読書

【厳選】伊坂幸太郎のおすすめ小説15選|初心者におすすめの人気作品

伊坂幸太郎のおすすめ小説【初心者におすすめの人気作品】

疑問

伊坂幸太郎さんのおすすめ小説を知りたい。たくさん出版されていて、どれから読めばいいかわからない。

こんな悩みに答えます。

伊坂幸太郎さんの作品の多くが映像化され、本を読まなくても名前を聞いたことがある人は多いかと思います。

あっと驚くような伏線回収や、テンポ感のいいストーリー展開で、初心者にも読みやすい作品が多数あります。

また、個性的な登場人物がいたり、同一キャラが他の作品に登場するなど、気づいたら“伊坂ワールド”に引き込まれています。

何度も読むことで伏線に気付けたり、作品を横のつながりでも楽しめるような作家さんです。

本記事では、伊坂幸太郎さんの小説をまだ読んだことがない人に向けておすすめ作品を紹介します。

すでに読んだことがある人は、つぎに読む作品の参考にしてみてください。

伊坂幸太郎のおすすめ小説15選

伊坂幸太郎のおすすめ小説15選

さっそく、伊坂幸太郎さんのおすすめ小説15冊を紹介していきます。

AX アックス

あらすじ

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。

兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。

引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

口コミ

殺し屋なのに恐妻家で、妻に頭が上がらない、という設定が面白い。過去シリーズのキャラクターがちょくちょく出てくるのも嬉しい。

物語の展開の仕方はやはり伊坂さん、グイグイ引き込まれます。兜は、怖くても愛してたんだろうな、奥さんのこと。楽しくて切ない、そんな物語。

グラスホッパー

あらすじ

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。

どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。

一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。

それぞれの思惑のもとに「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。

口コミ

鈴木、鯨、蝉。他にもさまざまな癖のある人物が登場し、ストーリーが心地よいスピードで転がっていく、著者のこのコメント=「喜劇なのか悲劇なのか、オフビートなのかサスペンスなのか、ハードボイルドやアクション小説とも、ミステリーとも普通小説とも言いづらい、不思議な小説」そのままの不思議で魅力的な小説です。

あえて付け加えれば「湿気の無さ」でしょうか。この気持ち良さは癖になりそう。早速、シリーズ次作の「マリアビートル」に取り掛かろうと思います。

アイネクライネナハトムジーク

あらすじ

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL。

人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。

情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

口コミ

登場人物の名前も多く、時代が行ったり来たりするので少々混乱するが、緩やかに全話繋がっているので、前の話で登場した人物が立場や年齢が変わりまたでてくると嬉しくなる。

ひとりのボクサーを取り巻く人たちの物語。伊坂氏自身も語るように恋愛要素が多い、作者としては珍しい部類の作品だが、通り一遍の恋愛小説ではなく、ウィットに満ち溢れ、人生観が散りばめられた、ほのぼのとした作品だった。

テンポも読後感も良く、晴れやかな気持ちになれた。

ゴールデンスランバー

あらすじ

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。

同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。

折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。

この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか。

口コミ

個人的には伊坂幸太郎の最高傑作。徐々に解き明かされていく伏線の消化が気持ち良い。

これ以後の作品は伊坂節が強くなりすぎる感じもあるので、伊坂幸太郎を初めて読む人はこの作品あたりかた始めると良いのではないかと思う。

マリアビートル 

あらすじ

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。

物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する。「グラスホッパー」に続く、殺し屋たちの狂想曲。

口コミ

東京から盛岡までの新幹線の中で起きるすったもんだだけでこんなにおもしろい話が書けるなんてすごい。

魅力ある登場人物ばかり(それもほとんど全員が殺し屋)で、それが右往左往して、逃げたり、困ったり、からんだり、戦ったり。

思いがけない人物が思いがけないところで登場して、それが最後にきれいにつながって、スカッとしました。

重力ピエロ

あらすじ

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。

その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。

連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。

そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは。

口コミ

最後で全ての物語がつながります。それまでの伏線が多くて、続きがきになり、長い本ですが一気読みしたくなります。

伊坂幸太郎さんは、大事なことを何回も繰り返してくれますし、本にたらばめられているユーモアもたっぷりで、本当に面白い本です。最後は泣いちゃうんじゃないかな。

アヒルと鴨のコインロッカー

あらすじ

大学入学のため引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。

初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。標的はたった一冊の広辞苑。

僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。

しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ。

口コミ

導入も奇妙。どんでん返しもある。それらの計算された部分も面白かったが、それ以上に終盤の切ない展開が最もよかった。読

バイバイ、ブラックバード

あらすじ

星野一彦の最後の願いは、何者かに〈あのバス〉で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。

そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気「上品」、これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。

ふたりのなんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー 。

口コミ

5股をかけている主人公は、巨体な《繭子》と共に、それぞれの女性との関係を精算に訪れるんだけど。解説を読むまで《繭子》の正体が何者か、気がつかなかった。

それでも、平易な文の中に、《主人公がみっともなくも繭子に抗えない様子》は輪郭として浮き出てきて、最後まで一気に読めた。

主人公に思わず同情するか、繭子の正論に共感するか、《観》が問われる現代らしいコミカル。

ラッシュライフ

あらすじ

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。

女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。

幕間には歩くバラバラ死体登場。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。

不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

口コミ

準レギュラーみたいな泥棒黒澤も出てくるし、実に井坂幸太郎らしいエッセンスが詰まった作品。

「現代の寓話」とは言い得て妙で、普通のミステリなどを期待してはいけない。恐らく「小説とはかくあるべし」と言う信念のある人に、伊坂幸太郎は向かない。

合わないと思ったら無理して読まない方が無難である。

砂漠

あらすじ

この一冊で世界が変わる、かもしれない。仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合った。

少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。

麻雀に勤(いそ)しみ合コンに励み、犯罪者だって追いかける。一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡で出来ていた。 

