BLOG

【最新】Googleキーワードプランナーの登録方法&使い方

Googleキーワードプランナーの使い方

疑問

Googleキーワードプランナーの登録方法や無料で使う方法が知りたい

こんな疑問に答えます。

Webサイトやブログ運営をしている人にとって、Googleキーワードプランナーは必須ツールです。

Googleキーワードプランナーは、キーワード選定をする際に使われるGoogle公式ツール。

SEO対策をする上でキーワード選定は重要なため、ほぼ毎日使っています。

キーワードプランナーの登録方法は初心者にわかりづらい部分があるので、画像付きでわかりやすく解説します。

本記事の内容

  • Googleキーワードプランナーとは?
  • Googleキーワードプランナーの登録方法
  • Googleキーワードプランナーの使い方|無料

本記事を読めば、Googleキーワードプランナーの登録方法と使い方が分かり、SEO対策で重要なキーワード選定が出来るようになります。

SEO集客をすることで、長期的に安定したブログ運営をすることができるようになります。

Googleキーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、Googleが提供するサービスで、検索ボリュームやキーワード選定のために用いられるツールです。

基本的にはGoogle広告を使っている人向けのサービスですが、登録することで一部機能を無料で利用できます。

Googl広告(旧Googleアドワーズ)は、Googleの検索エンジンやYouTubeなどのサイトに掲載できる広告。コンバージョンやサイト誘導などを目的に広告を出すことができます。

Google広告

Google広告とは、上記のことです。

キーワードプランナーを使うには、Google広告アカウントに登録しなければいけません。

もちろん無料登録でき、キーワードプランナーも無料で使うことができます。

Googleキーワードプランナーの登録方法

Googleキーワードプランナーの登録方法は、以下のとおりです。

  1. Google広告のアカウントを作成する
  2. キャンペーンの一時停止をする
  3. キーワードプランナーに切り替える

キーワードプランナーの使うためには、通常のGoogleアカウントとは別にGoogle広告のアカウントを作成する必要があります。

Google広告アカウントを取得するために「クレジットカード(デビッドカード)」の登録が必要です。広告を出稿しない限り、無料で使えるので安心してください。

まだGoogleアカウントを持っていない方は、下記リンクより事前に作成しておきましょう。

Googleアカウントを作成する

手順1:Google広告のアカウントを作成する

まずはGoogle広告の公式サイトにアクセスしましょう。

Google広告にアクセスする

Google広告のアカウント登録方法

画面右上の「今すぐ開始」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

Google広告のアカウント登録方法

上記の画面になったら、今は必要ないので「後で行う」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

ログインすると「新しいキャンペーンを作成」というページに変わります。

ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択して、「次へ」をクリックしてください。

Google広告のアカウント登録方法

お店やサービスの名前」にブログやサイト名を入力して、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

ウェブサイト」に、あなたのブログURLを入力して、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

どのようにサイトが表示されるのかを確認したら、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

「広告を作成します」というページに移ります。広告を出すわけではないので、適当に入力して大丈夫です。

全ての入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

ここも広告を出すわけではないので、そのままで大丈夫です。

次へ」をクリックしてください。

Google広告のアカウント登録方法

設定の変更はないので、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

予算のページに移りますが、ここでも広告を出すわけではないので「¥1」のままで、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

今まで入力してきた内容を確認して、「次へ」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

お支払い情報の確認」に移ったら、まずはメールの受信に関する項目にチェックを入れます。

Google広告のアカウント登録方法

アカウントの種類、名前と住所、クレジットカード情報を入力します。

※すぐに広告停止を行うため料金は発生しません。

Google広告のアカウント登録方法

Google広告の利用規約にチェックを入れて、「送信」をクリックします。

Google広告のアカウント登録方法

上記のような画面に変われば、Google広告のアカウント作成は完了です。

このままだと広告が有効な状態なので、「広告の一時停止」をするために、「キャンペーンを確認」をクリックしてください。

手順2:キャンペーンの一時停止をする

キャンペーンの一時停止

画面上あたりにある「保留」を選択すると、「キャンペーンを一時停止する」というタブが出てくるのでクリックしてください。

キャンペーンの一時停止

一時停止する前に」という画面に変わりますが「キャンペーンを一時停止する」をクリックします。

キャンペーンの一時停止

フィードバックをお寄せください」と表示されますが、「×」で閉じてしまって大丈夫です。

以上でGoogle広告の、キャンペーンの一時停止は完了です。

※一時停止を「有効」にしない限り、料金が発生することはありません。

手順3:キーワードプランナーに切り替える

キーワードプランナーに切り替える

先ほど行った「一時停止」がしっかりできているか、確認しておきましょう。

キーワードプランナーに切り替える

画面右上にある「ツールと設定」から「キーワードプランナー」をクリックしてください。

キーワードプランナーに切り替える

上記の画面が「キーワードプランナーのページ」になります。

このページをメインに使っていくので、いつでも開けるように「ブックマーク」などに登録しておきましょう。

Googleキーワードプランナーの使い方|無料

キーワードプランナーを使った検索ボリュームや新しいキーワードを見つける方法について解説していきます。

  • 検索ボリュームを調べる
  • 新しいキーワードを見つける
  • 競合サイトのキーワードを調べる

検索ボリュームを調べる

今回は「ブログ」というキーワードで、ラッコキーワードというツールを使い検索ボリュームを調べる方法を紹介します。

ラッコキーワードは、任意のキーワードに関連したキーワードを取得できる無料ツールです。

ラッコキーワード

ラッコキーワードにアクセスする

詳しくは「ラッコキーワードの使い方をわかりやすく解説」で解説しています。

ラッコキーワードの使い方

調べたいキーワード(ブログ)を入力して、右上の「全キーワードコピー」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーを開いて、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

先ほどラッコキーワードから取得した関連キーワードを貼り付けて、「開始する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

「1000〜1万」「10万〜100万」のように大まかな数値で、キーワード毎の検索ボリュームが表示されます。

※「月間平均検索ボリューム」をクリックすると、検索数の多い順に並び替えられます。

新しいキーワードを見つける

キーワードプランナーの使い方

画面左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

調べたいキーワードを入力して、「結果を表示」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

上記のように、新しいキーワード候補が表示されます。

競合サイトのキーワードを調べる

キーワードがどうしても決められない場合は、競合サイトのキーワードをチェックしてみましょう。

キーワードプランナーの使い方

新しいキーワードを見つける」をクリックします。

競合サイトのキーワードを調べる

ウェブサイトから開始」を選択して、競合サイトのURLを貼り付けて「結果を表示」をクリックします。

競合サイトがどのようなキーワードで記事を書いているのかがわかり、自分では気づけなかったキーワードを見るけることができます。

まとめ:Googleキーワードプランナーの登録&使い方

今回は、Googleキーワードプランナーの登録方法と使い方について解説しました。

キーワードプランナーの登録方法
  • Google広告のアカウントを作成する
  • キャンペーン(広告)の一時停止をする
  • キーワードプランナーに切り替える

キーワードプランナーの使い方
  • 検索ボリュームを調べる
  • 新しいキーワードを見つける
  • 競合サイトのキーワードを調べる

Webサイトやブログで稼ぐためにはキーワード選定は必須。そんな時に役立つツールなのでぜひ活用してSEO対策を強化しましょう。

おわり