ブログ

SEOにおける検索意図の重要性について【コンテンツに活かす方法】

疑問

SEOにおける検索意図の重要性について知りたい。ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツ作りをしたい。

こんな疑問に答えます。

SEOにおいて、検索意図を理解することはとても重要です。

なぜなら、検索意図に沿ったSEOライティングができると、ユーザー満足度の高い記事に仕上げることができるからです。

そして、SEOで検索上位を取ることができ、アクセスや収益アップにもつながります。

本記事では、SEOにおける検索意図の重要性についてわかりやすく解説します。

この記事を読めば、検索意図に沿ったコンテンツを作成することができ、SEOで上位表示を狙えますよ。

※まだWordPressブログを開設していない人は、【2022年】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説をどうぞ。

検索意図とは?

検索意図とは?

そもそも検索意図とは、ユーザーが検索エンジン(Google・Yahoo!)を使って、検索するときの目的です。

つまり、ユーザーがあるキーワードで検索するとき、その背景には必ず目的(検索意図)があります。

たとえば、「東京 ラーメン おすすめ」というキーワードで検索する人は、「東京の美味しいラーメン屋を知りたい」と想像できます。

どんなキーワードにも、このような検索意図が存在しています。

SEOにおいて検索意図は最重要

SEOにおいて、ユーザーの検索意図(目的)を満たすことは最重要です。

なぜなら、検索意図を満たしたコンテンツを作ることができれば、Googleからも評価されるからです。

Googleも公式で、以下のような内容を発表しています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

引用:Googleが掲げる10の事実

このようにユーザーファーストを心がければ、自然とSEOでも評価されるということです。

つまり、検索意図を把握することで、検索上位を獲得して収益UPにつなげられます。

検索意図は顕在ニーズと潜在ニーズの2つ

検索意図には、以下の2つがあります。

  1. 顕在ニーズ
  2. 潜在ニーズ

ひとつずつ解説します。

顕在ニーズとは?

顕在ニーズとは、読者が自分で気づいているニーズ(悩み・疑問)のことです。

顕在ニーズは、検索キーワードから把握することができます。

たとえば、この記事の「SEO 検索意図」だと、「検索意図とは?」が顕在ニーズになります。

潜在ニーズとは?

潜在ニーズとは、読者が自分でも気づいていないニーズ(悩み・疑問)のことです。

潜在ニーズは、検索キーワードから把握することが難しいです。

たとえば、「転職サイト おすすめ」という検索キーワードの場合、以下のような検索意図が考えられます。

  • 顕在ニーズ:おすすめの転職サイトを知りたい
  • 潜在ニーズ:転職サイトを利用するメリット、転職を成功させるコツ

上記のように、顕在・潜在ニーズを想定することができます。

つまり、検索意図を満たすコンテンツを作るには、ユーザーを具体的にイメージする必要があります。

その結果、ユーザー満足度が高く、SEOでも評価されるコンテンツが出来上がります。

検索意図を調べる3つの方法

検索意図を調べる方法は以下のとおりです。

  1. 上位サイトから調べる
  2. サジェスト・関連キーワードから調べる
  3. Q&AサイトやTwitterから調べる

ひとつずつ解説します。

その①:上位サイトから調べる

1つ目は、検索キーワードの上位記事から調べる方法です。

と言うのも、上位表示されている記事は、Googleが「ユーザーの検索意図を満たしている」と判断しているからです。

上位表示されている記事から

  • 記事構成
  • 想定読者(ペルソナ)
  • 検索意図(顕在・潜在ニーズ)

こういったことを中心に見て、ユーザーの検索意図を考えています。

その②:サジェスト・関連キーワードから調べる

2つ目は、サジェスト・関連キーワードから調べる方法です。

サジェストキーワードとは、あるキーワードを入力したときに、候補として表示されるキーワードのことです。

サジェストキーワード

たとえば、「転職サイト」で検索したときのサジェストキーワードが上記になります。

検索エンジンがユーザーに対して、関連するキーワードを提示してくれます。

関連キーワードとは、検索結果の下に表示される関連性の高いキーワードになります。

関連キーワード

サジェスト・関連キーワードから、検索意図を分析するヒントが得られますよ。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