口コミ

普通の大学生たちの日々を描いた作品て、伊坂作品には珍しいな、と思って読み始めました。

でも、読み進めていくと、なにしろ登場人物たちが普通だけど普通じゃなく、ストーリーも普通っぽくはじまるけど普通じゃなくなっていくところが、さすが伊坂さんの作品。

引きこまれます。そして、論理的で、鳥瞰的な主人公が徐々に変化していくのが、面白い。

死神の精度

あらすじ

こんな人物が身近に現れたら、彼/彼女は死神かもしれません。

  • CDショップに入りびたる
  • 苗字が町や市の名前と同じ
  • 会話の受け答えが微妙にずれている
  • 素手で他人に触ろうとしない

1週間の調査の後、死神は対象者の死に「可」「否」の判断を下し、「可」ならば翌8日目に死は実行される。

ただし、病死や自殺は除外。まれに死神を感じる人間がいる。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う、6つの人生。

口コミ

はじめ題名を見たときは、え??怖い本なんじゃないかなと思いましたが、違いました。

死神が仕事の千葉が、もうすぐ死ぬことになる調査対象の人とともに過ごし、彼らに死を与える許可を出すかどうか決めるまでのお話です。

個人的には1話目と最終話のストーリーがリンクしているところが好きです。

魔王

あらすじ

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。

自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。

5年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。

口コミ

この頃の伊坂幸太郎さんって本から滲み出てくる主張が強いから、好み分かれるかな。

でも僕はこの作品好きだなぁ。ちょうど憲法改正的な動きも日本で起きてるし、これが2005年に書かれた作品だとは思えない。

オーデュボンの祈り

あらすじ

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。

江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。

嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。

無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか。

口コミ

点の伏線が最後に全てつながる爽快さ。残酷な箇所も悲しい箇所もあるが、軽やかなユーモアと人間味が全体を温かい作品にしていると思う。伊坂幸太郎さんの全てが詰まっている。

オー!ファーザー

あらすじ

父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。

個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。

多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。

口コミ

こんな父親になりたい!と思えるような(思えないような)魅力的で憧れる父親ばかりで、読んでいて熱くなれる本でした。

ペッパーズ・ゴースト

あらすじ

中学の国語教師・檀は猫を愛する奇妙な二人組が暴れる小説原稿を生徒から渡される。

さらに檀は他人の未来が少し観える不思議な力を持つことからサークルと呼ばれるグループに関わり始め。

作家生活20周年の集大成となる一大エンターテインメント長編。

口コミ

久々に読むのが止まらなくなった。集大成というよりも「いいとこ取り」という印象。

特に強く感じたのは『魔王』『マリアビートル』『モダンタイムス』『ゴールデンスランバー』『チルドレン(のバンク)』ってとこかなー。

伊坂幸太郎のおすすめ小説を無料で読む方法

今回紹介した伊坂幸太郎さんの小説を無料で読む方法を紹介します。

それはAudible(オーディブル)という、Amazonが提供するオーディオブックサービスを利用する方法です。

Audible

プロのナレーターや声優が朗読した本をアプリで聴けて、音楽を聴くように読書ができます。

そんなAudible最大のメリットは、作業しながらでも読書ができる”ながら聴き”にあります。

忙しい人でも、筋トレ中や通勤中などのスキマ時間に本を楽しめますよ。

はじめてAudibleに登録する人は、30日間の無料体験ができます。

まずは無料体験から、気になる作品を聴いてみてください。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

関連記事:【ガチレビュー】Audibleを使ってみた感想、気になる評判・口コミを紹介!

伊坂幸太郎の映像作品を無料で見る方法

さいごに、伊坂幸太郎さんの映像作品を無料で視聴できる方法を紹介します。

それは動画配信サービス(VOD)のU-NEXTを利用する方法です。

U-NEXT

U-NEXT月額2,189円(税込)で、24万本以上の作品が見放題。動画配信サービスの中では最大級の作品数です。

また、別途料金はかかりますが「レンタル作品」を購入すれば、話題の最新作も視聴できます。

そして、動画だけでなく漫画や雑誌も読み放題で、雑誌なら140誌以上が読めますよ。

映像コンテンツだけでなく電子書籍も楽しめる、便利で暇つぶしに最適なサービスとなってます。

U-NEXTでは、31日間の無料体験ができます。期間内なら見放題・読み放題コンテンツを自由に楽しむことができます。

まずは無料体験に登録して、気になる作品を見てみてください。

\初回登録31日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

まとめ:伊坂幸太郎のおすすめ小説15選

まとめ:伊坂幸太郎のおすすめ作品15選

今回は、伊坂幸太郎さんのおすすめ小説を初心者向けにまとめました。

さまざまな伏線が張り巡らされ、それをすべて巧みに回収するさまは、読んでいて最高に気持ちいい瞬間です。

また、個性的なキャラクターや緻密に練られたストーリー展開など、飽きることなく読み進められます。

そして、初心者でも読みやすい作品がたくさんありますよ。

気になる作品があれば、ぜひ手に取ってみてください。

おわり

東野圭吾のおすすめ小説【初心者におすすめの人気作品
【厳選】東野圭吾のおすすめ小説10選|初心者におすすめの人気作品本記事では、東野圭吾さんの小説を読んだことがない人に向けて、おすすめ作品を紹介しています。東野圭吾さんの小説はミステリーを中心に幅広く(社会派、青春など)、映像化・ドラマ化された作品も数多くあります。 ...