BLOG

WordPressにリンクを設定する方法!内部・外部リンクの貼り方

疑問

WordPressでブログを始めたけどリンクの貼り方がわからない

こんな疑問に答えます。

ブログを始めて内部・外部リンクといった言葉を聞いたことあるけど、どうやって設定すれば良いの分からない人も多いと思います。

本記事の内容

  • WordPressでリンクを設定する方法|基本・応用
  • WordPressでリンクの編集・解除する方法

一概にリンクと言っても、テキストリンク、画像リンク、ブログカードなどさまざまな種類があります。

リンクはユーザー(読者)が必要な情報にアクセスしやすくなったり、SEO(検索エンジン最適化)にも影響を与えます。

本記事を読めば、WordPressブログでリンクの基本的な知識や応用的な使い方を身につけることができます。

WordPressでリンクを設定する方法|基本

WordPressブログで、基本的なリンクの設定方法を3つ紹介します。

  • 外部リンク(外部サイトに移動)
  • 内部リンク(自サイト内の別記事に移動)
  • ページ内リンク(ページ内の任意の場所に移動)

1つずつ詳しく解説していきます。

外部リンクの貼り方

外部リンクとは、外部のサイトへ移動するリンクのことです。

自分のサイトから他のサイトに向けてリンクを貼ることです。信頼でき関連性の高い外部サイトへの発リンクは、SEO効果があります。

外部リンクの貼り方

投稿編集ページを開きます。

外部リンクの貼り方

外部リンクを貼りたいテキスト(文字)を範囲選択します。

外部リンクの貼り方

上の「リンク」をクリックします。

外部リンクの貼り方

URLの入力欄が出るので、外部サイトのURLを入力しましょう。

外部リンクの貼り方

参考として、アマゾン公式サイトを外部リンクとして設定します。

URLを入力したら「送信」をクリックします。

外部リンクの貼り方

これで外部リンクの設置が完了しました。

内部リンクの貼り方

内部リンクとは、自分のサイト内の別記事に移動するリンクのことです。

自分のサイト内のブログ記事から、サイト内の別記事に向けてリンクを貼ることです。

関連性の高い記事やより詳しく書いてある記事をリンクさせることは読者にとって有益かつ、SEO的にも効果があります。

内部リンクの貼り方

内部リンクを貼りたいテキスト(文字)を範囲選択します。

内部リンクの貼り方

上の「リンク」をクリックします。

内部リンクの貼り方

URL入力欄に、記事タイトルかURLを入力します。

内部リンクの貼り方

文字を入力すると関連記事が表示されるので任意の記事を選びましょう。

これで内部リンクの設置が完了しました。

ページ内リンクの貼り方

ページ内リンク(アンカーリンク)とは、同じページ内の任意の場所に移動するリンクです。

ページ内リンクは、読者が知りたい情報にすぐアクセスできるため、ユーザビリティの向上につながります。

アンカーリンクの貼り方

リンク先のブロックを選択します。

右メニューの下にある「高度な設定」内の、「HTMLアンカー」の部分に任意のIDを入力します。

IDは英数字を使い、例として「abc01」で設定しました。

ページ内リンクを貼りたいテキスト(文字)を範囲選択し、上の「リンク」をクリックします。

アンカーリンクの貼り方

URL入力欄に、「#」+「先ほど設定したID(abc01)」を入力します。

入力したら右の矢印をクリックします。

アンカーリンクの設定方法

これでページ内リンクの設置が完了しました。

WordPressでリンクを設定する方法|応用

その他のリンクの設定方法について以下の4つを紹介します。

  • 画像にリンクを貼る
  • ボタンにリンクを貼る
  • カード型の記事リンクを貼る
  • SNSやYouTubeを埋め込む

1つずつ詳しく解説していきます。

画像にリンクを貼る

画像にもリンクを貼ることができます。

画像にリンクを貼る方法

任意の画像を選択して、上の「リンクを挿入」をクリックします。

画像にリンクを貼る方法

URL入力欄にURL、ブログタイトルを入力して「適用」をクリックします。

これで画像にリンクの設置が完了しました。

ボタンにリンクを貼る

WordPressでは、ボタン型のリンクを設定することもできます。

ボタンリンクを貼る方法

ブロックの中の「デザイン」から「ボタン」を選択します。

ボタンリンクを貼る方法

ボタンが挿入されたら、任意のテキストを入力します。

右のメニュー内の「高度な設定」から、リンク先のURLを入力します。

ボタンリンクを貼る方法

これでボタンリンクの設置が完了しました。

ちなみに、WordPressテーマによっては、独自のボタンがデフォルトで入っているので場合もあります。

当ブログは「JIN」というテーマを使っていて、ボタンの色や形を変えたり、光らせることもできます。

ブログカード型の記事リンクを貼る

アイキャッチ画像・ページタイトル・本文の一部などをまとめて表示できる、「ブログカード型」のリンクを貼ることができます。

ブログカード型の内部リンクを設定するのは簡単です。

ブログカード設定方法

ブログカード型の内部リンクを貼りたい場所に、新規ブロックを作成して、URLを直接貼り付けるだけです。

ブログカード設定方法

これでブログカード型の内部リンクの設置が完了しました。

※ブログカード型の外部リンクを設定したい場合、「Pz-LinkCard」というプラグインを使いましょう。

SNSやYouTubeを埋め込む

SNS(Twitter・Instagramなど)やYouTubeのリンクを埋め込むこともできます。

WordPressでSNSやYouTubeの埋め込み

ブロックの中の「埋め込み」から、使用したいものを選択します。

WordPressでSNSやYouTubeの埋め込み方

URL入力欄が表示されるので、任意のURLを入力して「埋め込み」をクリックします。

WordPressでSNSやYouTubeの埋め込み方

これでSNSやYouTubeの埋め込み設定が完了しました。

WordPressでリンクの編集・解除する方法

編集画面で設定したリンクのURLを変更したり解除することができます。

リンク先のURLを編集する

リンク先のURLを編集

1度設定したリンクを別のURLに変更していきます。

リンク先のURLを編集する

変更したいリンクを選択し、表示された「編集」ボタンをクリックします。

リンク先のURLを編集する

URLを変更して「送信」をクリックします。

これでリンク先のURL変更が完了です。

リンクを解除する

リンクを解除する方法

1度設定したリンクを解除していきます。

リンクを解除する方法

解除したいリンクを選択して、「リンク解除」をクリックします。

リンクを解除する方法

これでリンクの解除が完了です。

リンクを新しいタブで開く

リンク先を「新しいタブで開く」という設定ができます。

リンクを新しいタブで開く設定

外部リンクの場合、せっかくサイトに訪問してもらったのに同ウィンドウ内で開くように設定すると、すぐにサイトから離れていってしまいます。

それを防ぐためにも「新しいタブで開く」で設定しましょう。

内部リンクの場合、次々に新しいタブが作成されると見にくさを感じます。

最初に見ていた記事がどれか分からなくなったり、1つの記事に集中できなくなるので、そのままの設定(新しいタブで開かない)でOKです。

WordPressでリンクを上手に使いこなそう!

今回は、WordPressでリンクを貼る基本的な方法から応用までを解説しました。

リンク1つ1つが読者の利便性に大きく左右し、SEO(検索エンジン最適化)にも影響を与えます。

どのようにリンクを配置したら読みやすい記事になるのか試行錯誤する必要があります。

結果を出して稼いでいるブロガーさんの記事を見ると、リンクへの誘導が違和感なくスムーズで参考になると思います。

いろいろな方のブログを読んで良いところを吸収していきましょう。

おわり