世の中のリアルなトレンドを把握できます。

③Googleトレンドを見る

Googleトレンドでは、調べたキーワードの人気動向を確認できます。

ラッコキーワードの使い方

狙っているジャンルやキーワードが、これから人気になるのか、それとも人気が落ち着くのかなど、世間のニーズがわかります。

④見出し抽出

見出し抽出では、調べたキーワードに対する検索上位20サイトまでの「記事タイトル・見出し・文字数」などを確認できます。

ラッコキーワードの使い方

記事をリライトする場合、上位表示されている記事から不足している情報などを追加することができます。

⑤共起語βを見る

共起語βでは、調べたキーワードに対する検索上位20サイトに含まれている共起語を確認できます。

※共起語とは、キーワードと一緒に使われることが多い言葉です。

ラッコキーワードの使い方

共起語を使うことで、同じ言葉の繰り返しを防ぐことができます。

⑥周辺語・連想語を見る

周辺語・連想語では、調べたキーワードに対する周辺語と連想語を確認できます。

ラッコキーワードの使い方

⑦類語・同義語を見る

類語・同義語では、調べたキーワードの類語と同義語を確認できます。

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードを使った検索ボリュームの調べ方

ラッコキーワードGoogleキーワードプランナーを使うことで、サジェストキーワードの検索ボリュームを一括で調べられます。

検索ボリュームとは、検索エンジン(Google・Yahoo!など)で、キーワードがひと月あたり何回検索されているのかを示す数値です。

キーワードプランナーについては、Googleキーワードプランナーの登録方法&使い方をご覧ください。

まず、ラッコキーワードで調べたいキーワードを検索します。

ラッコキーワード

サジェストキーワードが表示されたら、画面右上の「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックしてください。

キーワードプランナーの使い方

つぎに、Googleキーワードプランナーを開いて、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

先ほどコピーしたサジェストキーワードを貼り付けて、「開始する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

すると、ラッコキーワードで取得したサジェストキーワードの検索ボリュームを確認できます。

「1000~1万」「10万~100万」のように大まかな数値で、各キーワードの検索ボリュームが表示されます。

ブログ初心者さんは、検索ボリューム「10~500」のロングテールキーワードを狙って記事を書いていきましょう。

ロングテールキーワードについては、SEOに効果的なロングテールキーワードの選び方をご覧ください。 

ロングテールキーワードの選び方
SEOに効果的なロングテールキーワードの選び方本記事では、ロングテールキーワードの選び方について解説しています。個人ブロガーがSEOで勝負する上で、重要なロングテール戦略についての知識をつけておきましょう。SEO対策だけでなく、ブログ設計や記事の質も自然と上がります。...

ラッコキーワードはSEO対策に必須のツール!

ラッコキーワードはSEO対策に必須ツール!

今回は、ラッコキーワードの使い方やおすすめの機能について解説しました。

ブログ記事を書く前の準備段階として、キーワード選定は必須の作業です。

そのキーワード選定をする際に、役立つツールがラッコキーワードになります。

無料で使えて、登録もすぐに終わるので早めに導入しましょう。

SEOキーワードの選定をしたら、キーワードの検索順位をチェックするのも忘れずに。

検索順位ツールは有料になりますが、時間効率を考えると後々ラクになるので導入を検討してみてください。

おすすめの検索順位ツールは、以下の2つです。

ランクトラッカーについては、【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説をご覧ください。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方
【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説本記事では、検索順位ツール「Rank Tracker」の導入から使い方までを画像付きでわかりやすく解説しています。ブログで稼いでいくには、検索順位ツールは必須です。詳しく知りたい方は、最後まで読んでみてください。...

今回は以上です。