読書

読書に最適な3つの時間帯【読書時間を確保するコツ】

疑問

読書するのに最適な時間帯っていつだろう?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やすです。年間100冊以上の本を読んでいます。

忙しい人でも、上手に読書時間を確保することができます。せっかく読書するなら効果的に読書をしたいと考える人は多いと思います。

読書は知識が身に付いたり、想像力が鍛えられるだけでなく、ストレス軽減効果もあることがわかっています。

本記事では、読書に最適な3つの時間帯を紹介します。

日本人の読書時間ってどのくらい?

読書に最適な時間帯を紹介する前に、日本の社会人と大学生の読書平均時間などを紹介します。

社会人の読書時間

20代(男性44%、女性48%)の人が、ひと月当たり1冊も本を読んでいません。(参考:honto

日本人男性(20〜40代)の1日の平均読書時間

  • 20代男性|39分/日
  • 30代男性|32分/日
  • 40代男性|29分/日

日本人女性(20〜40代)の1日の平均読書時間

  • 20代男性|32分/日
  • 30代男性|34分/日
  • 40代男性|25分/日

日本人の多くが読書をしていない、本を読むだけで過半数に入れてしまいます。

上記の平均読書時間を見て多いと感じるのか、少ないと感じるのか人それぞれだと思います。

1日に30分読書するだけで日本人の平均時間になります。これはスキマ時間を上手に使えば、カンタンに超えられる。

大学生の読書時間

大学生の1日の読書平均時間は以下です。

大学生の1日の読書平均時間は、32.1分。全く読書しない人は、47.2%

大学生には時間はあるが、読書をしている人は社会人より少ない結果となっています。

たとえば、マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏、世界一の投資家、ウォーレン・バフェット、テスラ自動車のCEOイーロン・マスク氏などは若い頃から読書をする習慣があり今でも読書家として知られています。

読書が全てではありませんが、読書することでお金を稼ぎ人生を変えている人が多いことがわかります。

読書に最適な3つの時間帯

結論から言うと、読書する時間は朝か夜のどちらか2つ。ただ朝と夜ではメリットが異なります。

忙しい人はスキマ時間を上手に使うだけで、読書時間を意識的に確保する必要もありません。

大事なのは無理せず続けることなので、生活リズムに合わせましょう。

朝の読書

1日の中で、最も集中力がある状態で読書できるのは、朝の時間帯です。

夜寝ている間に頭の中の記憶が整理されるので、朝は頭の中がスッキリしています。

なので新しい情報を吸収しやすいため、ビジネス書や実用書など、難しい本を読むのに適しています。

朝食前の空腹な状態だと、より集中力が高まります。

他にも、朝起きて本を読むことを習慣にすると、自然と早寝早起きもでき一石二鳥。

朝の時間を上手に使えば健康的にもよく生産性が上がります。

夜の読書

人は寝ているときに、記憶を整理して定着させています。

本の内容を覚えたい場合、就寝前の読書がおすすめです。朝さらっと読み返すだけでより記憶に定着します。

他にも寝る前の読書は睡眠の質を上げてくれます。寝る前に、スマホで動画・SNSやTVを見ていませんか?

スマホ・タブレット・PC・テレビからはブルーライトが出ています。寝る前にブルーライトを浴びることでサーカディアンリズムが乱れ、睡眠の質が下がります。

筆者も寝る前によくスマホでYouTubeを見ていましたが、読書するようになってから明らかに睡眠の質が上がり、気持ちよく朝起きられます。

読書にはリラックス効果もあるので、情報をインプットしつつ睡眠の質まで上げてくれます。

就寝前の読書に紙の本もいいですが、電子書籍端末での読書もおすすめ

Kindle Paperwhiteなら、ブルーライトがほとんど出ないので目に優しい。防水機能付きで、お風呂でゆっくり読書もできます。

睡眠の質を上げたい方は、寝る前に30分ほど読書してみてください。気持ちよく眠りにつくことができます。

スキマ時間の読書

ビジネス書を多数執筆し、月に20~30冊も本を読む読書家でもある精神科医の樺沢紫苑氏は、本の中で以下のように述べています。

「読書したいけどその時間がない」というのは、読書ができない人に最も多い「言い訳」です。 (中略) 私は月30冊本を読みますが、全てスキマ時間だけで読んでいます。

引用:「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑

実際に著者が読書に充てているスキマ時間は、ほとんどが移動時間。電車移動中や待ち時間など。

多くの忙しいビジネスマンでも、日頃の移動時間(スキマ時間)は1日当たり1時間以上あると思います。

いきなり月に20〜30冊読む読むのはしんどいと思うので、週に1冊でもいいから読む習慣をつけましょう。

スキマ時間の15分だからこそ1時間読書するよりも集中して内容も覚えやすいです。

精神科医でもあり多忙な著者(樺沢氏)が、どのように大量のインプット・アウトプットをしているのか気になる方は以下の書籍をチェックしてみてください。

そもそも読書する時間がないと言っている人は、大抵何かしら理由をつけて本を読もうとしていないだけです。

忙しい人ほど本を読む時間を確保して、仕事やプライベートに活かしています。

大事なのは読書を習慣化すること

今回は、読書するのに最適な時間帯について紹介しました。

まとめると、

  • 朝の読書は、頭がスッキリした状態で集中して読めるため、新しい情報や知識を身につけるのにおすすめ。
  • 夜の読書は、寝る前に読むことで記憶に定着しやすいため、情報をインプットしたい本を読むのがおすすめ。
  • 忙しい人は、スキマ時間を上手に使って読書していきましょう。

読書に最適な時間帯について紹介しましたが、大事なのは読書を習慣化することです。

スキマ時間の読書におすすめのサービスが以下の2つです。

  • Audible
  • Kindle Unlimited

Audible

Audible

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

オーディオブックの最大のメリットは、手と目が空くので、いつでもどこでも“ながら聴き”できることです。

例えば、

  • 家事をしながら
  • 運動しながら
  • 支度しながら
  • お風呂に入りながら
  • 通勤中に

これらのスキマ時間を読書時間に変えることができます。

繰り返し聴けるし、速度も調整できるので内容をインプットするのに最適。

Audibleでは、30日間の無料体験+最初の1冊が無料になるキャンペーンを行っています。

期間内に退会すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験で気になる作品を聴いてみてください。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)の口コミ・評判まとめ【実際に使った感想・レビュー】Audibleの無料体験について知りたい!オーディオブックに興味があるけど実際どうなのか知りたい!こんな疑問に答えています。Audibleの無料体験をして感じたメリット・デメリットや使い方について解説しています。...

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedとは、Amazonが提供する国内最大級の電子書籍読み放題サービス(サブスクリプション)です。

好きな端末(スマホ・タブレット・PC・Kindle端末)で、いつでもどこでも200万冊以上(小説・ビジネス書・実用書・漫画・雑誌など)の本を読めます。

拾い読み(スキミング)の練習にも最適。たとえばビジネス書は1冊1,500〜2,000円くらいするので、もったいないと思い読み切ろうとする。

ですが読み放題サービスなので、気軽に拾い読みできるし、必要ない箇所はガンガン飛ばして読めます。

Kindle Unlimitedでも、30日間の無料体験を行なっています。期間内に退会すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験から試してみてください。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

Kindle Unlimitedとは?口コミ・評判まとめ【実際に使った感想・レビュー】この記事では、Kindle Unlimitedを実際に使ってみてわかったメリット・デメリットや口コミ・評判についてまとめました。Kindle Unlimitedの登録を考えている方や書籍の読み放題サービスを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 ...