読書

読書は時間の無駄!時間を無駄にしない正しい読書法3選!

読書は時間の無駄?時間を無駄にしない正しい読書法3選!

疑問

読書って時間の無駄なの?読むのに時間がかかるし、知識が身についている気がしない!

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。
読書が好きで月10冊以上、年間120冊以上は本を読んでいます。

結論から言うと、読書を無駄なものにするかは自分次第だと言えます。

社会人になっても本を読まない人が多い。ほとんどの人が勉強しない中、正しい読書法が身につけば周りと差をつけられます。

本記事を読めば、読書が時間の無駄になる理由がわかり、正しい読書法が身につきます。

読書が時間の無駄になる3つの理由

読書が時間の無駄になる理由は、以下の3つです。

  1. 時間がかかる
  2. すぐに忘れてしまう
  3. 内容が理解できない

ひとつずつ詳しく解説していきます。

理由①:時間がかかる

普段から本を読まない人にとって、読書に慣れていないため時間がかかります。

全く運動しない人がフルマラソンを完走できないように、読書にも慣れや練習が必要でいきなり早く読めるわけがありません。

そのため読書に時間がかかる人は、練習不足。どんどん本を読みましょう。

本はコスパ良く&効率良く知識を得られるツールです。

さいしょは読みやすくてカンタンな本を読む

読書が習慣になっていない人は、自分のレベルに合わない難しい本を選んでいるかもしれません。

学生の頃から本を読まずに生活してきて、社会人になり読書の良さがわかり読み始めても、1冊もまともに読めない。

そうなると読書が嫌いになる可能性が高い。読書習慣がないと何歳だろうと本をしっかり読み切れないです。

小学生、中学生レベルの本でも読んでいけば、すぐにレベルが上がり読みやすくなっていきますよ。

理由②:すぐに忘れてしまう

本を読んだとしても覚えているのは、全体のほんの少し。残りはうっすら覚えているか、全く記憶にないかです。

つまり1回読んだだけでは忘れてしまうため、アウトプットするか何度も聴き込む必要があります。

趣味で小説やエッセイを読むのは全く問題ないですが、ビジネス書などは読んだ後の行動が大事で、時間のムダになる可能性もある。

理由③:内容が理解できない

本の内容が理解できない原因として、以下のことが考えられます。

  • 想像力が不十分
  • 知識や教養がない
  • 語彙力が足りない

これらを解決するには、読書するしかありません。

文字から上手に情報を読み解く力は、大人になっても重要。またテクノロジーが進歩しても必須のスキルだと思います。

時間を無駄にしない正しい読書法3選

さいごに、読書時間を無駄にしない正しい読書方法を3つ紹介します。

読書法①:聴く読書をする

聴く読書で、目を使わずに耳で本が楽しめる。

オーディオブックというサービスがあり、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴ける。移動しながら、作業しながら、スキマ時間に聴けて便利です。

ラインナップもビジネス書や小説から、児童書や洋書まで幅広く用意されているためお気に入りの1冊が必ず見つかりますよ。

audiobook.jpの会員数

年々オーディオブックの利用者は増え続けていて、オーディオブックを使った読書が当たり前の時代になっていく。

忙しいサラリーマンや家事に追われている主婦でも、“ながら聴き”できるのが最大のメリットです。

オーディオブックのメリット・デメリット
【必見】オーディオブックのメリット・デメリットを徹底解説本記事では、オーディオブックのメリット・デメリットやおすすめのサービスについて解説しています。オーディオブックを使い始めてから読書量が増え、前よりも知識が身についたと実感しています。初めて利用する人は、無料体験からぜひ始めてみてください。 ...

読書法②:「スキミング」や「飛ばし読み」をする

本は最初から最後まで丁寧に読む必要はありません。

読書に慣れている人やたくさん読んでいる人ほど、スキミングをしています。

スキミングとは“拾い読み”のことで、自分にとって必要な情報だけを読んでいく読書スタイル。

まず本を読む前に、なぜこの本を読むのか目的を明確にする。この本から何を学びたいのかを意識しましょう。

そして表紙や目次から全体を確認して、読む場所を決めます。決めたら1番興味のある場所から読み始める。

コツは結論&理由を読むこと。文章構成は「結論→理由→具体例→(比喩、引用)→結論」という流れが多いので、結論&理由だけ読めば良い。

こうすることで、著者の主張が端的にわかり効率よく本を読めます。内容が難しく理解できなかったら、具体例や引用、比喩を読みましょう。

知っている情報や知識は飛ばしてOK

本の章や段落がすでに知っている内容だと感じたら、飛ばし読みするのが良い。

読書初心者の場合、飛ばし読みできる箇所が少ないです。なぜなら、同じジャンルの本を沢山読まないと似たような表現や内容に出会わないから。

そのため、表現方法が違うだけで同じことを言っていると判断でき、ガンガン飛ばして読める。

読書法③:アウトプットする

1番大事なのが、読了後に知識や情報をアウトプットすることです。

ビジネス書などから得た情報は、実践することで知識として身につきます

たとえば、コミュニケーションの本を読んだら、学んだことを意識して仕事でコミュニケーションをとる。すると、いつもより職場で人間関係が円滑になった。

こんな感じでアウトプットすれば、自分の知識として今後も役立ってくれます。

他にも以下のようなアウトプット方法があります。

  • SNSやブログで発信する
  • 家族や友人などに要約して話す
  • 仕事やプライベートに取り入れる

アウトプット前提だと、より詳しく内容を理解しようとして頭に残りやすいですよ。

まとめ:読書時間の無駄は自分次第でどちらにも転ぶ!

今回は、読書時間を無駄にしない正しい読書方法について紹介しました。

今まで読書をしてきて、無駄にした時間もあります。興味のない本を無理やり読んだり、わかっている内容なのに全て読まないと気が済まない性質でした。

なので、これから読書を始める人には少しでも無駄な時間を減らして、有意義な読書ライフを送って欲しいです。

今回は以上です。