読書

フリーランスを目指す人が読んでおきたいおすすめの本10冊を紹介!

フリーランスにおすすめの本

疑問

フリーランスになろうと考えているけど、最低限の知識は知っておきたい!フリーランス向けのおすすめ本があれば知りたい!

こんな疑問に答えます。

場所や時間に縛られず自由に働くことができるフリーランスに憧れ、年々独立する人が増えています。

しかし、フリーランスとしての働き方に興味があっても、収入や家族のことを考えると、なかなか一歩を踏み出せない人も多いと思います。また、確定申告などの税金や保険について不安に思う人もたくさんいる。

フリーランスになるのは誰でもすぐにできますが、生活していくためには様々な知識が必要になります。

本記事では、フリーランスを目指す人が読んでおきたいおすすめの本10冊を紹介します。

周りに相談できる人がいない場合、本である程度の知識を身につけるのがおすすめ。どの本もフリーランスとして活動されている方の著書になります。

気になる本があったら、ぜひ手に取って読んでみてください。

フリーランスを目指す人が読んでおきたいおすすめの本10冊

さっそく、フリーランスを目指す人に読んでもらいたい本10冊を紹介していきます。

世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生

概要

著者は、ドイツ・ベルリン在住イラストレーター・漫画家である高田ゲンキさん、フリーランス歴15年のベテランです。

フリーランスへの関心と「なりたいひと」は増えているのに、「なり方」「なってからどうしたらいいの?」「フリーランサーのリアルな実態」を教えてくれる本は少ない。

本書では、特定の職種に絞らず、フリーランスという働き方についてフラットにまとめられています。

フリーランスの働き方に興味がある、フリーランスになるか迷っている、駆け出しフリーランス向けの1冊となっています。

図解などがバランスよく入っているためテンポよく、活字が苦手な方にも読みやすい。

同じ著者による漫画もおすすめ。会社員から独立するまで、独立してからの仕事の取り方、お金や法律の問題、イラストレーターとして独立した実体験がリアルに描かれています。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

概要

漫画形式で、フリーランスになったらぶつかる税金の悩みを新米フリーランスである著者が、日本1フリーランスに優しい税理士の先生にわかりやすく教えてもらう。知っているだけでトクする情報がもりだくさんです。

新米のフリーランス、まだ確定申告をしたことがない、これからフリーランスになりたいと考えている人に読んで欲しい1冊。

また、社会人ならフリーランスでなくても読んでおいて損は無い、お金や税金のお話です。

会社に雇われずにフリーで働く! と決めたら読む本

概要

著者は、フリーランス歴20年の立野井一恵さん。

自分の裁量・力で食べていくことが、どれだけ大変で楽しくやりがいのあることかわかる。

厳しいフリーランスの世界を生き抜くために「リスク回避」「お金の管理」「営業・ブランディング」「仕事のシフト化」について、具体的なノウハウが学べます。

著者の経験に基づき、地に足のついたフリーランスとして生き残る知恵がまとまった1冊。

実際にフリーランスにならないと、わからないことも書かれていて参考になります。

経費で落ちるレシート・落ちないレシート

概要

フリーランス&個人事業主として働く人にとって、領収書・レシートは「金券」のようなもの。その支払いが「経費である」と認められれば、支払う税額が減るからです。

とはいえ、「何が経費になって、何が経費にならないのか」という基準は、誰も教えてくれません。

なぜなら、経費で「落ちるか」「落ちないか」という意味では、全ての領収書が「グレー」であり、明確な基準が存在しません。

正しい知識を身につけて、節税しないと損するのはあなたです。

フリーランスの教科書

概要

フリーランスというと生き方や働き方の側面から、自己実現について語られることが多いものの、実際には税務や保険、年金など今まで会社に任せっぱなしだったお金と制度を理解することから始まります。

読者の視点に立った物語形式で、何も考えずにフリーランスになった”僕”が、専門家に一から”税”に関する知識を教えてもらいながら、成長していくという内容で読みやすい。

労働者という立場はとても優遇されています。勢いや今の仕事に不満があるなど、後ろ向きな気持ちでフリーランスになろうとしているなら、落ち着いてこの本を読んでみる価値があるかもしれません。

