読書

【必見】20代のうちに読むべきおすすめの本15選!後悔しない選択をするために!

20代のうちに読むべきおすすめの本

悩み

20代におすすめの本が知りたい!今まで読書してこなかったから何を読めばいいか分からない!

こんな悩みに答えます。

1ヶ月に10冊以上、年間120冊以上の本を読んでいる私が、今まで読んできた中でもっと早く出会いたかった本を紹介していきます。

読書することで、知らない知識を得たり、悩みや不安がなくなり前向きになれた経験が数多くあります。つねに新しい本が出版されている中で、全てを読むことは難しい。

20代のうちに人生を変えてくれる、価値観が変わるような本に出会うことで、これからの人生でよりよい選択ができるようになります。

また、仕事やプライベートでさまざまな問題に直面したとき、それを乗り越えるためにもたくさん本を読むべきだと思います。

本記事では、20代のうちに読むべきおすすめの本を、独断と偏見で紹介します。

1冊でも気になる本があれば、手に取って読んでみてください。どんな本を読めばよいか悩んでいる方の参考にもなれば幸いです。

20代のうちに本を読むべき2つの理由(メリット)

おすすめの本を紹介する前に、20代のうちに本を読むべき理由について軽く紹介します。

読書することで視野が広がる

本をたくさん読むことで別の角度から物事を考えられるし、新たな発見があります。

何か壁にぶち当たっても、さまざまな角度から物事を俯瞰できる力は重要です。

1つの視点からしか考えられないと、いつまで経っても時間や労力を無駄にしてしまうかもしれません。

そのためにもアンテナを高く広げて情報を得て、普段読まないような本にもチャレンジャしましょう。

小説しか読んだことないなら自己啓発本やビジネス書など。ビジネス書を読むようになって仕事やプライベートに活かせる考え方が身についたと実感しています。

知っている」のと「知らない」のでは差が大きく、20代なんて知らないことだらけです。

頭の片隅に「こんな知識もある」とインプットしておいて、必要な時に深掘りできる状態がベストだと思います。

読書は効率のよい自己投資

20代は1番お金をかけたり時間に余裕がある。そして読書はもっとも効率のよい自己投資です。

なぜなら1冊1,000円〜3,000円ほどで、著者の人生の知識や経験を全て学べる、圧倒的な情報量が詰め込まれているからです。

世界の億万長者の大半が読書家として知られています。どんなに忙しくても本を読む時間を確保している。

20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むのだと言います。その差は約38倍ですが、アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

引用:ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍

20代を過ぎれば結婚したり子供ができるなど、自分のために時間やお金を使うことが難しくなっていきます。

20代のうちにたくさん本を読むことで、圧倒的な差をつけられます。

20代のうちに読むべきおすすめの本15選

さっそく、20代のうちに読むべきおすすめの本15冊を紹介していきます。

コンサル一年目が学ぶこと

概要

新人からベテランまですぐに使える、外資系コンサル出身者が必ず身に付けているベーシックスキル30個をまとめた1冊。

業種・業界を問わず、15年後にも役立つ普遍的なスキルを網羅している。

社会人1年目なら、仕事をするうえで絶対に抑えておくべきポイントがわかり、上司からの信頼はさらにアップするでしょう。

またベテランなら、いままでの経験が言葉にされることで、スキルにさらなる磨きをかけられる。

ビジネスの基本は期待を超え続けていくこと」という言葉が心に響く。きっとあなたを一回り大きく成長させてくれます。

嫌われる勇気

概要

「嫌われることを恐れない」「自分の考えと他者の考えを分離する」など、アルフレッド・アドラーの思想をまとめた1冊。

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学会の三大巨匠とされ、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言するアドラー心理学は、人間関係に悩む全てのヒトに役立つ。

どうすれば人は幸せに生きることができるか」という問いに対して、哲学者と青年の対話形式でわかりやすく解説している。

自分自身の在り方によって、世界の見え方は変えられるということを教えてくれます。

続編もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

モチベーション革命

概要

なぜ、あなたは稼ぐために頑張れないのか?

