ブログ

もしもアフィリエイトは危ない?【2年使ってみた感想、デメリット】

もしもアフィリエイトは危ない?【2年使ってみた感想、デメリット】

疑問

もしもアフィリエイトが危ないって見かけたんだけど、実際どうなの?利用しても大丈夫?

こんな疑問に答えます。

実際に僕は、もしもアフィリエイトを2年ほど利用していて収益化できているので、危ないと感じたことはありません。

ですが、Googleで「もしもアフィリエイト」と検索すると、サジェストに「危ない」が表示されます。

もしもアフィリエイトのサジェスト

このようにネガティブなキーワードが表示されると、これから利用しようか検討している人にとっては不安材料になりますよね。

結論から言うと、もしもアフィリエイトは危なくないですが、「デメリットもあるよ」というのがリアルなところです。

そこで本記事では、もしもアフィリエイトが危ないと言われている理由について解説します。

この記事を読めば、もしもアフィリエイトのデメリットを理解して利用できますよ。

\5分ほどで登録できます/

【結論】もしもアフィリエイトが「危ない」はウソ!

【結論】もしもアフィリエイトが「危ない」はウソ!

結論から言うと、もしもアフィリエイトは危なくないです。

というのも、もしもアフィリエイトを2年ほど利用して収益化できているし、全く問題なく使えているからです。

では、なぜ「もしもアフィリエイトが危ない」と言われているのか理由を深掘りしていきます。

Amazonアソシエイトの紹介料が低い?

もしもアフィリエイト経由で、Amazonの商品やサービス(Audibe・Prime Video)を紹介したからと言って、紹介料が安くなるという訳ではありません。

Amazonアソシエイトの紹介料

Amazonアソシエイトの利益率

もしもアフィリエイト経由の紹介料

もしもアフィリエイト経由でのAmazonの利益率

このように、Amazon(公式)経由だろうが、もしもアフィリエイト経由だろうが紹介料は全く同じです。

ちなみに、Amazon(公式)と提携できなかった人でも、もしも経由ならAmazonアソシエイトに合格しやすいですよ。

楽天アフィリエイトの紹介料が低い?

また、もしもアフィリエイト経由で楽天の商品を紹介しても、紹介料が安くなる訳ではありません。

楽天アフィリエイトの紹介料

楽天アフィリエイトの利益率

もしもアフィリエイト経由の紹介料

もしもアフィリエイト経由での楽天の利益率

このように、楽天(公式)だろうが、もしもアフィリエイト経由だろうが紹介料は全く同じです。

2019年4月までは、もしも経由で楽天商品が売れると「紹介料が一律1%」でしたが、現在は改定されています。

ちなみに、楽天アフィリエイトは楽天キャッシュというオンライン電子マネーでしか報酬を受け取れないので、使い勝手が悪いです。

そのため、現金で報酬が受け取れるもしもアフィリエイトのほうが使い勝手が良く、もしもアフィリエイト経由で楽天商品を紹介しています。

\5分ほどで登録できます/

もしもアフィリエイトのデメリット3つ

もしもアフィリエイトのデメリットは、以下のとおりです。

  1. 案件数が少ない
  2. 報酬の振込までが長い
  3. キャンペーンが適用されない

ひとつずつ紹介していきます。

①:案件数が少ない

取り扱っている案件数がもっとも多いのは、国内最大級のASPであるA8.netです。

もしもアフィリエイトと案件数を比較した場合、以下のとおりです。(2022年4月現在)

