読書

読書のメリット・デメリットをわかりやすく解説【読書家が語ります】

読書のメリット・デメリットをわかりやすく解説

疑問

読書のメリット・デメリットって何だろう?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。
読書が好きで月10冊以上、年間120冊以上は本を読んでいます。

読書には、知らない未知の世界を知ることができたり、ストレス解消にもなったりと、たくさんのメリットがあります。

そして、世界で活躍、成功している著名人や経営者の多くが読書家としても知られています。

たとえば、ソフトバンクの孫さん、ユニクロの柳井さん、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏などが挙げれらます。

しかし、読書はメリットだけでなく、デメリットがあるのも事実です。

本記事では、読書のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

読書のデメリット5選

読書のデメリットは以下の5つです。

  1. お金がかかる
  2. 時間がかかる
  3. 目が悪くなる
  4. 行動しなくなる
  5. 自意識過剰になってしまう

ひとつずつ詳しく見ていきます。

読書のデメリット①お金がかかる

本の種類にもよりますが、平均すると1冊1000円前後はするとか思います。ビジネス書だと2000円〜3000円します。

たとえば、月10冊読むとすると1年間で120冊読む計算になります。だいたい12万円の出費となります。

年単位で見ると結構な金額になるかと思います。この値段を高いと考えるか低いと考えるかは、人それぞれだと思います。

ですが12万円もあれば選択肢が増え、高い洋服を買ったり、友達と飲みにも沢山行けますね。

お金も時間も限られてくるので、よく考えて本を買う必要があります。

Kindle Unlimitedなら、200万冊以上の小説や雑誌が読み放題なので、読みたい本が必ず見つかります。

読書のデメリット②時間がかかる

日本人の平均読書スピードは、ビジネス書で4〜6時間かかると言われています。(もちろん、読み易さやボリュームによって前後します)

社会人になると、仕事で忙しかったり家庭を持ち、まとまった時間を確保するのが難しくなります。

しかも、時間をかけて読んだ本の内容が、微妙だとかなりショックですよね。

そこで良書を厳選するために、読書家の人におすすめを聞いたり、レビューで評価の高い本を選ぶ必要があります。

また忙しいビジネスパーソンや育児をしている人は、上手にスキマ時間を使う必要があります。

flier(フライヤー)なら、プロのライターが書いた質の高い要約をたった10分で読むことができます。

【最高】本の要約アプリflier(フライヤー)を使ってみて、評判・口コミをガチレビュー!flier(フライヤー)ってどんなサービスが詳しく知りたい。こんな疑問に答えています。本の要約サービスflier(フライヤー)を使えば仕事などで忙しい人でもたくさんの本の要約が読め情報をインプットできます。また本を読むのが苦手な人は音声でも聴けます。詳しく解説しているのぜひ読んでみてください。 ...

読書のデメリット③目が悪くなる

目が悪くなることは、読書をする上で大きなデメリットとなります。

小さな文字を長時間読み続けるのは、やはり目に負担がかかります。

さらに、日常的にPCやスマホを使い目を酷使しているため、慢性的に疲労している状態です。

また、暗いところでの読書や電子書籍を読むことは、視力をより悪化させるので気をつけてください。

本を読むにしても、スマホをいじるにしても、適度に休憩をはさむ必要があります。

Kindle Paperwhiteなら、長時間の読書でも目に優しく、防水使用なのでお風呂場でも使うことができます。

読書のデメリット④行動しなくなる

読書することで、行動力が低下してしまう、これが1番のデメリットだと思います。

ビジネス書を読んだ後って、なんだか成長したような、高揚した気分になっていませんか?

