読書

【読書が苦手な人向け】本を読むのが好きになる方法を伝授します!

こんにちは、やすです。

悩み

読書するのが苦手だけど本を読めるようになりたい

こんな疑問に答えます。

苦手な読書を克服するには、苦手という気持ちをなくしたり、読んでみて面白いと思うあなたに合った本を見つけることです。

とりあえず読まなければ面白いかわかりません。読書するハードルを下げるのがポイントです。

読書は教養が身につくだけでなく、語彙力・文章力が高まり、ストレス解消にもなります。

しかし、読書が苦手だからといって本を読まないのはもったいない。気づきや学びの機会を失い、人生が良くなるキッカケを見逃しているかもしれません。

本記事では、読書が苦手な理由や好きになる方法を紹介します。本を読むことを通してあなたの成長に繋げることができます。

関連記事:読書するメリット・デメリットをわかりやすく解説【本を読むと人生が変わる】

読書が苦手な人の5つの特徴

普段から本を読まない社会人は多くいます。忙しくて読む時間がなかったり、活字を読むのが苦手な人も少なくありません。

読書が苦手な人の5つの特徴は以下です。

  • 読むスピードが遅い
  • じっとしていられない、集中できない
  • 活字を読むのが苦手
  • 本を読むと眠くなる
  • 単純に本の内容がおもしろくない

読書をしていても集中力が続かないと、すぐに飽きてしまい、スマホを触ったりテレビを見はじめて、内容が頭に入りません。

そもそも文字を読むのが遅かったり、丁寧に読む人は、読むのにかなり時間がかかります。1冊読み終えるのに時間がかかると読みたくなくなります。

また、内容がおもしろくない本を、せっかく買ったからといって無理矢理読もうとするのはキツいです。

内容がつまらなかったり、あなたにあったものでないと興味を持てないのでスラスラ読めません。

読書が苦手な人には、苦手になる原因があり、原因を克服できれば読書好きになれるはずです。

読書が好きになる3つの方法

読書をしない人でも文字をまったく読まないわけではありません。なので、「読書が苦手」な人でも、きっかけさえあれば読書が好きになる。

読書が好きになる方法は以下の3つです。

  • 読みやすい本を読む、全部読まない
  • 目的を決めて読書する
  • おもしろい本を読む

読みやすい本を読む、全部読まない

読書に苦手意識がある人は、読書に対するハードルを下げましょう。

漫画や雑誌などからはじめてみるのもいいですし、すぐに読める短編小説もおすすめです。

読書が苦手な人は、本を1からすべて読まないといけないと思っていませんか。

せっかく本を購入したから、全部読まないともったいないと感じてしまうかもしれません。

しかし、中にはつまらない本もあります。無理矢理読んでいると読書そのものが苦痛になってしまう。

つまらなかったら途中で読むのをやめてもいいし、目次を見て必要なところだけを飛ばし読みしてもかまいません。

読んでみて面白かったら全部読むのもあり。

目的を決めて読書する

読書をするときに、目的を決めて読んでみる。

まず読書する目的を明確にします。目的がないと、読書をするのが難しくなる。

たとえば、勉強もテストでいい点数をとるため、大学に進学するために頑張ります。

目的はなんでも大丈夫です。

  • 特定の分野で知識を身につけたい
  • 泣いたり、ホッとするような本を読みたい
  • 仕事で活かせるアイディアを得たい
  • 語彙力や読解力をつけたい
  • 痩せたいからダイエットの本を読んでいる

読書が苦手な人は、「なんとなく読む」というのが難しいと思うので目的があれば少しはラクになるのではないでしょうか。 

読書が続かない人は、「何のために読むのか?」を決めてみると、本を読めるようになる。

面白そう、興味がある本を読む

読書に苦手意識がある人は、いままで面白いと思える本に出会えていないだけかもしれません。

もちろん、かんたんにおもしろい本に出会えるわけではなく、たくさん本を読む必要があります。

効率よく、おもしろいと思える本を探すには、口コミや評価が高い本、ロングセラーを中心に読むのがおすすめ。

人生を変えたり、鳥肌が立つような本と出会ったとき、一瞬で読めるし、読んでいて楽しくてしょうがないです。

苦手な読書を克服したい人におすすめのサービス

苦手な読書を克服したい、読書のハードルを下げたい人におすすめのサービスが以下の2つです。

  • Audible(オーディオブック)
  • Kindle Unlimited(電子書籍)

Audible(オーディブル)

Audible

普段、本を読まない人や文字を読むのが苦手な人は、“聴く読書”Audible(オーディブル)がおすすめ。

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

通勤中や昼休み(休憩中)、家事をしている時に、“ながら聴き“できます。たとえば、通勤中、音楽を聴く代わりにビジネス書や参考書を学べる。

繰り返し聴けるし、速度も調整できるので内容をインプットするのに最適。

Audibleでは、30日間の無料体験+最初の1冊が無料になるキャンペーンを行っています。

期間内に退会すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験で気になる作品を聴いてみてください。

Audibleの無料体験はこちら

関連記事:Audible(オーディブル)の口コミ・評判まとめ【実際に使った感想・レビュー】

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedとは、Amazonが提供する国内最大級の電子書籍読み放題サービス(サブスクリプション)です。

好きな端末(スマホ、タブレット、PC、Kindle端末)で好きなだけ200万冊以上が読み放題(小説、ビジネス書、実用書、漫画、雑誌など)可能です。

いつでもどこでもちょっとしたスキマ時間に読書を楽しむことができます。また、本を持ち運ぶ手間や収納しておくスペースを確保する必要もなくなります。

Kindle Unlimitedでも、30日間の無料体験を行なっています。期間内に退会すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験から始めてみてください。

Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

関連記事:Kindle Unlimitedとは?口コミ・評判まとめ【実際に使った感想・レビュー】

まとめ

今回は、読書が苦手な理由と好きになる方法を紹介しました。

読書が苦手な人にとって、本を読むことは仕事よりも苦痛かもしれません。まずは少しでも興味のある本を手に取ってみてください。

読書にはたくさんのメリットがあります。仕事やプラベートでいかせる知識やストレス解消にもつながります。

また、忙しくて読書する時間がとれない人は、スキマ時間を使ってオーディオブック、電子書籍を活用してみてください。

おわり