A8.netもしも
英語151件70件
転職339件121件
ゲーム160件46件

上記3つのキーワードで案件数を比較すると、2〜4倍ほどの差があります。

ぶっちゃけ、案件数が少ないと感じたことはないし、もしもアフィリエイトでしか扱っていない案件もあったりします。

また、同じ案件でも報酬額などの条件がASPによって違うこともあるので、複数のASPに登録して比較するのがベストですよ。

②:報酬の振込までが長い

もしもアフィリエイトでは、成果報酬の振込まで時間がかかります。

具体的には、成果として1,000円以上発生した月の翌々月末に報酬が振り込まれます。

つまり、1,000円以上の成果が発生した月の2ヶ月後に報酬が受け取れます。

たとえば、他のASP(afb)なんかは翌月末に報酬が支払われるので、1ヶ月も早く受け取れますよ。

③:キャンペーンが適用されない

Amazonの商品やサービスを紹介したい人は、「Amazon(公式)」か「もしもアフィリエイト経由のAmazon」のとちらかを選べます。

「Amazon(公式)」と「もしもアフィリエイト経由」の大きな違いは、紹介料がアップするキャンペーンが適用されるかされないかです。

Amazon(公式)だと紹介料がアップすることがありますが、もしもアフィリエイトだと基本的に増額されません。

とはいっても、いきなり「Amazon(公式)」と提携するのは難しいので、最初は「もしも経由」で紹介しつつブログが育ってきたら乗り換えるのがおすすめ。

もしもアフィリエイトのメリット5つ

もしもアフィリエイトのメリットは、以下のとおりです。

  1. W報酬制度
  2. 振込手数料が無料
  3. かんたんリンクが便利
  4. 成果発生をメールで知らせてくれる
  5. Amazonアソシエイトと提携しやすい

ひとつずつ紹介していきます。

①:W報酬制度

W報酬制度とは、通常報酬に加えて12%のボーナス報酬が受け取れる仕組みです。

もしもアフィリエイトW報酬制度

これは、もしもアフィリエイトならではの独自制度で、全てのブロガーにとってありがたい仕組みですよね。

ちなみに、楽天・Amazonの成果報酬に対しては上乗せされないので注意しましょう。

②:振込手数料が無料

もしもアフィリエイトでは、報酬の振込手数料が無料です。

報酬が1,000円以上になると、登録している銀行口座に自動で振り込まれます。

ASPによっては振込手数料を取られる場合があるので、とくに初心者には嬉しいですね。

③:かんたんリンクが便利

もしもアフィリエイトには、「かんたんリンク」という独自機能があります。

このように「楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング」などのリンクまとめて表示できるので、報酬のとりこぼしを防げます。

また、専門的な知識がなくてもオシャレなリンクを簡単に作成できるので便利ですよ。

④:成果発生をメールで知らせてくれる

もしもアフィリエイトでは、成果が発生、あるいは承認されるとメールで知らせてくれます。

もしもアフィリエイト成果発生メール

わざわざ管理画面を開いて成果を確認する必要がなく楽だし、成果発生メールが届くたびにモチベが爆上がりしますよ。

とくにブログを始めてから、最初に届いた成果発生メールは嬉しすぎて今でも覚えています。

⑤:Amazonアソシエイトと提携しやすい

もしもアフィリエイト経由だと、Amazonアソシエイトと簡単に提携することができます。

Amazon(公式)は審査が厳しく、180日以内に3つ以上の商品を売らなければいけず、初心者にはかなりハードルが高いです。

ブログを始めたばかりの頃は、アクセスがなく成果も全く発生しないので、もしもアフィリエイト経由がおすすめです。

このようにブログ初心者に優しく、使いやすいのが「もしもアフィリエイト」の特徴で、収益化を目指している人は登録すべきASPです。

5分もあれば登録できちゃうので、スキマ時間にでもサクッと終わらせておきましょう。

\5分ほどで登録できます/

まとめ:「もしもアフィリエイト=危ない」はウソ、初心者は登録すべき!

今回は、もしもアフィリエイトが危ないと言われている理由について解説しました。

「もしもアフィリエイト=危ない」は全くのウソで、ブロガーに寄り添ってくれる良心的なASPです。

これからブログ・アフィリエイトを始める人は、登録しておくべき必須ASPですよ。

\5分ほどで登録できます/

もしもアフィリエイトだけでなく、他のASPも登録して案件や報酬などの条件を比較しましょう。

【2022年】アフィリエイト初心者におすすめのASP9選ブログを収益化していく上で、ASPへの登録は必須です。たくさんあるASPの中から、ブロガーみんなが使っている定番のASPをまとめました。この記事を読めば、ASPそれぞれの特徴がわかり、自分に合ったASPを見つけることができます。 ...