BLOG

ブログ記事をリライトしてSEO効果を高めるコツを徹底解説

悩み

ブログ記事の具体的なリライト方法やタイミング、コツを知りたい。

こんな悩みを解決します。

ブログで稼ぐには、定期的な記事のリライトは必須です。

なぜなら、検索順位を上げることでアクセス数が増えて、売上も増加するからです。

そのため、何度も記事をリライトしてクオリティーの高いものに仕上がる必要があります。

本記事では、ブログ記事の具体的なリライト方法やコツをまとめました。

この記事を読めば、ブログ初心者でもリライトで検索順位を上げることができますよ。

ブログ記事のリライトとは?

ブログ記事のリライトとは?

ブログ記事のリライトとは、過去に書いた記事を修正して検索順位を上げる作業のことです。

記事の内容を大幅に変更する場合もあるし、最新の情報に変更するだけの簡単な場合もあります。

ブログ記事をリライトする意味

ブログ記事をリライトすることで、SEO評価が上がり、検索で上位表示されやすくなります。

具体的に言うと、狙ったSEOキーワードで検索上位を狙い、定期的に更新して記事を新鮮な状態に保つことです。

また、すでにある記事を修正するだけなので、新記事を書くよりもSEO効果があります。

ブログ記事を書く際にSEOキーワードを選定していない方は、SEOキーワードの選び方を初心者にもわかりやすく解説をご覧ください。

SEOキーワードの選び方
SEOキーワードの選び方を初心者にもわかりやすく解説 悩み SEOキーワードの選定方法がわからない。正しいキーワードの選び方を知ってアクセスを増やしたい。 こんな悩...

ブログ記事をリライトするベストなタイミングっていつ?

ブログ初心者さんは、リライト作業よりも新記事を投稿するほうが重要です。

なぜなら、ブログを始めて3ヶ月ほどは検索順位がつかないからです。

また、ある程度記事数がないと読者満足度が低く、アクセスを集めることができません。

具体的には、30~50記事ほどを目安に書きまくって、コンテンツが充実してきたらリライトしましょう。

当ブログのリライト実績

実際に、当ブログのリライト実績をいくつか紹介します。

SEOキーワードの検索順位

記事公開日は2021年6月17日で、リライトした日は2021年10月26日です。

このキーワードは長い間検索順位が安定していませんでしたが、リライトで検索順位を大幅に上げることができました。

SEOキーワードの検索順位

記事公開日は2021年6月24日で、リライトした日は2021年11月22日です。

このキーワードはリライトしたことで1ページ目に入ることができました。

このようにキーワードを狙って記事を書いたら、検索順位チェックツールで記事ごとにキーワードの順位データを集める必要があります。

記事数が増えるほどキーワード管理が大変になるので、はやめに有料ツールを導入しましょう。

当ブログでは、Rank Trackerを使っています。詳しくは、【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説をご覧ください。

リライトする記事の選び方

つぎに、リライトする記事を選んでいきます。

具体的には、以下のような記事です。

  • 公開してから2〜3ヶ月ほど経過している
  • 検索順位が50位以内

ひとつずつ解説します。

公開してから2〜3ヶ月ほど経過している

記事を公開してから2〜3ヶ月は、検索順位がつかなかったり、順位変動が激しかったりします。

なので、公開した記事の順位が安定するまで2〜3ヶ月ほど待ちましょう

はやい記事だと公開してから、1ヶ月ほどで順位がつく場合もあります。

検索順位が50位以内

検索順位が50位以内ということは、ある程度の評価を受けていて、上位を狙える記事だと言えます。

一方で50位圏外の記事をリライトしてもいいのですが、優先順位はかなり低くなります。

と言うのも、検索エンジンからほとんど評価されていないため、1から書き直すくらいの修正が必要になるからです。

余裕があったらリライトしましょう。

検索順位を調べる方法は、無料のサーチコンソールや有料ツール(GRC・RankTracker)があります。

当ブログではRankTrackerを使用していて、月1,500ほどで利用でき、かなりコスパの高いツールとなっています。

関連記事:【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説

ブログ記事のリライト方法

ブログ記事のリライト方法は、以下のとおりです。

  • 内部リンクを貼る
  • 文章をチェックする
  • 最新情報に変更する
  • 上位サイトと比較する
  • オリジナリティーを出す
  • サジェストキーワードを取り入れる

