BLOG

ブログで100記事書くと稼げる?【量よりも質が大切】

ブログで100記事書くと稼げる?

疑問

最近、WordPressでブログを始めました。ブログで100記事書いたら稼げるって聞いたけどホント?

こんな疑問に答えます。

ブログを始めたら、とりあえず100記事書こう」という話を、よく耳にすると思います。

100記事書けば稼げると思って、適当な記事を量産するだけでは意味がありません。時間と労力の無駄になってしまいます。

結論から言うと、100記事書いても稼げるわけではないけど、ブログで稼いでいくためのスタート地点にようやく立てるといった感覚です。

本記事の内容

  • 【結論】ブログで100記事書いても稼げるようにならない
  • ブログで100記事書くメリット
  • ブログで100記事書くときに注意すること
  • ブログを100記事まで継続するためのコツ

私自身、約1年かけてブログで100記事(2021年9月現在)更新することができました。

早いペースとは言えませんが、実際に達成してみて感じたことや、反省点などを踏まえて解説します。

【結論】ブログで100記事書いても稼げるようにならない

冒頭でもお話しましたが、ブログで100記事書いても稼げるようになりません。

たとえば100記事書いて、月6桁稼げたら相当すごいことです。

ブログで稼ぐには、検索から多くの読者を集める必要があります。つまりSEO(検索エンジン最適化)を極めることが、ブログで稼ぐ近道になります。

それと同時に、読者の悩みを解決するような記事を書くことが大切です。読者に価値提供できる記事を書かなければいけません。

つまり、読者の悩みを解決できない記事を、たとえ500記事書こうと意味がいないのです。適当な記事を量産してしまうと、時間と体力の無駄です。

実際に100記事書いてみて、以下のようなことがわかりました。

  • アドセンスは必要ない
  • 量よりも質が圧倒的に大事
  • 100記事書いてもまだわからないことが多い

上記のように100記事書くと、なんとなくですがブログについてわかるようになってきます。

このことから100記事書くまでの目標を明確にして、試行錯誤していく努力が必要だと感じました。

ブログで100記事書くメリット

ブログで100記事書くメリットは、以下3つです。

  1. 記事の質が向上する
  2. ブログを書く習慣ができる
  3. Googleに認知されやすくなる

1つずつ詳しく解説していきます。

①記事の質が向上する

記事をたくさん執筆することで、知識や経験が身につき高品質な記事を書けるようになります。

「ブログ初心者はとりあえず100記事書こう」と言われるのは、量をこなすことで質が上がるからです。

あくまでも100記事は目安ですが、記事作成を繰り返すことで精度が上がっていきます。

そのため、何も考えずに積み上げた記事では意味がなく、後々削除する可能性が高いです。

筆者

最初に書いた記事は、内容があまりにも酷かったり、キーワード選定をしていなくて削除(10記事ほど)しました。

記事を書いて、上位サイトを分析して改善する」このサイクルをいかに早く回せるかで、ブログで稼げるようになるまでの時間が変わってきます。

②ブログを書く習慣ができる

記事をたくさん書いていくと、最初はハードルの高かった記事執筆がだんだん慣れていき、筆が進むようになります。

記事をある程度テンプレ化したり、作業の細分化をするなど、効率よく書いていく術が身につきます。

もちろん、記事の質もあがります。いま最初の記事を見返すと、削除したいほど酷い記事(削除済み)もあります。

あなたも最初の記事を振り返ったら削除したいと思うほど酷い出来ではないでしょうか。それだけ成長している証でもあります。

いま稼いでいるブロガーさんでも、いきなり高品質な記事を書けたわけではありません。数百記事と書いてきたからこそ今があります。

有名なブロガーの最初の記事を見てみてください。この人にもこんな時期があっただとわかり、安心することができると思います。

③Googleに認知されやすくなる

記事を上位表示させるためには、Googleに認知される必要がります。

サイトがGoogleに認知されるまでには、3ヶ月〜半年かかると言われています。この期間は記事をいくら投稿しても検索流入が見込めません。

魔の3ヶ月と言われる所以は、この時期を境にブログ初心者が辞めてしまうからです。私も3ヶ月目に更新が途絶えました。

詳しくは「ブログに疲れた時の対処法【2ヶ月ブログを休んだ実体験あり】」をご覧ください。

サイトが認識される仕組みとしては、Googleのクローラーが、サイト内を巡回してインデックス(検索に表示)されます。

クローラーとは、検索順位を評価してくれるロボットのようなものです。クローラーについては「Google 検索の仕組み(入門向け)」をご覧ください。

関連記事を充実させたり、更新頻度が高いサイトを評価してインデックスされます。

つまり、クローラーの巡回頻度を上げることで、はやく検索結果に反映されるようになります。

ブログで100記事書くときに注意すること

ブログで100記事書くときに注意することは、以下5つです。

  1. ターゲットを決める
  2. キーワードを決める
  3. 1記事に1キーワードで書く
  4. 読みやすい記事を書く
  5. 完璧主義はいらない

1つずつ詳しく解説していきます。

①ターゲットを決める

ブログ記事を書くときには、読書(ターゲット)を明確にイメージしましょう。

多くの人に刺さるような記事ではなく、1人の人に向けて記事を書くほうが結果的に良い記事を書けます。

後者の場合、まさに自分に向けた記事だと思い、最後まで読んでもらえる可能性が高まります。

筆者

当ブログでは過去の自分に向けて、ブログ運営をしながら学んだことや事前に詳しく知りたかったことを中心に書いています。

ターゲット設定が難しい人は、過去の自分や親しい友人をイメージして書いてみてください。

