ブログ

ブログ記事に最適な文字数は存在しない【長文がSEOに効果あり?】

ブログ記事に最適な文字数は?

疑問

ブログ記事に最適な文字数を知りたい。文字数が多いほどSEOで有利になるの?

こんな疑問に答えます。

結露から言うと、ブログ記事に最適な文字数は存在しません。

とは言え、上位表示されているブログ記事を見ると、長文であることが多いです。

そこで本記事では、ブログ記事に最適な文字数、SEOとの関係について解説します。

この記事を読めば、文字数に惑わされず、SEOに強い記事を書けるようになりますよ。

※まだ、WordPressブログを開設していない人は、【2022年】WordPressブログの始め方を初心者にもわかりやすく解説をどうぞ。

ブログ記事に最適な文字数は存在しない

ブログ記事に最適な文字数は存在しない

結論から言うと、ブログ記事に最適な文字数は存在しません。

と言うのも、ブログ記事が上位表示されるかは文字数ではなく、記事の品質で決まるからです。

また、SEOキーワードによって、最適な文字数も変わってきます。

Googleは文字数で検索順位を決めていない

Googleのジョン・ミューラー氏が、Twitterで「文字数は検索順位に影響しない」と明言しています。

「Word count is not indicative of quality(単語数は品質を示すものではありません)」とあるように、使われる文字数によって、記事の品質は左右されません。

つまり、「最低〇〇文字以上書いておけば、絶対に上位表示される」といった話は、デタラメなので無視してOKです。

重要なのは読者ファーストな記事を書くこと

文字数ではなく、読者ファーストな記事を書くよう心がけましょう。

なぜなら、読者の抱えている悩みや問題を解決できればOKで、結果として文字数は変わってくるからです。

極端な話、1,000文字程度でも、検索意図を満たした記事であれば問題ありません。

たとえば、下記キーワードの検索意図は、

  • ブログ 文字数:最適な文字数を知り、SEOで上位をとりたい
  • ブログ ネタがない:ネタの探し方を知り、ネタ切れを回避したい
  • ブログ テーマ 選び方:テーマの選び方を理解して、ブログで稼ぎたい

このように想定でき、あとは検索意図に沿って記事を書いていくだけです。

そうすれば、記事の質も上がり、Googleからも評価されますよ。

文字数は上位記事を参考にしよう

SEOに文字数は関係ありませんが、具体的な文字数を知りたい人は、上位記事を参考にしましょう。

たとえば、「ブログ 記事 文字数」というキーワードの上位10記事の平気文字数は、7861文字です。

つまり、読者の検索ニーズを満たした記事を作成するには、平均8,000文字ほど必要だとわかります。

もちろん、ただ文字数を稼げばいいのではなく、しっかりと検索意図を満たす必要があります。

詳しくは、SEOにおける検索意図の重要性について【コンテンツに活かす方法】をご覧ください。

上位表示されているブログ記事に長文が多い理由2つ

ここまで、文字数と検索順位は関係がないと解説しました。

しかし、実際に上位表示されているブログ記事を見ると、長文が多いことも事実です。

では、なぜ長文がSEOで評価されるのかを解説していきます。

理由①:読者のニーズに応えているから

読者のニーズに応えた結果、自然と文字数が多くなっていきます。

つまり、必要な情報を網羅することで、結果的に文字数が多くなり、SEOに強いコンテンツになっています。

たとえば、下記キーワードの平均文字数は、こんな感じです。

  • 「ブログ 記事 書き方」:9698文字
  • 「WordPress ブログ 始め方」:21986文字
  • 「アフィリエイト おすすめ ツール」:10350文字

このように、SEOと文字数に関係はないですが、読者の悩みを解決するためにはある程度のボリュームも必要になります。

あくまでも読者ニーズを満たすのが目的であって、文字数は手段でしかありません。

理由②:関連キーワードが多く含まれるから

関連キーワードとは、検索キーワードに関連した、または連想されるキーワードのことです。

たとえば、「プログラミング」というキーワードの場合、「プログラミング 言語」「プログラミング スクール」などが関連キーワードになります。

網羅的な記事を書いていけば、必然的に関連キーワードも含まれるようになります。

そして、より幅広い検索ニーズに応えることでアクセスが増え、SEOで評価されます。

SEO効果を高めるブログ記事の書き方

つぎに、SEO効果を高めるブログ記事の書き方を解説していきます。

読者のニーズを明確にする

読者のニーズを明確にすれば、質の高い記事を書くことができます。

具体的には、過去の自分や身近な人をイメージして、記事を書いてみてください。

自分が書きたい内容ではなく、読者が知りたい情報を徹底的に追求しましょう。

1記事1キーワードを意識する

1記事に対して1キーワードを意識しましょう。

なぜなら、1つの記事に複数のテーマがあると、何を伝えたいのかわからない記事になるからです。

また、なんのニーズも満たすことができず、SEOで評価されない記事になってしまいます。

記事ごとに、SEOキーワードをしっかり選定しましょう。

関連記事:SEOキーワードの選び方を初心者にもわかりやすく解説

オリジナリティを意識する

上位記事をただコピペするのではなく、オリジナリティを意識しましょう。

と言うのも、Googleはオリジナリティのあるコンテンツを評価するからです。

競合記事を参考にしつつ、自分の体験談や独自のデータなどを加えて書いてみてください。

読みやすい文章を心がける

誤字脱字は当たり前ですが、同じ表現、言い回しなどにも注意しましょう。

読者は読みにくい記事だと判断したら、すぐに離脱してしまうので、ぱっと見の印象も重要です。

読者がスムーズに読めるよう心がけ、実際に音読して確認しましょう。

定期的にリライトする

定期的なリライトは、SEO効果があり検索順位が上がりやすいです。

具体的には、記事を公開してから2〜3ヶ月ほど経過していて、検索順位が50以内のものがベストです。

新記事を書くよりも、SEO効果がありますよ。

ブログ記事をリライトしてSEO効果を高めるコツを徹底解説 悩み ブログ記事の具体的なリライト方法やタイミング、コツを知りたい。 こんな悩みを解決します。 ...

まとめ:ブログ記事は文字数よりも質が重要!

まとめ:ブログ記事は文字数よりも質が重要!

今回は、ブログ記事に最適な文字数についてまとめました。

ブログ記事に最適な文字数は存在せず、キーワードによって必要な文字数も変わってきます。

つねに読者ファーストを意識していれば、自然とクオリティーの高い記事になるかと思います。

おわり

ブログ記事の文章構成を作る7つの手順【初心者でも悩まず書ける】
ブログ記事の文章構成を作る7つの手順【初心者でも悩まず書ける】本記事では、ブログ記事の文章構成を作る7つの手順を解説しています。この記事を読めば、ブログ初心者でも悩まずにスラスラと記事を書けるようになります。文章構成は、読まれるブログ記事に必須です。...