ひとつずつ解説します。

内部リンクを貼る

リライトする際は、内部リンクが貼れないかチェックしましょう。

内部リンクは、以下のようなSEO効果があります。

  • PV数が増える
  • ページの評価が上がる
  • ユーザビリティが上がる

ちなみに、内部リンクを設定するときはテキストリンクがおすすめです。

文章をチェックする

リライトする際は、記事が読みやすいかチェックしましょう。

  • 誤字脱字をなくす
  • 読みやすい文章にする
  • 漢字・ひらがな・カタカナのバランスを整える

このように読者がストレスなく読めるよう工夫してみてください。

スマホでのチェックも忘れずに。ほとんどの読者はスマホで読んでいます。

最新情報に変更する

リライトする際は、記事内容を最新情報に変更しましょう。

たとえば、

  • 価格
  • 取り扱い店舗
  • キャンペーン情報

このように定期的に最新情報にすることで、サイトの信頼性が上がります。

また、記事をリライトしたら更新日が反映されるように設定しましょう。(記事公開日ではなく更新日を掲載する)

なぜなら、同じ内容でも更新日が新しいほうがクリックしたくなるからです。

上位サイトと比較する

リライトする際は、狙っているキーワードの検索上位10サイトの記事を比較しましょう。

検索で上位表示されているのは、検索エンジンから評価されている証拠です。

  • 記事タイトル
  • リード文(導入)
  • H2・3見出し

上記以外にも、不足している情報や記事構成などを取り入れましょう。

自分の記事と比較して、足りない情報が必ずあるはずです。

オリジナリティーを出す

リライトする際は、オリジナリティーを出しましょう。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:日本語検索の品質向上にむけて

なので、体験談や独自のデータをブログ記事に反映できるよう意識してみてください。

つまり、検索上位サイトの内容を網羅しつつ、オリジナリティーのある記事を目指しましょう。

サジェストキーワードを取り入れる

リライトする際は、Googleのサジェストキーワードを取り入れましょう。

サジェストキーワードは、検索エンジンが自動で関連したキーワードを表示してれます。

たとえば「筋トレ」と入力した場合、以下のキーワードがサジェストになります。

サジェストキーワード

ここから足りない要素を、内容や見出しに追加しましょう。

ブログ記事をリライトするときの注意点

さいごに、ブログ記事をリライトする際の注意点が2つあります。

なんとなくリライトしない

なんとなくリライトするのではなく、目的を持ちましょう。

何も目的がないままリライトしても消耗するだけです。

また、検索順位も上がるかわからないため意味がありません。

リライトで順位が下がることもある

記事をリライトしたからといって、検索順位が上げるわけではありません。

もちろん、検索順位が下がってしまう可能性もあります。

この記事を参考に、検索意図を満たしつつ、読者満足度の高い記事を目指しましょう。

ブログ記事をリライトして検索順位を上げよう!

ブログ記事をリライトして検索順位を上げよう!

今回は、ブログ記事をリライトする具体的な方法をまとめました。

ブログで稼ぐには、ブログ記事のリライト作業は必須です。

何度も何度も改善することで、検索上位をとることができます。

地道で大変な作業ですが、コツコツ積み上げましょう。

今回は以上です。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の使い方
【最高】検索順位ツール「RankTracker」の料金と使い方を徹底解説本記事では、検索順位ツール「Rank Tracker」の導入から使い方までを画像付きでわかりやすく解説しています。ブログで稼いでいくには、検索順位ツールは必須です。詳しく知りたい方は、最後まで読んでみてください。...
  【2022年最新】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説
【2022年最新】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説 悩み WordPress(ワードプレス)を使ってブログを開設したい。初心者・PC音痴でもブログを始められるのか不安です。 ...