ですが、それは幻想であり、何も行動(アウトプット)していないので成長しているわけがありません。

つまり、読んだ内容をアウトプットして初めて、成長したり、自分の知識として活用することができます。

本の内容を定着させるには、その本に書かれていることを人に話したり、ブログやSNSで発信するのがおすすめです。

アウトプットの大切さについては、『アウトプット大全』という本で紹介されています。

医師であり、作家でもある超多忙な著者・樺沢紫苑さんが教える、圧倒的に結果の変わる「アウトプット術」がわかります。

読書のデメリット⑤自意識過剰になってしまう

本をたくさん読んでいるから、自分は頭が良いと勘違いして、自意識過剰になってしまう。

もちろん本を読めば知識はつくし、成功している人や年収が高い人には読書家が多いです。

なので、本をたくさん読んでいることに優越感を感じて、自分よりも読書しない人を見下してしまう人もいます。

「読書=偉い」と思っている人は、ただの頭でっかちで、それ以上成長することができません。

と言うのも、知れば知るほど、知らないことが増えていくからです。

読書は人生を豊かにしてくれる手段であり、目的ではないので、ゴールを意識してみてください。

読書のメリット7選

読書のメリットは以下の7つです。

  1. 視野が広がる
  2. 語彙力が上がる
  3. ストレス解消になる
  4. 集中力がアップする
  5. 想像力が鍛えられる
  6. 知識・教養が身につく
  7. 脳のアンチエイジング

ひとつずつ詳しく見ていきます。

読書のメリット①視野が広がる

本をたくさん読んで、自分とは違う価値観に触れることで、視野が広がります。

そして、別の視点から物事を考えられるようになり、柔軟な思考を獲得できます。

どんな壁にぶつかっても、さまざまな角度から物事を判断できるため、すぐに解決へと導けます。

逆に、1つの視点しか持っていないと、その問題に固執してしまい時間や労力を無駄にしてしまう。

視野を広げるためのポイントは、普段読まないようなジャンルの本を読むことです。

読書のメリット②語彙力が上がる

普段使わない言葉に触れることで、語彙力が上がります。

意味のわからない言葉に出会ったら、ググって調べますよね。その繰り返しで、自然と語彙力が鍛えられていきます。

語彙力とは、どれだけ言葉を理解して、使いこなせるのかという能力のことです。

この力は、仕事やプライベート、人間関係でも大切になってきます。

本だけでなく、ふとした会話で気になった言葉があれば、すぐにスマホで調べる癖をつけましょう。

同じ内容でも、言葉や言い回しを変えて説明できる人は、物知りで賢く見えませんか?

柔軟に言葉を組み合わせて、その場に応じた説明ができれば印象も良くなり好感度も上がりますよ。

読書のメリット③ストレス解消になる

ストレス解消と聞いて、読書を思い浮かべる人は少ないかと思います。

ですが、読書にはストレス軽減効果があると、イギリスの研究で分かっています。

たとえば、筋トレや音楽を聴いたり、ゲームをするなど、さまざまなストレス解消法があるかと思います。

こられと比べて、読書はたった6分で68%もストレスが軽減されたそうです。

私は読書をすることで、イライラしたり沈んでいた気持ちが収まり、前向きになれた経験があります。

なぜなら、本の物語世界に没頭することで、現実のストレスを忘れることができるからです。

読書でストレス解消できる理由
読書でストレス解消できる理由【たった6分でストレス軽減効果あり】この記事では、読書でストレス解消できる理由やストレス解消に効果的な読書方法について解説します。ストレスでイライラして、やりたいことに集中できないのはもったいない。ストレス解消法がない人は、明日から1日30分の読書をぜひ試してみてください。 ...

読書のメリット④集中力がアップする

本を読むには、集中力が必要です。

本の内容を理解しようとすると、かなりの集中力が必要です。

今まで本をたくさん読んできた人は、すでにかなりの集中力がついているはずです。

さらに読書が習慣になっている人は、仕事や勉強に集中して取り組める、という当たり前のことをしっかりできる人が多いです。

もちろん読めば読むほど、集中力は高まり、自分の世界に入るのがどんどん簡単になっていきます。

読書に集中できない4つの理由と解決策!
読書に集中できない4つの理由と解決策!本を読むのがラクになる方法を解説本記事では、読書に集中できない原因と集中するための方法について解説します。実際に、解決方を試せば、読書に集中できるようになります。読書に集中できな人のほとんどが、普段から本を読まないか慣れていないだけ。 ...

