BLOG

WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグインまとめ

疑問

WordPressテーマ「JIN」を使っているけど、どんなプラグインを入れるべきか知りたい

こんな疑問に答えます。

こんにちは、やす(@yasublog_1995)です。

プラグインとは、WordPressの機能を拡張してくれる便利なツールです。

たとえば、お問い合わせフォームを設置したり、目次を設置したりすることができます。自分好みにカスタマイズして使いやすくすることができ、非常に便利です。

便利だからといって片っぱしから入れていくと、サイトスピードが遅くなったり、使用しているWordPressテーマと干渉して不具合を生じる可能性があります。

そのため、プラグインは必要最低限にする必要があります。

今回は、WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグインと削除したプラグインについて紹介します。

※プラグインは、WordPressテーマによって相性が悪かったり、機能が被っていることもあるので注意してください。

WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグイン8つ

WordPressテーマ「JIN」を使い始めてから約1年(2021年8月現在)が経過しました。今まで、いろいろなプラグインを入れて使ってきました。

そんな僕が、今も使っていて便利なプラグインを厳選して紹介していきます。(【公式】WordPressテーマ「JIN」に入れておきたいプラグインも参考にしています。)

「JIN」の公式ホームページが気になる方はチェックしてみてください。(JIN MANUAL

おすすめのプラグインは以下の8つです。

  1. Google XML Sitemaps(サイトマップ作成)
  2. BackWPup(バックアップ)
  3. EWWW Image Optimizer(画像圧縮・軽量化)
  4. Rich Table of Contents(目次作成)
  5. Autoptimize(表示速度改善)
  6. Akismet Anti Spam(スパム対策)
  7. Contact form 7(お問い合わせフォーム作成)
  8. Rinker(商品リンク作成)

①Google XML Sitemaps(サイトマップ作成)

カンタンに言うと、新しくブログ記事を書くと、自動でGoogleに教えてくれるプラグインです。

難しい設定などもなくインストールしたら、「有効化」を押して完了です。

Google XML Sitemapsを導入する

②BackWPup(バックアップ)

データを自動でバックアップしてくれるプラグインです。

何が起こるかわからないので、もしもの時に備えておきましょう。

BackWPupを導入する

③EWWW Image Optimizer(画像圧縮・軽量化)

WordPressにアップロードした画像ファイルを、自動で圧縮してくれるプラグインです。

記事内の画像だけでなくヘッダーやプロフィール画像なども圧縮してくれます。

圧縮しないまま画像を使っているとページ表示速度が遅くなり、SEO的にマイナス評価なります。

EWWW Image Optimizerを導入する

ブログ画像に最適なサイズ・容量
ブログ画像に最適な容量・サイズは?【圧縮・リサイズする方法を解説】ブログに使う画像をリサイズ・圧縮してサイトスピードを上げたい。こんな疑問に答えます。サイトスピードが遅いとSEO評価でマイナスとなります。本記事では、ブログ画像を圧縮•リサイズする方法をわかりやすく解説しています。詳しく知りたい方はブログを読んでみてください。...

④Rich Table of Contents(目次作成)

簡単におしゃれな目次を作成してくれるプラグインです。

目次があることで、内容が読者にわかりやすくなるし、読みたい場所へ飛ぶこともできて便利です。

Rich Table of Contentsを導入する

Rich Table of Contents(RTOC)
【目次プラグイン】Rich Table of Contents(RTOC)の使い方•設定方法この記事では、目次プラグイン「Rich Table of Contents」の使い方•設定方法について解説しています。簡単におしゃれな目次がつくれ、WordPressテーマ「JIN」を使っている方には特におすすめです。インストールから設定まで10分でできるのでぜひ読んでみてください。 ...

⑤Autoptimize(表示速度改善)

WordPressの表示速度を改善してくれるプラグインです。

HTML・CSS・JavaScriptなどのリソースを軽量・最適化してくれます。

Autoptimizeを導入する

⑥Akismet Anti Spam(スパム対策)

スパム対策をしてくれるプラグインです。

WordPressに最初からインストールされているので「有効化」すれば完了です。

Akismet Anti Spamを導入する

⑦Contact Form 7(お問い合わせフォーム作成)

初心者の方でも簡単にお問い合わせフォームを作成することができるプラグインです。

ブログで読書とつながれる唯一の場所です。また、企業やASPから直接連絡が来ることもあるので早めに設置しておきましょう。

Contact Form 7を導入する

Contact Form 7プラグイン
Contact Form 7の使い方!お問い合わせフォーム設置・カスタマイズ方法 疑問 WordPressでお問い合わせフォームの作り方を知りたい こんな疑問に答えます。 Wor...

⑧Rinker(商品リンク作成)

Amazon、楽天、Yahoo!などの商品を簡単に紹介できるプラグインです。

カエレバ・ヨメレバもありますが、Rinkerの方が圧倒的に楽で便利です。

編集作業がスムーズに進み、商品リンクも一覧で一括管理できます。ブログで物販をやるなら入れることをおすすめします。

Rinkerを導入する

プラグインRinker
【商品管理プラグイン】Rinker(リンカー)の使い方・設定方法をわかりやすく解説商品リンクを簡単に作成したい。こんな悩みを解決します。商品管理プラグイン「Rinker」を使えばWordPress内で操作が完結して、簡単に商品リンクを作成できます。ブログで詳しく解説しているので気になった方は読んでみてください。...

WordPressテーマ「JIN」削除したプラグイン

今まで使っていたけど、切り替えたり使わなくなり削除したプラグインは以下の3つです。

  • All in One SEO Pack
  • AddQuicktag
  • Table of Contents Plus

「All in One SEO Pack」は、SEO対策のプラグインです。「JIN」にはデフォルトで基本的なSEO対策ができる機能が揃っているため、機能が被るので必要ありません。

「AddQuicktag」はコードを登録できるプラグインですが、グーテンベルクを使用している人は不要です。

「Table of Contents Plus」は目次作成プラグインです。以前使用していましたが、JIN公式が作成した目次用プラグイン「Rich Table of Contents」に切り替えました。

まとめ

今回は、WordPressテーマ「JIN」におすすめのプラグイン8つと使わなくなったプラグインを紹介しました。

  1. Google XML Sitemaps(サイトマップ作成)
  2. BackWPup(バックアップ)
  3. EWWW Image Optimizer(画像圧縮・軽量化)
  4. Rich Table of Contents(目次作成)
  5. Autoptimize(表示速度改善)
  6. Akismet Anti Spam(スパム対策)
  7. Contact form 7(お問い合わせフォーム作成)
  8. Rinker(商品リンク作成)

プラグインは、たくさん入れればいいというわけではありません。

入れるすぎると不具合が出てきたり、サイト表示速度も重くなってしまいます。必要最低限だけに絞って入れることが大切です。

ブログ初心者は最低限のプラグインだけ入れて、とにかく記事を書きましょう。

最初は、記事を書くのに慣れるのが重要です。後から入れ直したりできるのであまり気にしなくても大丈夫です。

おわり