BLOG

【画像圧縮プラグイン】EWWW Image Optimizerの設定方法・使い方

EWWW Image Optimizerの使い方・設定方法

悩み

サイトの表示速度を改善したい

こんな悩みを解決します。

こんにちは、やす(@yasublog_1995)です。

ブログで記事を書くときにアイキャッチや見出しの下に画像を使っていて、書くたびに枚数が増えていきます。

画像ファイルは、サイトの表示速度に影響を与えます。

画像ファイルを圧縮しないまま使用していると、サイトが重くなり読者の離脱率が高まります

そこで画像ファイルを圧縮してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」がおすすめ。

本記事の内容

  • EWWW Image Optimizerとは?
  • EWWW Image Optimizerの導入・インストール方法
  • EWWW Image Optimizerの設定方法
  • EWWW Image Optimizerの使い方
  • さらに画像を圧縮する方法

画像付きでわかりやすく解説します。

この記事を読めばEWWW Image Optimizerの設定方法・使い方がわかり、カンタンに画像圧縮でき、サイトの表示速度が改善されます。

EWWW Image Optimizerとは?

EWWW Image Optimizer

「EWWW Image Optimizer」とは、画像を劣化させることなく圧縮してくれるプラグインです。

新しい画像をWordPressにアップロードしたとき、自動で圧縮してくれるだけでなく、すでにアップロードしている画像も一括圧縮できるので便利。

記事の中で多くの画像を使用している人ほど、画像を圧縮したときにメリットを感じられます。

設定方法や使い方がカンタンなので、ブログ初心者にも優しいです。

EWWW Image Optimizerの導入・インストール方法

EWWW Image Optimizerインストール

WordPressの管理画面から、「プラグイン→新規追加」をクリックします。

右上の検索窓に「EWWW Image Optimizer」と入力し、「今すぐインストール→有効化」をクリックします。

※「EWWW Image Optimizer Cloud」は英語版なので、「EWWW Image Optimizer」を利用しましょう。

以上で、インストールは完了です。

EWWW Image Optimizerの設定方法

EWWW Image Optimizerで画像を最適化するには、事前設定が必要です。

WordPressの管理画面から、「設定 → EWWW Image Optimizer」をクリックします。

EWWW Image Optimizerの設定

設定項目が表示されます。

基本設定にある「Enable Ludicrous Mode」をクリックすることで、より詳しい項目設定ができるようになります。

基本設定

EWWW Image Optimizerの設定

基本設定では、「メタデータを削除」にチェックを入れてください。

メタデータとは、画像に付いてくる撮影場所やカメラ情報などのデータです。

設定が終わったら忘れずに「変更を保存」をクリックしましょう。

※他の高速化プラグインで画像の遅延読み込みを設定していなければ、「遅延読み込み」にチェックを入れてください。

変換設定

EWWW Image Optimizerの変換設定

変換設定では、「変換リンクを非表示」にチェックを入れてください。

画像の拡張子が自動変換され、画像の質が下がってしまう可能性を防いでくれます。

設定が終わったら忘れずに「変更を保存」をクリックしましょう。

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizerの使い方は、以下の2つです。

  • 新しくアップロードする画像の圧縮
  • 過去にアップロードした画像の最適化

新しくアップロードする画像の圧縮

EWWW Image Optimizerを有効化していると、アップロードした画像は全て自動で圧縮してくれます。

EWWW Image Optimizerで画像圧縮

WordPressの管理画面から「メディア→ライブラリ」をクリックすると、画像ファイルがどのくらい圧縮されているのか確認できます。

上記では30〜70%の圧縮率、大幅に削減できています。

過去にアップロードした画像の最適化

一括最適化という機能を使うことで、過去にアップロードした画像をまとめて圧縮することもできます。

EWWW Image Optimizerで一括最適化

WordPressの管理画面から「メディア→一括最適化」をクリックします。

EWWW Image Optimizerで一括最適化

最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

EWWW Image Optimizerで画像を一括最適化

スキャンが終わったら、「○○点の画像を最適化」をクリックすると、過去にアップロードした画像圧縮が始まります。

画像が多いと時間もその分かかります。一括最適化が終わると、「完了」と表示されます。

さらに画像を圧縮する方法

さらに画像を圧縮したい場合、WordPressに画像をアップする前に、画像圧縮サイトを利用するのがおすすめ

「画像圧縮サイトで圧縮→EWWW Image Optimizerで最適化」する流れがベスト。

無料で使える画像圧縮サイトは、以下の2つが有名です。

個人的には「Optimizilla」の方が、日本語にも対応していて使いやすかったです。

Optimizillaの使い方

アップロード」をクリックするか、直接ドラッグ&ドロップすることで、ファイルをアップロードできます。

Optimizillaの使い方

圧縮が終わったら、「ダウンロード」をクリックして、画像をダウンロードできます。

圧縮前:187KB→圧縮後:68KB(−64%)

上記のように、60%以上圧縮することができました。

ブログ画像の圧縮・リサイズ方法については「ブログ画像の容量をリサイズ・圧縮する方法をわかりやすく解説【無料でサイト高速化】」で詳しく紹介しています。

まとめ

今回は、WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法や使い方について解説しました。

サイトの表示速度を上げることで、読者の離脱率も低くなりSEOにも強くなります。

地味な作業ですが、めんどくさがらずに表示速度の改善をしていきましょう。

「EWWW Image Optimizer」は設定から使い方までカンタンにできるので、ぜひ試してみください。

WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグインまとめ 疑問 WordPressテーマ「JIN」を使っているけど、どんなプラグインを入れるべきか知りたい こんな疑問に...