あなたは「上の世代」と違い、生まれたころから何もかもが揃っていたので、金や物や地位などのために頑張ることができません。

埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。

しかし、仕事がなくなっていく時代には、この「乾けない世代」こそが希望になります。

世代によって異なるモチベーションの源がわかり、不安定な時代を生き抜くために大切な価値観や生き方がわかる1冊。

イシューからはじめよ

概要

「イシュー」とは、「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」の両方の条件を満たすもの。

あなたが「問題だ」と思っていることは、そのほとんどが「いま、この局面でケリをつけるべき問題=イシュー」ではない。

本当に価値のある仕事をしたいなら、本当に世の中に変化を興したいなら、この「イシュー」を見極めることが最初のステップになる。

エッセンシャル思考

概要

エッセンシャル思考とは、自分にとって大事なものを見極め、それ以外の選択肢をうまく捨て、本質的なものに最高の力を発揮できるようにする技術。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」である。

具体的にわかりやすく解説されていて、努力や根性がなくてもエッセンシャル思考を可能にする「しくみ化」の方法は、実践的なものばかりです。

働きすぎて方向性を見失いかけている、人生の質を高めたいと考えている人におすすめの1冊です。

メモの魔力

概要

秋元康さんが「堀江貴文以来の天才」と称した、SHOWROOM代表・前田裕二さんのメモ術がまとめられた1冊。

就活を控えた学生は、本の最後にある「自己分析1000問」を活用したり、自分の中に「」を持ちたい人におすすめ。

メモ術を実践すれば、自分をより深く理解でき、夢を叶えるための一歩を踏み出すことができるでしょう。

人並み外れた熱意と努力で駆け抜けてきた、前田裕二さんの生き方を知りたい方は「人生の勝算」をご覧ください。SHOROOMの原点がわかります。

サピエンス全史

概要

私たちホモ・サピエンスが他の人種類を根絶やしにして、どのように食物連鎖の頂点に立つことができたのか。

その謎をホモ・サピエンスだけが持つ「虚構を信じる」という特殊な能力から読み解き、全人類史を俯瞰してこれから人類がたどるであろう未来をリアルに予言しています。

本書を要約すると、「歴史の道筋は3つの重要な革命(認知革命・農業革命・科学革命)が決めた」と言える。

つい最近までサバンナの負け組だった私たちの種が、なぜ生態系に大惨事をおよぼすほどの影響力を持つようになったのか、わかりやすく解説している。

7つの習慣

概要

全世界で4,000万部越えの言わずと知れた世界的な名著、人生の軸として取り入れたい習慣をまとめた1冊。

真の成功を得るには、誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐など人間の内面にある人格的な部分を磨く必要がある。

著者の様々な経験談をもとにしたエピソードもあり、親しみやすさを感じられます。

定期的に読み返して、自分の中に落とし込んでいきたい。

わかりやすく、エッセンスをまとめたマンガ版もおすすめ。

夢をかなえるゾウ

概要

さえないサラリーマン「僕」のもとへ、突然現れたゾウの神様“ガネーシャ”

