BLOG

ブログに疲れた時の対処法【2ヶ月ブログを休んだ実体験あり】

ブログに疲れた時の対処法

悩み

ブログに疲れた…。記事を書いても書いても全然読まれないし、やる気がでない。

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、ブログに疲れたらソッコー休もう。無理に書いても、良い記事は書けないし余計に辛くなるだけです。

本記事の内容

  • ブログに疲れたら何も考えずに休もう
  • ブログに疲れたときの対処方
  • ブログに疲れても適当な記事を書くのはよくない

私自身、100本以上の記事を書いてきましたが、今でも記事を書くのはしんどくて疲れます。

ブログ記事を書くのって思っている以上にハードです。3ヶ月目が1番辛くて、全くパソコンに触らない状態が2ヶ月ほど続きました。

そんな私が、ブログ休止中にやってよかったこと(対処法)を紹介します。

本記事を読めば、自分だけじゃなくみんなが通る道だとわかるし、ブログに疲れた時の対処法がわかります。

ブログに疲れたら何も考えずに休もう

冒頭でもお話したように、ブログに疲れたらすぐに休みましょう。

ブログで大切なのは継続することです。継続するにはモチベーションも必要になってきます。

「疲れたなぁ…」と感じつつ無理に記事を書いていると、燃え尽きて後戻りできなくなります。

実際に、私がブログの記事更新を2ヶ月休止した体験談と有名なブロガーさんのツイートもあわせて紹介します。

【実体験】ブログを2ヶ月休んだら復帰できた

2020年12月から、約2ヶ月ほどブログ更新を休止していました。

ブログに疲れたと感じるのは、ある程度ブログ運営をしてからだと思います。よく言われるのが魔の3ヶ月、この時期を境に辞めていく人が多いからです。

私も、ちょうどその時期にブログ更新が途絶えました…。当時の心境としては、以下のような状態でした。

  • 副業でやっているため時間が限られ、好きなことができないストレス
  • 初めてのブログ挑戦で知識がない中、Twitterで圧倒的な速さで成果を出している人をみて萎える

ブログ更新を休んでいる時は、読書や映画を見て楽しんだり、友達と飲みに行ったりして過ごしていました。

そんな中でもブログのことは頭の片隅にあり、マナブさんのYouTubeや他インフルエンサーの副業関連の動画を見ていました。

2ヶ月後、「またブログを書きたいな」と純粋に思えるようになり復帰しました。

有名なブロガーさんも感じている

上記のように、トップブロガーのTsuzukiさんもブログを1ヶ月ほど、休止していたようです。

上記のように、成果がでていようとブログに疲労感を感じるようです。

そもそも文書を書くこと自体、かなりハードな作業です。さらにブログで成功するまでの道のりも長く、まるで「暗いトンネルの中を1人で歩いている」ような感覚になります。

辞めさえしなければ、ブログを休むのは成功までの過程の一部となります。

ブログに疲れたときの対処方

ブログに疲れたときの対処法を、3つ紹介します。

  1. 読書をする
  2. 映画やアニメを見尽くす
  3. スキル習得や違う副業にチャレンジする

1つずつ解説していきます。

①読書をする

読書はリラックス効果があるだけでなく、後々ブログ運営にも活かせます。

注意点として、ブログ関連の書籍を読むのはおすすめできません。ブログに疲れているのに、精神的によりしんどくなります。

小説がおすすめです。個人的に好きな作家さんは、村上春樹さんで「1Q84」や「ノルウェイの森」という作品が好きです。

1回読んだだけでは理解できないような難しい作品が多いのですが、時間を忘れるほど、引き込まれるような魅力があります。

普段あまり本を読まない人は、読書習慣を身につける4つの方法【まだ間に合う】を参考にしてください。

②映画やアニメを見尽くす

副業でブログ運営をしていると、見たいアニメや映画が溜まっていきます。

おすすめのアニメ・映画は、以下の5つです。

  1. 「インターステラー」(2014年)
  2. 「マイ・インターン」(2015年)
  3. 「ラ・ラ・ランド」(2017年)
  4. 「聲の形」(2016年)
  5. 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(2020年)

落ち込んで元気がないときに、前向きな気持ちになったり心が温まるような映画です。

映画なら「ラ・ラ・ランド」、アニメなら「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がとくにおすすめです。どちらも心に刺さり泣ける映画です。

筆者

動画配信サービス(VOD)の無料体験を利用して、アニメ・映画を一気に見ました。①と③は「U-NEXT」で無料で見れますよ。

③スキル習得や違う副業にチャレンジする

以下のようなスキル習得や副業へのチャレンジは、記事のネタになります。

  • せどり
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webライティング

たとえば、Webライティングを学んで、クラウドソーシングで実際にお金を稼ぐ。そのやり方や勉強方法をブログで発信することもできます。

興味のあることを学びつつ専門性も高まり、ブログ発信することでよりオリジナリティを出せます。

筆者

Webライターを始めるなら「クラウドワークス」「ランサーズ」「クラウドテック」がおすすめです。

ブログに疲れてもテキトーな記事を書くのはよくない

ブログに疲れてしまっても、適当な記事を書くのはよくありません。

なぜなら、記事1つ1つの積み重ねがブログの価値となり評価されるからです。

  • 次の記事の質も下がる
  • モチベーションが下がる
  • Googleからの評価が下がる

手を抜いた記事を書くと、上記のようなデメリットがあります。

またブログ記事を書く手間も無駄になるし、読者も減る可能性があり、負のサイクルに陥ってしまいます。

熱意を持って読者に価値提供するだけ

ブログを継続するためのコツは、熱意を持って取り組むことです。

この記事の読者が「どんなことを知りたいのか」を考え抜いて、悩みが解決するような記事に仕上げます。

読者の不安や悩みを解消して、前向きな気持ちにできればブログ冥利につきます。

「小さなことでも誰かの役にたっている」という実感が、熱意やモチベーションを爆上げしてくれます。

ブログに疲れたら全力で他のことを楽しもう

今回は、ブログに疲れた時の対処法について解説しました。

  1. 読書をする
  2. 映画やアニメを見尽くす
  3. スキル習得や違う副業にチャレンジする

ひとまずブログのことは忘れて、上記のようなことで楽しみつつリフレッシュしましょう。

私の場合、2ヶ月くらいブログから離れたら復帰することができました。

「休止中は、心の底から記事が書きたくなったら再開してみよう」くらいのスタンスだったので、気が楽でした。

無理せずに、自分のペースでコツコツ続けることが大切です。継続は力なり!

おわり