読書

読書で68%のストレスが解消される?【たった6分で効果あり】

読書ストレス解消

疑問

読書でストレス解消ってできるの?ストレス発散に効果的な読書法を知りたい。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。
読書が好きで月10冊以上、年間120冊以上は本を読んでいます。

結論から言うと、読書でストレスが68%軽減されることがわかっています。さらに、小説を読むのがベスト。

読書好きな人なら、本を読むことでストレスが解消されるような実感を持っているかと思います。

ですが、ほとんどの人は本を読まないので「読書なんかしたら疲れちゃうよ」というイメージではないでしょうか。

そこで本記事では、読書でストレス解消できる理由や、効果的な読書法もあわせて紹介します。

この記事を読めば、ストレスから解放されて充実した日常を送れますよ。

読書は68%のストレスを解消・軽減する

読書は68%のストレスを解消・軽減する

読書はストレス解消に効果的であると実証する、論文をいくつか紹介します。

たった6分の読書で、ストレスが68%解消される

イギリスのサセックス大学の研究では、たった6分の読書でストレスが68%も軽減されることが分かっています。

その他にストレス軽減に効果があるものは、以下のとおりです。

  • ゲーム:21%
  • 散歩:42%
  • コーヒー:54%
  • 音楽鑑賞:61%

これらと比べても、読書にはきわめて高いストレス軽減効果があると判明しました。

なるべく30分以上、ゆっくり読書するのがよい

さらに、アメリカのミネソタ大学の研究では「1日30分以上、ゆっくり本を読むこと」が推奨されています。

と言うのも、本の世界に没頭することで、現実のストレスを忘れることができるからです。

そして、速読ではなく本をゆっくり読むことで、ストレス軽減効果がより高まります。

本を読むときスマホなどに触るのはNG。集中できる環境を作りましょう。

読書でストレスを解消できる理由2つ

つぎに、読書でストレスを解消できる理由について説明していきます。

理由①:本の世界観に没頭できる

読書をすることで、現実のさまざまなストレスを忘れて本の世界に没頭できます。

私たちはストレス社会に生きていて、ネットやスマホの発達により刺激から逃げられなくなっています。

たとえば、SNSはいつでもアクセスできスキマ時間を埋めてくれますが、心を休められる時間は減っています。

つまり、私たちの可処分時間はSNSやYouTubeなどに奪われていて、多くの人が無意識に使い続けています。

本当の意味でリラックスするには、電子機器から自分を解放してあげる必要があります。

電子機器はNG

ストレスから解放されたいなら、電子機器と距離を置きましょう。

なぜなら、電子機器(PC・スマホなど)からはブルーライトが出ていて、神経を興奮させる作用がありストレス解消にマイナスでしかないからです。

休みの日に、ずーっとテレビやYouTubeを見たり、SNSを見続けたりして、ストレス発散になったという人は少ないはずです。

僕の場合、さらに「1日を無駄にしてしまった」という精神的なダメージもありいいこと無しです。

理由②:読書は究極のシングルタスク

読書は、もっともシンプルで究極のシングルタスクです。

現代人は、仕事や家事に追われたり、スマホを手放せなかったりと、常に何かをしている状態が当たり前になっています。

ついつい効率を求めて、「○○しながら、△△する」というマルチタスクが癖になっている人も多いかと思います。

ですが、マルチタスクは脳にかなりの負担をかけていて、ストレスが溜まっていきます。

たとえば「スマホを片手に読書しながらLINEの通知が来たら返信する」なんて、最悪のパターンです。

せっかく本の世界に没頭して現実を忘れているのに、読書している意味がなくなります。

読書するときは、スマホの電源をオフするか離れた場所に置いて、本に没頭するに限ります。

ストレス解消に効果的な読書法3つ

さいごに、ストレス解消に効果的な読書法を3つ紹介します。

その①:小説、興味のある本を読む

ストレス解消を目的とするなら、小説または興味のある本がおすすめです。

小説は、その物語世界に没頭できるだけでなく、共感力も鍛えられます。

興味のない本や難しい本は読むのが大変で、逆にストレスを感じる原因になりかねます。

読みたいという気持ちを大事に、没頭できる本を選びましょう。

Kindle Unlimitedなら、200万冊以上の小説や雑誌などが読み放題なので、きっと読みたい本が見つかりますよ。

その②:読書する時間帯は寝る前がベスト

読書する時間帯は、寝る前がベストです。

と言うのも、読書することでリラックス効果が高まり、自然と眠りにつくことができるからです。

また、寝る前にスマホをいじって、睡眠不足になりがちな人にもおすすめです。

スマホから出るブルーライトは睡眠の質を下げるので疲れが取れず、良いパフォーマンスを発揮できなくなります。

どうしても電子書籍で読みたい人には、Kindle Paperwhiteがおすすめ。

ブルーライトをカットしてくれるので、暗い部屋でも睡眠に影響しませんよ。

その③:本を読むのが苦手な人は聴く読書がおすすめ

Audible

本を読むのが苦手な人には、「聴く読書」と言われるオーディオブックがおすすめです。

オーディオブックとは、プロのナレーターや声優が朗読してくれた本をアプリで聴けます。

音楽を聴くように読書を楽しむことができ、目を使わないので全く疲れません。

また、最大のメリットは”ながら聴き”できることで、移動中や休憩中などのスキマ時間に最適です。

どうしても文字を読むのが苦手な人は、ハードルを下げて「聴く読書」を試してみてください。

\【30日間無料】12万冊以上が聴き放題 /

いつでも途中解約OK

【最高】Audible(オーディブル)の評判・口コミをガチレビュー
【最高】Audible(オーディブル)の評判・口コミをガチレビュー本記事では、Audibleの評判・口コミや実際に使ってみた感想をレビューしたいきたい思います。聴く読書と言われるオーディオブックサービスの中でも、一二を争うほど人気で有名なのがAudible(オーディブル)です。 ...

まとめ:読書でストレスを解消しよう!

まとめ:読書でストレスを解消しよう!

今回は、読書でストレスを解消できる理由や効果的な読書法をまとめました。

私たちは、仕事やプライベートで多くのストレスを抱えて生活しています。

ストレスが原因でイライラしたり、やる気が起きなくなり、やるべきことに集中できないのはもったいない。

読書は気軽に始められるストレス解消法の1つで、多くの人に試してもらいたいです。

普段読書しない人は、1日10分でもいいので本を読んでみてください。

本要約アプリ「flier(フライヤー)」もおすすめ

flier

flier(フライヤー)とは、ビジネス書などの要約を1冊10分で読める時短読書サービスです。

プロのライターが書いたクオリティの高い要約を、たった10分で読めるためコスパが高い。

上記で解説したように、たった6分の読書でもストレス軽減効果があるので、毎日1冊の要約を読むのもおすすめです。

また、忙しいビジネスパーソンにとって、flierならサクッと読めて重要なポイントを抑えられるので便利です。

flierでは、ゴールドプランの7日間無料キャンペーンを実施中です。

まずは無料キャンペーンから、気になる作品を読んでみてください。

\初回登録7日間無料/

無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません

【最高】本要約アプリflier(フライヤー)の評判・口コミをガチレビュー
【最高】本要約アプリflier(フライヤー)の評判・口コミをガチレビューflier(フライヤー)の評判・口コミを知りたい。こんな疑問に答えています。本要約アプリflier(フライヤー)を使えば忙しい人でもたくさんの本が読め情報をインプットできます。本を読むのが苦手な人は音声でも聴けます。詳しく解説しているのぜひ読んでみてください。 ...