読書

読書は意味がない3つの理由!アウトプットして身につけよう

悩み

読書って本当にする意味あるのかな?読むのに時間がかかるし、めんどくさいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。年間100冊以上の本を読んでいます。

結論から言うと、読書には意味があるし、年収が高い人ほどよく読書をしています。

ただ、本を読んだら終わりという読書の仕方だと意味がありません。

効果的な読書の方法を理解することで意味のある読書に変わります。

この記事では、読書に意味がない理由を説明しつつ、効果的な読書方法を解説します。

読書は意味がない3つの理由

読書は意味がない3つの理由を簡単に解説します。

雑誌や漫画などの娯楽的な読書

娯楽としての読書は違った効果があります。ストレス解消効果など。

本を読むだけでストレスが解消される。しかも、運動や音楽を聴くなど、他のストレス解消方法と比べてもリラックス効果が高いことがわかっています。

他にも、

  • 知識・教養が身に付く
  • 語彙力・国語力が鍛えられる
  • コミュニケーション力の向上
  • 想像力が磨かれる

など多くのメリットがあります。

読書するメリット・デメリットをわかりやすく解説【本を読むと人生が変わる】

娯楽として楽しみつつ上記のようなスキルが身に付くのでとても魅力的。本をたくさん読んだからといって頭がよくなるわけではありません。

読みっぱなしで終わり

本を読んで終わりという読書にも意味はありません。読書をして知識や役立つ情報を得て、賢くなった気分になります。

しかし、読書した内容はすぐに忘れる。読書して賢くなったと勘違いしてしまう。

得た知識を使った初めて読書した意味が出てきます。ようするにアウトプットして何かしら実践することで私たちに恩恵をもたらしてくれます。

たとえば、ダイエット方法についての本を読み、その中の1つを実践して、3ヶ月後に−5kgのダイエットに成功すれば読んだ意味があると思います。

学びつつアウトプットして、行動していきましょう。

読むことが目的化している

本を読むことそれ自体が目的化している読書にも意味はありません。

読書することは目的ではなく手段だからです。その本を読んでどんな知識を得たいか、目的が大事。

月に30冊読んで1冊分のアウトプットをする人と、月に5冊読んで5冊分アウトプットする人では、後者のほうが効果があります。

ただただ読むことが目的化してしまうと時間の無駄になってしまう。わからないことやより深く知りたいことがあれば、読書を通じて知識を得るのがおすすめです。

効果的な読書方法

効果的な読書方法について解説します。

目的を持って読書する

目的を持って読むには、読み始める前に悩みなどを整理しておく必要があります。

あなたはこの本から何を知りたいのかわかっていなければ、読んでもふわっとしたまま終わってしまいます。

たとえば、筋トレについての本を読む。その中から、腹筋について知りたければ、腹筋の割り方などが書かれた章だけを読むのもありです。

あなたにとって本当に必要な情報を得るために、最初から最後まで通して読む必要はありません。腹筋に関連して、背筋にも興味が湧けばその章も読めばいいと思います。

せっかく買ったのにもったいないと感じるかもしれませんが、本の中で本当に重要な内容は10%程度とも言われます。

また、親や先生から本を読めと言われたから渋々読んだり、とにかく読書すればいいという考え(思考停止)では意味がありません。

むしろ、読書が苦痛になり、2度と読みたくないと感じるかもしれません。外的要因ではなく、内的要因で読書をしましょう。

興味関心が持てる本を読むことが大切です。

本の要約サービスflier(フライヤー)の無料体験を試す

読み終わったらアウトプットする

必ずといってもいいくらいにアウトプットが重要です。

  • 仕事やプライベートで活用してみる
  • 読書で得た知識を新たな考え方として取り入れる
  • ブログやTwitterなどで発信する

アウトプットすることで記憶に長期定着して、より身につきます。

ブログやTwitterで得た知識を発信するのが手っ取り早く、多くの人に届けられると思います。

もちろん、友達や家族に話したり、価値観を共有できる人が近くにいればよりベターだと思います。

質の高いアウトプットできるようになるまで、時間がかかる。そもそもアウトプットすることに日本人は慣れていないからです。

読書したら、アウトプットできる場所や人がいる環境は最高です。

まとめ

今回は、読書は意味がない3つの理由について解説しました。

  • 雑誌や漫画などの娯楽的な読書
  • 読みっぱなしで終わり
  • 読むことが目的化している

目的を持って読書をして、アウトプットすることで身につけていきましょう。

読書好きな人は内向的な人が多い。筆者もその1人です。

内向的でよかった点は読書が好きで、読書を通じてたくさんの知識や成長を感じれるからです。


おわり