BLOG

【簡単】検索ボリュームの調べ方を解説!無料ツール4選  

疑問

SEOキーワードの検索ボリュームってどうやって調べればいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • 検索ボリュームとは?
  • 検索ボリュームの調べ方|無料ツール
  • 検索ボリューム別のSEO対策

検索ボリュームとは、あるキーワードが検索エンジン(Google・Yahoo!など)でどれだけ検索されるかを数値化したものです。

検索ボリュームを参考に記事を作成することで、検索エンジンから効率良くアクセスを集めることができます。

検索ボリュームとは?

検索ボリューム

検索ボリュームとは、検索エンジン(Google・Yahoo!など)で、キーワードが月に何回検索されているのかを示す数値です。

Googleの月間検索回数を基準にして、Webサイトのアクセス数を増やすためキーワード選定SEO対策を行っていきます。

検索エンジンの国内シェアは、Googleが1位で約8割を占めているからです。(2021年9月現在)

検索ボリュームが多いキーワードほど、アクセス数も見込めますが、競合も強くなり上位表示させるのが大変です。

検索ボリュームを調べ方|無料ツール

検索ボリュームを調べる無料ツールとして、以下の4つがおすすめです。

上記ツールの使い方をかんたんに解説します。

キーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは、Google広告の一部として提供されているキーワードの検索ボリュームなどが調べられるツールです。

Google広告を利用している人向けのツールですが、登録するだけで一部機能を無料で使うことができます。

メインのキーワードだけでなく、関連キーワード(ロングテールキーワード)も同時に表示してくれるのでSEO対策に有効です。

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーを開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

ラッコキーワードなどで取得した関連キーワードをまとめて貼り付けると、効率よく検索ボリュームを確認できます。

確認したいキーワードを1行ごとに入力して、「開始する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方

月間平均検索ボリューム」を確認しましょう。

キーワードプランナーを無料で利用する場合は、「10~100」「10万~100万」のように大まかな検索ボリュームが表示されます。

正確な検索ボリュームを確認したい方は、少額でも良いのでリスティング広告を出稿すると、具体的な数値を確認できます。

お金をかけずに具体的な検索ボリュームを知りたい方は、他のツールも利用してみましょう。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggestは、無料で使えるキーワード調査ツールです。

検索ボリュームを具体的な数値で確認できるため、キーワードプランナーの代替ツールとしておすすめです。

注意点として、無料プランだと1日3回までしか検索ボリュームをチェックすることができません。

Ubersuggestの使い方

検索窓にキーワードを入力して「検索(SUBMIT)」をクリックします。

Ubersuggestの使い方

キーワードの推移・検索ボリュームやSEO難易度、検索上位サイトの被リンク数を確認できます。

ただしキーワードプランナーのように、1度に複数のキーワードを調べることはできません。

Aramakijake(アラマキジャケ)

Aramakijakeは、GoogleとYahoo!の検索ボリュームを確認できる無料ツールです。

こちらも1度に複数のキーワードを調べることはできません。実際の検索ボリュームとは差があるので注意しましょう。

Aramakijakeの使い方

検索窓にキーワードを入力して「チェック」をクリックします。

Aramakijakeの使い方

上記のように検索ボリュームがわかります。

Googleトレンド

Googleトレンドは、過去から現在までの検索ボリュームの推移を調べられる無料ツールです。

「どういったキーワードが人気なのか?」や「検索需要が落ち込んでいるキーワード」などを見つけられます。

Googleトレンドの使い方

検索窓にキーワードを入力します。

Googleトレンドの使い方

上記のように表示され、「ブログ」は少し需要が下がってきていることがわかります。

検索ボリューム別のSEO対策

検索ボリューム

SEO対策において、キーワードの検索ボリュームは重要で上位表示させるための目安になります。

キーワード規模と検索ボリュームの目安は以下のとおりです。規模が大きいほど競合性も高くなります。

キーワード名月間平均検索ボリューム
ビックキーワード1万以上
ミドルキーワード100〜1万
ロングテールキーワード100以下

上記はあくまでも目安なので、参考程度に考えてください。

検索ボリュームの大きいビッグキーワードよりもロングテールキーワードの方が競合性が低いため、上位表示される可能性は高いです。

そのため、ブログ初心者はビッグキーワードを狙うよりも、まずはロングテールキーワードから攻めていくのがよい。

ビックキーワード

ビックキーワード

ビッグキーワードは、目安として1万以上の検索ボリュームがあり競合が非常に多いです。

2語からなる複合キーワードでもビッグキーワードに当てはまるものがあります。

普通にやっても企業サイトや有名サイトに勝てないので、上位表示させるためにトップページやカテゴリページで狙いましょう。

ミドル/ロングテールキーワードで上位表示させていくと、ビックキーワードでも上位が狙えるようになります。

ミドルキーワード

ミドルキーワード

ミドルキーワードは、目安として100〜1万の検索ボリュームがありまだ競合が多いです。

「メインキーワード+1語」の2語以上の複合語キーワードが中心になっていきます。

ロングテールキーワードで上位表示されアクセスが集まり始めたら、ミドルキーワードにも挑戦していきましょう。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは、目安として100以下の検索ボリュームがあり競合が少ないです。

「メインキーワード+2語以上」で構成される複合キーワードで、検索意図を満たしやすくコンバージョンしやすい。

ブログ初心者はロングテールキーワードで上位表示させ、小さいアクセスをたくさん集めて、ブログの評価を上げていくことが大切です。

まとめ

今回は、検索ボリュームの調べ方と無料ツールについて解説しました。

SEO対策では、検索ボリュームの規模によって大きく違ってきます。

キーワードプランナーUbersuggestを使って、ブログの成長に合わせたキーワードを選定していきましょう。

おわり