読書のメリット⑤想像力が鍛えられる

漫画と違いイラストがあるわけではないので、想像力が鍛えられます。

と言うのも、文字だけを頼りに、頭の中で想像するしかないからです。

たとえば、小説を読んでいる場合、登場人物の感情や風景に想いを巡らせ、想像しながら読んでいると思います。

そのため、自然と想像力も高まっていきます。

想像力のある人は、気が利くし、危機察知能力が高く仕事が早い、といった傾向があります。

つまり、相手の気持ちに寄り添える、素晴らしい人になれる可能性が高まります。

読書のメリット⑥知識・教養が身につく

本を読むことで、知識が増え教養が身につきます。

著者が一生をかけて培ったスキルや、一握りの人しか体験できないようなことを、本を通じて知ることができるからです。

また馴染みのないジャンルの知識に触れられるので、新しい発見にもつながります。

そして、知識の幅が広がることで、教養も深まっていきます。

読書のメリット⑦脳のアンチエイジング

本を読むことは、脳の老化を防ぎ、活性化させるトレーニングにもなります。

トレーニングをし続けないと筋力が落ちるように、脳も鍛え続けないといけません。

本を読むことで、新しい情報に触れ、脳を活性化させることができます。

つまり、読書を習慣化させて、人生の質を上げていきましょう。

読書が苦手な人におすすめのサービス

さいごに、読書が苦手な人におすすめのサービスを2つ紹介します。

Audible

Audible

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

月額1,500円で、40万冊以上のオーディオブックの中から毎月1冊、自由に選んで聴くことができます。

プロのナレーターや声優が朗読した本をアプリで聴けるため、紙の本とは違った魅力があります。

またながら聴きできるので、筋トレや通勤中などのスキマ時間に本を楽しめ、読書量が圧倒的に増えます。

Audible(オーディブル)では、30日間の無料体験+最初の1冊が無料で聴けるキャンペーン中です。

まずは無料体験に登録して、気になるタイトルを聴いてみてください。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)については、【ガチレビュー】Audibleを使ってみた感想、気になる評判・口コミを紹介!で詳しく解説しています。

flier

flier

flier(フライヤー)とは、ビジネス書などの要約を1冊10分で読める時短読書サービスです。

プロのライターが書いたクオリティの高い要約をたった10分で読めるため、コスパが高い。

また忙しいビジネスパーソンにとって、flierならサクッと読めて重要なポイントを抑えられるので便利です。

flier(フライヤー)の料金プランは3つあります。

flier money

フリープランだと有料コンテンツが読めないし、シルバープランだと月5冊までしか読めません。

ゴールドプランを高く感じるかもしれませんが、ビジネス書を1冊買うのとほぼ同じ値段なのでたくさん読む方はゴールドプラン一択。

flier(フライヤー)では、ゴールドプランの7日間無料キャンペーン中です。

まずは無料体験から、プロの要約を読んでみてください。

\初回登録7日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

flier(フライヤー)については、【最高】本の要約アプリflier(フライヤー)を使ってみて、評判・口コミをガチレビュー!で詳しく解説しています。

デメリットを理解した上でも、読書は最高!

今回は、読書のメリット・デメリットについて詳しく紹介しました。

本を読む上で、デメリットもありますが、はるかにメリットの方が大きいかと思います。

いつも本を読まない人は、さいしょに古典的名著を読むのがおすすめです。

と言うのも、そこには長い間読み継がれてきた普遍的な知識が詰まっていて、あなたの人生にきっと刺激を与えてくれます。

そして、読んで終わりではなく、アウトプットして知識として身につけていきましょう。

教養が身につくおすすめの本
教養が身につく読むべきおすすめの本12冊!普遍的な知識を身につけよう! 疑問 教養を身につけたいけど、どんな本を読めばいいか分からない!おすすめが知りたい! こんな疑問に答えます。 ...

今回は以上です。