読書

FIREしたい人におすすめの本5選|経済的自由を目指そう!

FIREしたい人におすすめの本

悩み

早く会社を辞めて、趣味や家族との時間を増やしたい…。FIREについてのおすすめ本が知りたい!

こんな悩みを解決します。

誰もが「自分らしく、会社に依存しないで生きていきたい」と考え、憧れていますよね。

そんな中、FIRE(Finacial Independence Retire Early)という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

かんたんに言うと、経済的に自立して早期退職すること。資産運用をしながら配当金などで生活費を捻出して、働かなくても暮らしていける生活スタイルです。

実際、FIREまでの道のりがよくわからないと思います。そこで、本記事ではFIREを実現した著者の考え方や生き方がわかるおすすめのFIRE本を厳選して5つ紹介します。

私自身もサイドFIREを目指して資産形成に取り組んでいるため、今回紹介する本はどれも読んで参考になった本がかりです。

FIREの基本的な考え方

FIREは欧米を中心に流行している新しい生活スタイルで、日本でも若い世代を中心に注目が集まっています。

FIREの基本的な考え方として、大金持ちになることを目指すのではなく、資産運用をすることで得られる収入(不労所得)によって生活費をまかなうことです。

そのためには、まとまった資産が必要になってきます。

資産形成の基本的な考え方は、収入-支出+(資産×運用利回り)です。

つまりFIREを達成した人は、収入・支出・投資のバランスを上手にコントロールしています。あるいは、どれか1つが突出している場合もあります。

FIREしたい人におすすめ本5選

FIREしたい人におすすめの本を厳選して紹介していきます。

FIRE 最強の早期リタイア術

FIREムーブメントの火付け役となったクリスティー・シェンさんの書籍。

著者は、かなりの倹約家かつ慎重なタイプなので、堅実に資金を「貯める」「増やす」方法を紹介してくれています。

もともと貧乏な家庭で育ち、FIREを実現するまでのストーリーが、多くの人にとって共感できる内容となっています。

倹約家でお金を貯めることが好きな人にはとくにおすすめ。資産運用はインデックスファンドがメインで再現性の高い内容です。

FIRE・早期リタイアを検討している方に、読んで欲しい1冊。

FIRE最速で経済的自立を実現する方法

著者のサバント・グラティエさんが2.26ドルから5年で純資産125万ドルまで築き上げたノウハウがわかる1冊。

500ページにも及ぶボリュームで、効率的にFIREを目指す方法が網羅されています。

支出を抑えるのも大事ですが、副業などにも取り組み収入の最大化にフォーカスすることでFIREを実現されました。

具体的な方法としては、米国株投資です。米国ETFを基本に、AppleやAmazonなどの成長していた会社に投資を続けた結果、5年でミリオネアを達成。

投資方法として再現性は高くありませんが、マインドや考え方が学べます。

本気でFIREを目指す人のための資産形成入門

人気ブログ「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみた」を運営する穂高唯希さんが、30歳でFIREを達成された内容。

著者は、一般的なサラリーマンでありながら、30歳という若さでFIREを実現されました。

平均よりも高い給与水準だったかもしれませんが、

注目すべきは「入社初日から掲げた30歳でセミリタイアするという目標」と「給与の8割を投資にまわすという徹底した資産運用」だと思います。

貯蓄率は8割で、残りを生活費などに充てるかなりの節約家。これまでと違い「インデックス投資」ではなく「高配当・連続増配株」に投資しています。

個別株投資は、インデックス投資よりもリスクの高い投資方法なのでしっかりと把握しておく必要があります。

また海外の方のFIRE経験談はよくありますが、日本でFIREを実現した内容なのでイメージしやすく、気になる人も多いと思います。

FIREを達成した後の、ライフスタイルについて考えるきっかけになるような1冊です。

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

FIREに特化した内容という訳ではありませんが、経済的自立を目指すための考え方やノウハウが学べる1冊。

「父親が娘に残した手紙」としてブログにまとめていた内容がベースで、長期的な資産形成でFIREを目指すシンプルで再現性の高い本です。

米国ETFに投資していく手法がメインとなります。過去100年のNYダウ平均の動きを見ると、紆余曲折あるなかでも結局は「右肩上がり」に伸びている。

つまり、リーマンショックやコロナショックで一時的に値下がりするけれども、「持ち続ける」ことの大切が書かれています。

ゆっくり時間をかけてたい人や資産形成をはじめたばかりの人には、参考になる良書です。

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門

ファイナンシャルプランナーである山崎氏による、日本の制度に沿ったFIRE実践法が学べる1冊。

定年よりも5年早く退職する「プチFIRE」を目指す、FIRE入門書となっています。

投資や資産運用だけでなく、日本の金融制度や税制度などが詳しく書かれています。

FIREを目指す上で、誰もが実現可能な投資方法について現実的なアドバイスも多く参考になります。

まとめ

今回は、FIREしたい人におすすめの本を紹介しました。

FIREを達成する人には、「貯蓄率を最大限に高め、余剰資金を投資にまわす」といった共通点があります。

どの本もFIREを目指す人にとっては参考になる良書ばかりです。ぜひ気になった本があれば読んでみてノウハウを実践してみてください。

FIRE本を読むことで資産形成のモチベーションも上がりますし、改めて資産形成の大切さを知ることができます。

忙しくて本を読む時間がない人には、オーディオブックがおすすめです。まだ使ったことがない方はぜひ無料体験から始めてみてください。

Audible(オーディブル)の口コミ・評判まとめ【実際に使った感想・レビュー】