読書

【書評・要約】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を読んだ感想!

【書評・要約】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を読んだ感想!

悩み

お金について詳しくないけど、お金の増やし方を知りたい!

こんな悩みに答えてくれる本です。

今まで銀行預金しかしてこなかった人が資産運用について悩んでいたら、最初に読んで欲しい1冊です。

すでに資産運用を始めている人にとっては、復習になる。会話形式なのでわかりやすく、要点を抑えられます。

お金の知識がない人は、何から手を付ければ良いかわかりません。やるべきことが具体的に書かれているので、参考にしやすいです。

本記事では、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を読んだ感想、重要だと感じたポイントについて紹介します。

本書では、投資初心者でも年間+5%ほどの資産運用方法が学べて、すぐに投資を始められます。

漫画版もあるので、本が苦手な人におすすめ!

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』の概要

基本情報

書名難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
著者山崎元/大橋弘祐
出版日2015/11/11
出版社文響社
価格1,518円(税込)

山崎元さん(著者)のプロフィール

経済評論家。楽天証券経済研究所客員研究員。(株)マイベンチマーク代表取締役。1958年北海道生。1981年東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社後金融関係の会社に12回の転職を経て現職。資産運用を中心に経済一般に広く発言。将棋、囲碁、競馬、シングルモルト・ウィスキーなどに興味。

引用:Twitter

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』の要約

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』は、全5chapterで構成されています。

  • chapter1:お金を安全に持っておく
  • chapter2:ちょっとリスクをとって運用する
  • chapter3:お金を使う
  • chapter4:トクする制度を使って実際に運用してみる
  • chapter5:年金と確定拠出年金

本書では、お金を増やすために「やるべきこと」と「やらないこと」2つに分けて、わかりやすく解説しています。

お金を増やすためにやるべきこと

お金を増やすためにやるべきことは、毎月の給料から余剰資金を2つの方法で運用する。

  1. 安全資産
  2. リスク資産

①:安全資産

安全資産として、個人向け国債(変動10年)を買う。元本保証だから安心です。(国債とは、国にお金を貸して少し利子を付けて返してもらうこと。)

国債がおすすめな理由は、以下の3つです。

  • 最低金利が銀行預金よりも高い
  • 国の財政が破綻しない限り元本保証
  • 金利が上がれば国債の利率も良くなる

②:リスク資産

リスク資産として、投資信託がおすすめされていて、数ある投資信託の中から2つ紹介されています。

  • 上場インデックスファンドTOPIX(国内)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(海外)

上記の2つを半々で買う。比率を変えることで、リスク調整が可能です。(投資信託とは、投資家から集めたお金をまとめて、専門家が運用する。)

投資信託のメリットは、以下の4つです。

  • 分散投資できる
  • プロに運用してもらえる
  • 海外への投資も手軽にできる
  • お金を信託銀行で管理しているため安全

投資信託を選ぶ際のポイントは、以下の5つです。

  • 過去の成績で選ばない
  • 毎月分散型を選ばない
  • 信託報酬の安いものを選ぶ
  • 販売手数料の安い証券を選ぶ
  • ファンドの資産規模、流動性を確認する

リスクの取り方として「平均5%くらいに落ち着くが、タイミングが悪いと元本割れになる」ということを頭に入れつつ、資金を安全資産とリスク資産に配分します。

たとえば100万円資産運用に回す場合、安全資産とリスク資産の比率を7:3にするなら、国債に70万円、投資信託に30万円配分するイメージです。

非課税制度を活用しよう

投資で得た利益には、通常20%程の税金がかかります。ですが、個人投資家を増やしたい国が用意してくれている制度なのでお得です。

非課税制度として以下の2つがあります。

  • NISA(少額投資非課税制度)
  • 確定拠出年金(iDeCoなど)

NISAとは、年間120万円投資できて5年間非課税となります。

iDeCoとは、運用益は全額非課税となり原則60歳まで引き出せません。

お金を増やすためにやってはいけないこと 

お金を増やすために、やってはいけないことをいくつか紹介します。

1つ目は、銀行の窓口に近づいてはいけない。銀行員は、貧乏人からお金を取る、羊の皮をかぶった狼だからです。

2つ目は、外貨預金をしてはいけない。なぜなら、手数料がバカ高いからです。

3つ目は、宝くじです。なぜなら還元率が45%で、買えば負けが確定しているからです。

4つ目は、アクティブファンドの投資信託は買わない。なぜなら、手数料と運用成績が釣り合わないからです。

他にも、沢山のやってはいけないことが書かれています。これらに共通するのは「無駄な手数料であったり、負けが確定している」ということです。

知っていれば手を出さずにすむので、気をつけましょう。もちろん、娯楽としてギャンブルをやる分には関係ありません。

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を無料で読む方法

さいごに、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を無料で読む方法を紹介します。

それはAudible(オーディブル)という、Amazonが提供するオーディオブックサービスを利用する方法です。

Audible

月額1,500円で、40万冊以上のオーディオブックの中から、毎月1冊お好きなものを聴くことができます。

プロのナレーターや声優が朗読した本をアプリで聴けるため、紙の本とは違った魅力があります。

またながら聴きできるので、筋トレや通勤中などのスキマ時間に本を楽しめ、読書量が圧倒的に増えます。

Audible(オーディブル)では、30日間の無料体験+最初の1冊が無料で聴けます。

まずは無料体験に登録して、ぜひ『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を聴いてみてください。

\初回登録30日間無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

Audible(オーディブル)については、【ガチレビュー】Audibleを使ってみた感想、気になる評判・口コミを紹介!で詳しく解説しています。

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』感想まとめ

今回は、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を読んだ感想、参考になったポイントについてまとめました。

お金についての知識がないと、損することだらけです。知っているのと知らないのでは、全然違う。

初めて投資する人にとっては、銘柄などが具体的に書かれているので参考になります。

ですが、本書の情報が少し古いため、投資信託の銘柄については自分で検討する必要があるかと思います。

ポイントとしては、「信託報酬・販売手数料が安い、資産規模がある程度ある」など、きちんと確認しておきましょう。

投資について学んだら、少額から始めてみるのがおすすめです。とにかくやってみないことには、始まりません。

ぜひ本書から、資産形成の1歩を踏み出してみてください。

漫画版もあるので、本が苦手な人におすすめ!

今回は以上です。