イメージがハッキリすると、記事の方向性も自然と見えてきます。

②キーワードを決める

ブログを書くときは、キーワード選定は必須です。なぜなら、キーワードには読者の悩みが全て詰まっているからです。

たとえば転職を考えている人なら、「転職 おすすめ サイト」と検索すると思います。

「転職する際におすすめのサイトを知りたい」といった悩みを解決するためのキーワードになります。

このように検索キーワードには、読者の悩み(ニーズ)が隠れています。

キーワードを探す方法として、ラッコキーワードや同ジャンルのサイトを参考にするのがおすすめです。

③1記事に1キーワードで書く

1つのキーワードに対して1つの記事を作成してください。

なぜなら、

  • 読者の悩みに対してブレずに記事を書ける
  • 複数のキーワードで書くと、検索意図を満たせない

このように記事のゴールがはっきりするので、執筆しやすく読者にとってもわかりやすい記事となります。

100記事書いた後には、100個の悩みを解決できる記事が積み上がっているイメージです。

④読みやすい記事を書く

記事の読みやすさは、読者のストレスを減らし滞在時間を伸ばすことができます。

難しい言葉や漢字ばかりが並んでいる文章、装飾がない新聞のような記事は読む気がしません。

見た目にもこだわって読みやすいブログを目指しましょう。

具体的には、以下のようなことを意識しています。

  • 枠や装飾を使う
  • 画像や写真を使う
  • 色を使いすぎない
  • 見やすい行間を意識する
  • なるべく箇条書きにする

読者は基本流し読みをするという前提で考えると、小さな工夫ですが読みやすさは重要です。

装飾や画像を使わない、文字が詰まった記事は読みたくありませんよね。記事を開いた瞬間に「読みづらそう」と思われたら、ブラウザバックされてしまいます。

裏を返すと見た目がよければ、内容が酷くても読んでもらえます。(もちろん、最低限のクオリティは必要です。)

書いていくうちに、自分らしさの出る記事が書けるようになります。

⑤完璧主義はいらない

完璧な記事を投稿したいと思う方もいると思いますが、60%の完成度を目安に公開することをおすすめします。

記事の質にこだわるのは当然なのですが、そのせいで更新できないのは本末転倒です。

初めから最高の記事を書けるはずもないですし、ある程度ラインを決めておかないとキリがありません。

60%で公開した記事を1ヶ月後に見ると40%くらいに感じます。自分が成長していくので、過去の記事は常にクオリティが低く感じます。

ブログの良いところは、何度でも修正できるところです。そのため気軽に記事を公開して、「また今度直そう」と考えるくらいがちょうどいいです。

記事公開後は、検索順位をチェックしつつ、順位が下がっっている記事をリライトしていきましょう。

ブログを100記事まで継続するためのコツ

ブログ更新を継続するためのコツは、以下の4つです。

  1. 毎日作業する
  2. 他人と比較しない
  3. 記事をテンプレ化する
  4. 目標のブログを見つける

1つずつ詳しく解説していきます。

①毎日作業する

1つ目のコツは、時間を決めて毎日ブログ作業することです。

記事執筆には時間がかかるし、労力もかなり使います。1日の中で、絶対にブログを書く時間を決めてみてください。

たとえば、

  • いつもより2時間早く起きてライティングする
  • 寝る前にテレビ・YouTubeの視聴をやめて2時間ライティングする

副業でやってるなら、尚更時間の確保が大切です。頭が冴えていて余裕のある朝がおすすめです。

通勤中や休憩中に、ブログのネタを探したり、記事構成や見出しを決めると自宅での記事作成が捗ります。

②他人と比較しない

2つ目のコツは、他人と比較しないことです。

Twitterを見ていると、「3ヶ月で月6桁達成!」とか流れてくることがあります。

ぶっちゃけ羨ましいしかなり焦りますが、そんな人はほんの一握りしかいません。

それに、短期間で成果を出している人は、基本的に作業量が化け物のような人たちばかりです。

ブログは継続することが大切です。目先の利益にとらわれずに自分のペースでコツコツ頑張っていきましょう。

③記事をテンプレ化する

3つめのコツは、自分の型(テンプレ化する)を見つけることです。

自分の型を見つければ執筆が早くなり、記事作成スピードも上がります。

いきなり自分らしい型を見つけるのは難しいので、自分の方の見つけ方としては、同じジャンルのブログなどをマネすることです。

全く一緒(完全コピペ)はいけませんが、記事構成や書き方などをマネするのは大切です。

④目標のブログを見つける

4つ目のコツは、目標とするブログを見つけることです。

具体的なブログを見つけることで目標がはっきりするし、成功するためのノウハウが詰まっているので参考になります。

  • ブログ内の記事を全て読み込む
  • 必要なら何度も読んで内容をインプットする

上記のようにすることで、自分のブログにアウトプットしていき、成果やライティングの向上につながります。

1〜3サイトほど見つけられると情報をすり合わせて、自分の中でブラッシュアップさせることができます。

どうしても記事を書きたくないときもあります。そんな時は、インプットに切り替えて、ブログを読み漁るのも1つの手です。

関連記事:ブログ更新がめんどくさいと感じる5つの理由と解決策

ブログは100記事書いてからが本番

今回は、ブログで100記事書いても稼げない理由と継続するためのコツを紹介しました。

これからブログを始める方やとりあえず100記事更新を目指している方は、参考にしてみてください。

ブログを1年継続できる人は、ほんのひと握りです。自分のペースでよいのでコツコツ積み上げていきましょう。

また、ブログで100記事を達成してからが本当のスタートだと感じます。自分に合ったやり方を早く確立させることが重要です。

おわり