BLOG

【プラグイン】Google XML Sitemapsの使い方・設定方法をわかりやすく解説

プラグインXML Sitemaps

悩み

自分のサイトを検索エンジンにしっかり認識させたい

こんな悩みを解決します。

【プラグイン】Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

XMLサイトマップは、自分のサイト構造を検索エンジンに認識させることができます。

本記事の内容

  • Google XML Sitemapsとは?
  • Google XML Sitemaps導入・インストール
  • Google XML Sitemapsの設定方法・使い方
  • Googleサーチコンソールにサイトマップを送信

サイトを認識してもらうためには、サイトマップは必須です。記事公開やリライトの度に毎回手動でやるのは大変です。

そこで、すべて自動でやってくれる【プラグイン】Google XML Sitemapsが便利です。

Google XML Sitemapsとは?

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsとは、検索エンジンのクローラーがサイトを巡回する際に重要なXMLサイトマップを自動生成できるプラグインです。

クローラーとは、Webサイトを巡回して検索エンジン(Google、Yahoo!など)に反映させます。

サイトマップとは、検索エンジンにサイト構造を正しく伝えるためのファイルです。

1度設定しておけば自動で更新され、定期的にクローラーが読み取り、SEOの内部対策にもなります。

サイトマップを送信することは、サイトを最適化する上で重要な要素の一つです。サイトマップを送信することで、あるサイトに存在するすべての URL を検索エンジンが発見できるようになり、ページの内容が変更された時に素早くダウンロードすることが可能になります。

引用:XML サイトマップと RSS/Atom フィードのベストプラクティス

サイトマップが設定されていないと、記事を公開しても検索結果に反映されるまで時間がかかります。

素早くコンテンツを認識してもらうためにも必要。

Google XML Sitemapsの導入・インストール

Google XML Sitemapsインストール

WordPressの管理画面から、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

右上の検索窓に「XML Sitemaps」と入力し、「今すぐインストール→有効化」をクリックします。

※名称が「Google XML Sitemaps」から「XML Sitemaps」に変わりました。

以上で、インストールと有効化の完了です。

Google XML Sitemapsの設定方法・使い方

Google XML Sitemapsの設定は、簡単ですぐに終わります。

WordPressの管理画面から「設定→XML Sitemaps」をクリックして各種設定していきます。

基本的な設定

Google XML Sitemapsの設定方法

ブログで記事を新しく公開、更新する度に Google・Bingに通知され、素早くインデックスされることが期待できます。

サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」では、サイトマップの場所を検索エンジンに伝えることができます。

画像の上3つにはチェックを入れておきましょう。高度な設定は、デフォルトのままでOKです。

投稿の優先順位

Google XML Sitemapsの設定方法

優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れると、自動計算を無効にして自分で優先順位を決められます。

Sitemap コンテンツ

Google XML Sitemapsの設定方法

Sitemapコンテンツでは、以下4つにチェックを入れてください。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事を含める)
  • 固定ページを含める
  • カテゴリーページを含める

コンテンツとして重要なページだけを認識させることができます。クロールの必要がなければ適宜チェックを外しましょう。

Change Frequencies

クローラーが巡回する目安を設定することができます。あくまでもヒントなので絶対的な命令ではありません。

Google XML Sitemapsの設定方法

ブログ運営をしているなら、投稿(個別記事)の頻度は「毎日」に設定。

更新頻度が高いものは「毎日」に設定してクローラーに認識してもらう頻度を上げましょう。

優先順位の設定 (priority)

Google XML Sitemapsの設定方法

優先順位の設定では、0.0〜1.0までの範囲を指定できます。数値が高いほど優先度が上がります。

たとえば、毎日更新しているブログの場合、「投稿(個別記事)」を1.0にしたり、カテゴリーページを作り込んでいる場合、「カテゴリー別」の数値も上げるのがおすすめ。

全ての設定が終わったら忘れずに「設定を更新」をクリックしてください。

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信することで、よりGoogleのクローラーがサイトを見つけやくなります。

Googleサーチコンソールにアクセスします。

Google XML Sitemapsの設定方法

インデックス→サイトマップ」をクリックして、設定したサイトを選択します。

新しいサイトマップの追加の欄に「sitemap.xml」と入力して「送信」をクリックします。

ステータス欄に「成功しました」と表示されれば、提携の完了です。

まとめ

今回は、【プラグイン】Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を解説しました。

「XML Sitemaps」を設定しておけば、検索エンジンのクローラーにサイトを効率よく巡回してもらえます。

インストール&有効化するだけでも機能を発揮するので、ぜひ入れてみてください。

細かい設定も難しくなく、初心者でもカンタンにできます。

WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグインまとめ 疑問 WordPressテーマ「JIN」を使っているけど、どんなプラグインを入れるべきか知りたい こんな疑問に...