読書

読書に最適な3つの時間帯&読書時間を確保するコツを紹介します!

読書に最適な3つの時間帯

疑問

読書に最適な時間帯ってあるのかな?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。
読書が好きで月10冊以上、年間120冊以上は本を読んでいます。

どんなに忙しいビジネスパーソンでも読書時間を確保することができます。

そして、せっかく読書をするなら効率的に時間を使いたいと考える人は多いと思います。

本記事では、読書に最適な3つの時間帯と、読書時間を確保するコツについて紹介します。

忙しい人ほど本を読んでいて、時間の使い方が上手です。

日本人の読書時間ってどのくらい?

そもそも日本人の読書時間って、どのくらいか分かりますか?

ちょっと読書をするだけで、「ほとんどの人より賢くなることができる」とわかるデータを紹介します。

社会人の読書時間

はじめに、20代(男性44%、女性48%)の人は、ひと月当たり1冊も本を読んでいません。(参考:honto

そして、日本人(20~40代)の1日の読書平均時間は以下のとおり。

日本人男性(20代〜40代)の1日の読書平均時間

  • 20代男性:39分/日
  • 30代男性:32分/日
  • 40代男性:29分/日

日本人女性(20代〜40代)の1日の読書平均時間

  • 20代女性:32分/日
  • 30代女性:34分/日
  • 40代女性:25分/日

このように多くの日本人が読書をしていないため、ちょっと読書をするだけで平均を超えられる。

この読書時間を多いと感じるのか、少ないと感じるのかは人それぞれだと思います。

ですが、スキマ時間を上手に使ったり、だらだらSNSを見ている時間を減らせば、簡単に超えられることがわかるかと思います。

大学生の読書時間

大学生の1日の読書時間は以下のとおり。

大学生の1日の読書平均時間は32.1分で、全く読書をしない人は47.2%です。

大学生には社会人より時間はあるはずですが、読書をしている人は少ない結果となりました。

読書が全てではありませんが、読書家には成功している人が多いのも事実です。

たとえば、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏、テスラ社のイーロン・マスク氏など、どんなに忙しくても読書時間を確保しているそうです。

大学時代の貴重な時間を、遊びやバイトだけに使うのは非常にもったいない。

若いうちから読書習慣を身につけることで、人生が好転する可能性も高まります。

読書に最適な3つの時間帯

結論から言うと、読書する時間帯は朝でも夜でもOKです。

ただ朝読書と夜読書では、メリットやデメリットが違ってきます。

また忙しい人はスキマ時間を上手に使えば、まとまった読書時間を確保する必要もありません。

大事なのは無理せず続けることなので、生活リズムに合わせて取り入れてみてください。

朝読書

1日の中で、もっとも頭が冴えていて、集中力のある状態なのが朝です。

寝ている間に記憶が整理され、頭の中がスッキリしているので、作業が捗ります。

また早起きすれば気分も良く、誰にも邪魔されないため集中しやすいんですよね。

そして新しい情報を吸収しやすいので、ビジネス書などの難しい本を読むのがおすすめ。

読書に集中力は不可欠です。1日の疲れが溜まった夜よりも、朝のほうが圧倒的に集中できます。

どうしても「朝はボーッとしてしまう」という人は、無理に読まなくてもOKです。

無理に朝読書をして、仕事中に眠くなりウトウトしてしまっては、本末転倒だからです。

すべての人が朝読書に向いているというわけではありません。

読書に集中できない4つの理由と解決策!
読書に集中できない4つの理由と解決策!本を読むのがラクになる方法を解説本記事では、読書に集中できない原因と集中するための方法について解説します。実際に、解決方を試せば、読書に集中できるようになります。読書に集中できな人のほとんどが、普段から本を読まないか慣れていないだけ。 ...

夜読書

夜読書をするなら、就寝前がおすすめです。

人は睡眠によって記憶を定着させているので、寝る前のインプットは記憶に残りやすいです。

よく聞く話ですが、寝る前にスマホやテレビを見るのはNGです。

PC・スマホ・テレビからブルーライトが出ています。寝る前にブルーライトを浴びることでサーカディアンリズムが乱れ、睡眠の質が下がります。

一方で、読書には以下のようなメリットがあります。

  • リラックス効果がある
  • 睡眠の質が上がり、スッキリ起きられる
  • インプットした知識が記憶に残りやすい

僕は寝る前にYouTubeをよく見ていましたが、読書をするようになってから気持ちよく起きられるようになりました。

睡眠の質を上げたい人は、寝る前に30分ほど読書してみてください。気持ちよく寝れますよ。

 Kindle Paperwhiteなら寝る前の読書にも最適

ブルーライトがほとんど出ないので目に優しく、防水機能付きなのでお風呂でも本を読めます。

どうしても「仕事終わりで疲れきっている」という人は、無理に読まなくてもOKです。

仕事を終えてクタクタだと、読書をしようというモチベーションにならないからです。

そんな時はいつもより早く寝て、朝読書を試してみてください。

スキマ時間読書

朝も夜も厳しい人は、スキマ時間を有効活用してみてください。

多くの人は「まとまった時間を確保しなければいけない」と考え、読書のハードルを上げています。

そして多くの人が口にする、「読書をする時間がない!」は言い訳です。

と言うのも、精神科医であり、ベストセラー作家でもある樺沢紫苑さんは、著書で以下のように述べています。

「読書したいけどその時間がない」というのは、読書ができない人に最も多い「言い訳」です。 (中略) 私は月30冊本を読みますが、全てスキマ時間だけで読んでいます。

引用:『読んだら忘れない読書術』著・樺沢紫苑

実際に、著者が読書にあてている時間のほとんどが移動時間。電車移動中や待ち時間などのスキマ時間だそうです。

忙しいビジネスパーソンでも、毎日の移動時間(スキマ時間)は1時間以上あるかと思います。

いきなり20〜30冊読むのはしんどいと思うので、週1冊でもいいから読む習慣をつけましょう。

超多忙な樺沢紫苑さんが、どのように大量のインプット・アウトプットしているのか気になる人は、以下の書籍が参考になります。

スキマ時間には、聴く読書“Audible”がおすすめ

Audible

スキマ時間を有効活用したいなら、Audibleなどのオーディオブックが最適です。

オーディオブックとは、プロのナレーターが朗読してくれた本をアプリで聴けるサービスです。

これなら音楽を聴くように読書ができ、習慣化することができます。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

読書は習慣化することが大事

今回は、読書に最適な時間帯&読書時間を確保するコツについて紹介しました。

生活を見直せば無駄な時間に気づき、読書に時間をあてることができるかと思います。

そしてスキマ時間を使えば、誰でもたくさんのインプットが可能になります。

ぜひ自分の生活スタイルにあった読書法を取り入れてみてください。

今回は以上です。