ブログ

【2023年】Contact Form 7の設定方法・使い方を徹底解説

【2022年】Contact Form 7の設定方法・使い方を徹底解説

本記事では、プラグイン「Contact Form 7の設定方法・使い方を画像付きで解説します。

Contact Form 7は、WordPressブログにお問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

お問い合わせフォームを設置すれば、読者から感想が届いたり企業から仕事の依頼が来たりと、窓口としての役割を担ってくれる。

ブログが大きになるにつれてお問い合わせも増えるので、早めに導入しておきましょう。

※その他、おすすめのプラグインは下記記事で紹介しています。

【2023年】WordPressに導入必須のおすすめプラグイン10選
【2023年】WordPressに導入必須のおすすめプラグイン10選 本記事では、WordPressに導入必須のおすすめプラグインを紹介します。 WordPressにプラグインを導入...

Contact Form 7とは?

Contact Form 7

Contact form 7とは、WordPressにお問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

本来、お問い合わせフォームを設置するにはHTMLやCSSといった専門的な知識が必要ですが、Contact form 7なら誰でも簡単にお問い合わせページを導入できる。

また、開発者が日本人なので公式サイトのFAQから問題を解決しやすく使いやすいのも特徴です。

Contact Form 7:お問い合わせページ

このように、シンプルなお問い合わせページを作成できますよ。

Contact Form 7の導入方法

続いて、Contact Form 7の導入方法を解説します。

プラグインの新規追加

WordPressの管理画面から、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

Contact Form 7のインストール&有効化

画面右側の検索窓に「Contact Form 7」と入力して、「今すぐインストール→有効化」をクリックしてください。

これで、インストールと有効化の完了です。

Contact Form 7の設定方法・使い方

お問い合わせフォームの設置手順は、以下のとおりです。

  1. お問い合わせフォームを新規作成する
  2. 固定ページでお問い合わせページを作成する
  3. WordPressメニューを作成して表示させる

順番に解説していきます。

①:お問い合わせフォームを新規作成する

Contact Form 7の使い方・設置方法

WordPressの管理画面から「お問い合わせ→新規追加」をクリックしてください。

Contact Form 7の使い方・設置方法

タイトルに「お問い合わせ」など、自分で管理しやすい名前を入力して「保存」をクリックします。

Contact Form 7の使い方・設置方法

すると、ショートコードが表示されるのでコビーします。

②:固定ページでお問い合わせページを作成する

つぎに、お問い合わせフォームを表示させる固定ページを作成します。

Contact Form 7の使い方・設置方法

WordPressの管理画面から「固定ページ→新規追加」をクリックします。

Contact Form 7の使い方・設置方法

タイトルに「お問い合わせ(任意)」と入力して、「+」→「ショートコード」をクリックします。

Contact Form 7の使い方・設置方法

先ほどコピーしたショートコードを貼り付けて、「公開する」をクリックしてください。

③:WordPressメニューを作成して表示させる

お問い合わせフォーム作成

WordPressの管理画面から「外観→メニュー」をクリックします。

お問い合わせフォーム作成

自分で管理しやすい「メニュー名」を入力して、「メニューを作成」をクリックします。(メニュー名は、ブログ内に反映されません。)