ぽってりとした大きな腹に四本の腕、なぜか関西弁で話し、甘いものが大好きな大食漢。そのくせ、ニュートンやエジソン、ビル・ゲイツも自分が育てたという。

そんな彼が、「僕」を成功に導くためのレッスンをつける。しかし、その教えは「靴をみがく、募金する」など地味なものばかり。

お騒がせな神様と「僕」とのやりとりを楽しみながら読め、たくさんの具体的な教えが学べる1冊。

FACT FULNESS

概要

ファクトフルネスとはデータや事実にもとづき、世界を正しく読み解く習慣である。

賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につきます。

事実に基づいて世界を見ることのメリットは、なんといってもそれが役に立つからである。

世界が少しずつでも良くなっていることがわかれば、極端な意見に惑わされることもなく、世界を確実に変えている小さな進歩が見えてきます。

1分で話せ

概要

人前の話すのが得意、プレゼンで困ったことがない」というビジネスマンは少ないはず。大半は人前で話すのが苦手で、なんならプレゼンもしたくないはず。

著者は、そのプレゼンを聞いたソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主である。

結論から話すのはビジネスの基本ですが、「結論とは何なのか?」といった根本的な問題から応用テクニックまで、「1分で伝える」ための話し方をまとめた1冊。

プレゼンが苦手な人はもちろん、プレゼン力に自信をもっている人も、読めば新たな気づきを得られる。

反応しない練習

概要

仕事やプライベートで、誰かの何気ない言葉に反応して「怒り・不安・不満など」を感じることが多いと思います。

すべての「苦しみ」は、自分が「反応する」ことから始まり、それを理解することで悩みを解決する第一歩が踏み出せます。

本書ではブッダの教えを元に「ムダな反応をしない」ことで、それらのマイナスな感情を抑えることができると言う。

どうすれば人生に安らぎや満足、幸福をもたらすことができるかを論理的に解説した1冊です。

金持ち父さん貧乏父さん

概要

お金持ちになれるかは考え方次第、社会人になる前に身に着けておきたいお金の知識が詰まった1冊。

金持ち父さんと貧乏父さん、2人の物語形式で進むビジネス書で読みやすいです。

多くの社会人が、お金を稼ぐために毎日頑張って働いていますが、それだけでは一生お金持ちになれません。 

お金持ちの思考を学ぶことで、あなたの価値観も変わり人生が大きく動くかもしれません。

苦しかったときの話をしようか

概要

転職を考えている、仕事で悩みを抱えている人におすすめの本です。

年間集客が約700万人まで減少し、このままでは倒産確実といわれていたUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を、年間約1500万人のテーマパークへ再生させた凄腕マーケター。

大学生になった我が子のために、就活・昇進・転職・起業などキャリア形成について書きためていたプライベートな文書が本になりました。

就活する前に自分の軸を決めること、そのためには自分の好きなことを発見し磨いていくこと、社会では自分のブランドを構築するために努力することなど。

就活生のみならず、ベテランの社会人が読んでも面白く参考になる内容です。社会人として生きることに勇気が湧いてくる1冊です。

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

概要

人生を大きく変えるため、倒産寸前のメガネチェーン店(オンデーズ)を買収した田中修治さん(著者)。

しかし社長就任3ヶ月で銀行から「死刑宣告」が下されるなど、度重なる倒産の危機や裏切りが待っていました。

常人ならとっくに燃え尽きてしまうような場面でも破天荒な手腕で立ち向かい這い上がる姿は、まさに不死鳥のようです。

挑戦することの難しさや厳しさと同時におもしろさがわかり、読んでいて楽しく学べる1冊。

読み終わった後には、鳥肌が立つような感覚になる。きっとオンデーズの眼鏡が欲しくなりますよ。

20代で時間やお金がない人におすすめの読書方法

今回紹介したおすすめの本を、お得に読む方法が以下の2つです。

Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

プロのナレーターや声優が朗読した本をアプリで聴けるため、紙の本とは違った面白さがあります。

また、ながら聴きできるため筋トレや通勤中などのスキマ時間に本を楽しめ、読書量が圧倒的に増えますよ。

20を超える豊富なジャンル(小説、ビジネス、自己啓発など)、40万冊以上のオーディオブックの中から選べます。

Audibleの会員特典

はじめてAudibleに登録する方は30日間の無料体験ができ、月額1,500円の有料会員と同じ会員特典を楽しめる。

通常Audibleでオーディオブックを購入すると、1冊3,000円〜4,000円するため有料会員になった方が圧倒的にお得です。

Audible(オーディブル)では、30日間の無料体験+最初の1冊が無料で聴けるキャンペーンを実施中です。

期間内に解約すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験で気になる作品を聴いてみてください。

関連記事:【ガチレビュー】Audibleを使ってみた感想、気になる評判・口コミを紹介!

flier(フライヤー)

flier(フライヤー)とは、ビジネス書などの要約を1冊10分で読める時短読書サービスです。

プロのライターが書いたクオリティの高い要約をたった10分で読めるため、コスパが高い。

また、忙しいビジネスマンにとって、flierならサクッと読めるし重要なポイントを抑えられるので便利です。

flier(フライヤー)の料金プランは3つあります。

フリープランだと有料コンテンツが読めないし、シルバープランだと月5冊までしか読めません。

ゴールドプランを高く感じるかもしれませんが、ビジネス書を1冊買うのとほぼ同じ値段なのでたくさん読む方はゴールドプラン一択。

flier(フライヤー)では、ゴールドプランの7日間無料キャンペーンを実施中です。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:本の要約サービスflier(フライヤー)を使った感想|口コミ・評判まとめ

まとめ:20代のうちから本を読んで、周りと差をつけよう!

今回は、20代のうちに読むべきおすすめの本を厳選して紹介しました。

良書と出会うことで価値観が変わり人生が変化しますが、多くの本を読む必要があります。

時間やお金に余裕がない人は、とりあえず今回紹介した本の中から気になるものを読んでみてください。

「知っている」のと「知らない」のでは、選択の幅が異なり、とれる行動も大きく変わってきます。

知った上で選択したことに関しては後悔しませんが、あとからこんな選択肢もあったと知ったら確実に後悔します。

なるべく減らすためにも、たくさん本を読みインプットして最善の選択ができるようにしたい。

今何かに迷ったり、悩んでいたら、ぜひ本を読んで選択肢の幅を増やせるようにしていきましょう。

おわり