サジェスト・関連キーワードを調べるのに、無料ツール「ラッコキーワード」がおすすめです。

検索キーワードを入力するだけで、関連キーワードをまとめて取得できます。

また、キーワード選定をするときにも使えるツールなので、ブックマークしておきましょう。

【簡単】ラッコキーワードの基本的な使い方と登録方法をわかりやすく解説
【簡単】ラッコキーワードの基本的な使い方と登録方法を徹底解説本記事では、ラッコキーワードの基本的な使い方から登録方法までをわかりやすく解説しています。この記事を読めば、ブログ初心者でもラッコキーワードを使ってキーワード選定ができるようになりますよ。...

その③:Q&AサイトやTwitterから調べる

3つ目は、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトや、TwitterなどのSNSから調べる方法です。

Q&AサイトやSNSには、ユーザーのリアルな悩みが落ちています。

たとえば、Yahoo!知恵袋で「副業 おすすめ」で検索してみると、115件の質問が見つかりました。

Yahoo!知恵袋

このようにユーザーのリアルな悩みがわかるので、検索意図をイメージしやすいかと思います。

SEO検索意図を満たしたコンテンツを作る方法

さいごに、検索意図に沿って、ライティングする方法を解説していきます。

手順①:キーワードを選定する

コンテンツを作成する前に、狙うキーワードを決める必要があります。

さいしょにキーワードを決めることで、ゴール(目的)が明確になります。

キーワードを選定しないのは、ゴール(目的)のないマラソンと一緒なので、必ず設定しましょう。

キーワード選定について知りたい人は、SEOキーワードの選び方を初心者にもわかりやすく解説をご覧ください。

手順②:検索意図を明確にする

キーワードが決まったら、検索意図を調査します。

検索意図を調べる方法は、以下の3つです。

  • 上位サイトから調べる
  • サジェスト・関連キーワードから調べる
  • Q&AサイトやTwitterから調べる

また、顕在ニーズと潜在ニーズの2つは重要で、コンテンツ作りの肝になります。

検索意図を満たしたコンテンツを作成できれば、初心者でも上位表示を獲得するのは難しくありません。

手順③:記事を執筆する

検索意図まで調べたら、あとは記事を執筆するだけです。

検索意図に沿っていくだけで、記事の骨格はできあがります。

たとえば、この記事の検索意図は以下のとおりです。

  • 検索意図について知りたい
  • 検索意図を調べる方法を知りたい
  • 検索意図を満たしたコンテンツ作りをしたい

これらの検索意図に対して、見出しを作ると以下のようになります。

  • 検索意図とは?
  • 検索意図を調べる3つの方法
  • SEO検索意図を満たしたコンテンツを作る方法

検索意図に1つずつ対応していけば、見出しを作るのも難しくありません。

あとは、見出しに沿ってライティングしていけばOKです。

キーワードの入れ方については、【SEO】ブログで最適なキーワードの入れ方をわかりやすく解説をご覧ください。

まとめ:SEO検索意図はユーザーファーストの視点を持とう!

まとめ:SEOにおいて検索意図は重要です!

今回は、SEOにおける検索意図の重要性について解説しました。

検索意図を満たしたコンテンツは、ユーザーからもGoogleからも評価されます。

SEOは常にアップデートされているため、検索意図も常に変化しています。

そのため、コンテンツの定期的なリライトは必須です。

ユーザーファーストを心がけましょう。

今回は以上です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方
【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説本記事では、検索順位ツール「Rank Tracker」の導入から使い方までを画像付きでわかりやすく解説しています。ブログで稼いでいくには、検索順位ツールは必須です。詳しく知りたい方は、最後まで読んでみてください。...
ブログ記事をリライトしてSEO効果を高めるコツを徹底解説 悩み ブログ記事の具体的なリライト方法やタイミング、コツを知りたい。 こんな悩みを解決します。 ...