お問い合わせフォーム作成

固定ページの中から「お問い合わせ」にチェックを入れ、「メニューに追加」をクリックします。

そしたら、メニューを表示したい位置にチェックを入れ、「メニューを保存」をクリックします。

Contact Form 7の設定方法・使い方

すると、任意の場所にお問い合わせページを表示できますよ。

Contact form 7のカスタマイズ方法

さいごに、Contact Form7のカスタマイズ方法を紹介します。

自動返信メールを設定する

デフォルトの状態だと、お問い合わせがあるとお知らせメールだけが届く設定になっています。

そこで、お問い合わせに対して自動返信メールを送れるように設定していきます。

Contact form7の応用設定

WordPressの管理画面から「お問い合わせ→コンタクトフォーム」をクリックします。

Contact form7の応用設定

お問い合わせフォームの「編集」をクリックします。

Contact form7の応用設定

メール」の設定画面を開きます。

Contact form7の応用設定

メール (2) を使用」にチェックを入れます。

Contact form7の応用設定

「題名」と「メッセージ本文」の内容を編集してもOK。

編集が終わったら、忘れずに「保存」をクリックしてくださいね。

reCAPTCHAを導入してスパム対策をする

何もせずにお問い合わせページを使っていると、スパムメールが大量に届く可能性があります。

そこで、reCAPTCHAを導入しましょう。Googleが無料提供しているサービスで、BOTによるWebサイトへの攻撃を防いでくれる。

Google reCAPTCHAからサイトキーを取得する

まずGoogle reCAPTCHAにアクセスして、「v3 Admin Console」をクリックしてください。

Google reCAPTCHAからサイトキーを取得する

新しいサイトを登録する」という画面が表示されたら、必要事項を入力します。

  • ラベル:ブログ名など自分が見て分かりやすいものにする。
  • reCAPTCHAタイプ:reCAPTCHA v3を選択する。
  • ドメイン:自分のブログドメインを入力する。

Google reCAPTCHAからサイトキーを取得する

入力が完了したら、「reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェックを入れて「送信」をクリックします。

Google reCAPTCHAからサイトキーを取得する

reCAPTCHAのサイトキーシークレットキーが表示されるのでメモしておきましょう。

そしたら、WordPressの管理画面に移行して「お問い合わせ→ インテグレーション→インテグレーションのセットアップ」をクリックします。

Contact Form7のカスタマイズ方法:reCAPTCHAを導入してスパム対策をする

ここで、先ほどコピーしたサイトキーとシークレットキーを入力して、「変更を保存」をクリックします。

以上で、お問い合わせページにreCAPTCHAを導入することができましたよ。

まとめ:Contact Form 7の設定方法・使い方

まとめ:Contact Form 7の設定方法・使い方

今回は、プラグイン「Contact Form 7」の設定方法・使い方を画像付きで解説しました。

お問い合わせページがあることで、読者からリアルな声が届いたり、企業から仕事の依頼が来たりとメリットしかない。

Contact Form 7は、ブログ初心者でも簡単にお問い合わせフォームを設置できるので、ぜひ導入してみてください。

formrunもおすすめ!

formrunもおすすめ

デザイン性が高く、より簡単にフォームを作成したい方にはformrunもおすすめです。

formrunには豊富なテンプレートが用意されていて、直感的な操作でおしゃれなフォームを作成できますよ。

その他、ブログ運営に役立つ記事を載せておきますね。

セルフバック(自己アフィリエイト)の仕組みとやり方を徹底解説
セルフバック(自己アフィリエイト)の仕組みとやり方を徹底解説 ブログを始めてもすぐに結果を出すのは難しく、ほとんどの人は収益がほぼない状態が半年〜1年ほど続きます。 そんなときにオス...
ブログに使えるおすすめのフリー画像素材サイト8選【商用利用OK】
ブログにおすすめのフリー画像素材サイト8選【商用利用OK】本記事では、ブログに使えるおすすめのフリー画像素材サイトを厳選して紹介しています。この記事を読めば、フリー素材を使うときの注意点やメリットがわかり、安心してブログに画像を使えますよ。 ...
【2022年】WordPressおすすめ無料&有料テーマ7選|初心者向け 
【2022年】WordPressおすすめ無料&有料テーマ7選WordPressのテーマ選びは、ブログのデザインや使いやすさを左右するため重要です。本記事では、WordPressのおすすめテーマを無料&有料でそれぞれ紹介しています。 ...
ブログ運営に必須のおすすめツール11選【収益化を加速させる】
ブログ運営に必須のおすすめツール11選【収益化を加速させる】 本記事では、ブログ運営に必須のおすすめツールを11個紹介しています。 僕が2年ほどブログを続けてきた中で役に立ったツール...