地に足つけて、強く生きていこうと覚悟した」すべての人に役立つフリーランスの教科書です。

令和改訂版 フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

概要

著者は、フリーのライター&イラストレーターとして活動中のきたみりゅうじさん。

2005年に出版され、現在も読まれているロングセラー。初心者にも税金についてわかりやすく解説されている、フリーランスのバイブル的な本。

税金や社会保険の基礎知識から確定申告はもちろん、法人化などフリーランスにまつわるお金の話が網羅されている。

青色申告のメリット、帳簿の考え方、節税のキモなど、フリーランスの誰もが知りたいポイントを税理士の先生がわかりやすく解説してくれます。

起業1年目の教科書

概要

独立すると早く事業を軌道に乗せたいという気持ちから、焦ったり不安になったりします。

成功する人は大きなチャレンジで成功するのではなく、コツコツと積み上げることで大きな目標を達成している。

今できる小さなことをするのが成功へつながり、「資金・人脈・スキル・経験」などが無く焦りや不安を感じている人に読んで欲しい1冊。

起業して1年目で年収1千万を無理なく達成する方法について、著者の経験も元に重要なポイントがまとまっている。

起業というのはハードルの高いチャレンジではない!」という、コンセプトが一貫した主張です。

ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ

概要

雇われて働く時代は、もう終わった。会社を辞めなくても、貯金がなくても始められる。

自分らしい自宅起業「ひとりビジネス」で、お金と自由を手に入れて、幸せに成功する方法を解説。

自宅で一人で始める事ができる、ひとりビジネスの基本が網羅された1冊です。

NEWフリーランスの稼ぎ方

概要

従来のフリーランスは、収入源のほとんどがいわゆる「請負仕事」。「請負」だと、企業から必要とされなくなれば、仕事はなくなります。

一方、NEWフリーランスは、「仕事を請け負う」+「CtoC型サービスを提供する」のハイブリッド型。

インターネットが普及した現代では、自分の力でブランドをつくることができるようになりました。

ブランド価値を高めることができれば、フリーランスが消費者に対してサービスを提供することもできる。

NEWフリーランスとして活躍し、長期的に稼げる力が身につくノウハウをまとめた1冊です。

SNSで人を集める! やさしいSNSマーケティングの教科書

概要

SNSで人を集められるのは、人気インフルエンサーや有名大企業だけだと思っていませんか?

中小企業や個人事業主が、簡単にフォロワーを増やして売上をアップするノウハウをまとめた、SNSマーケティングの指南書。

SNSマーケティングの手法は、特別なセンスやスキルもたくさんの時間や費用も必要ありません。

多くの人にとって身近なツールである主要なSNS(Instagram、Twitter、YouTube、LINE)を、効果的にビジネスで活用する方法がわかる1冊。

フリーランスを目指す人におすすめの本を無料で読む方法

今回おすすめした本を、無料で読む方法は以下の2つです。

  • Audible(オーディブル)
  • flier(フライヤー)

すべて読めるわけではありませんが、無料体験を利用することでお得に読めますよ。

Audible(オーディブル)

Audible

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

プロのナレーターや声優が朗読した本をアプリで聴けるため、紙の本とは違った味わいがあります。

また、ながら聴きできるため筋トレや通勤中などのスキマ時間に本を楽しめ、読書量が圧倒的に増えますよ。

20を超える豊富なジャンル(小説、ビジネス、自己啓発など)、40万冊以上のオーディオブックの中から選べます。

はじめてAudibleに登録する方は30日間の無料体験ができ、月額1,500円の有料会員と同じ会員特典を楽しめる。

Audibleの会員特典

通常Audibleでオーディオブックを購入すると、1冊3,000円〜4,000円するため有料会員になった方が圧倒的にお得です。

Audible(オーディブル)では、30日間の無料体験+最初の1冊が無料で聴けるキャンペーンを実施中です。

期間内に解約すれば料金は一切かからないので、まずは無料体験で気になる作品を聴いてみてください。

関連記事:【ガチレビュー】Audibleを使ってみた感想、気になる評判・口コミを紹介!

flier(フライヤー)

flier

flier(フライヤー)とは、ビジネス書などの要約を1冊10分で読める時短読書サービスです。

プロのライターが書いたクオリティの高い要約をたった10分で読めるため、コスパが高い。

また、忙しいビジネスマンにとって、flierならサクッと読めるし重要なポイントを抑えられるので便利です。

flier(フライヤー)の料金プランは3つあります。

flier money

フリープランだと有料コンテンツが読めないし、シルバープランだと月5冊までしか読めません。

ゴールドプランを高く感じるかもしれませんが、ビジネス書を1冊買うのとほぼ同じ値段なのでたくさん読む方はゴールドプラン一択。

flier(フライヤー)では、ゴールドプランの7日間無料キャンペーンを実施中です。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:【最高】本の要約アプリflier(フライヤー)を使ってみて、評判・口コミをガチレビュー!

まとめ:フリーランスになる前に、本で勉強しておこう!

今回は、フリーランスを目指す人が読んでおきたいおすすめの本を紹介しました。

フリーランスになる前に、ある程度の知識を身につけておけば、安心して仕事に取り組むことができます。

今まで会社がやってくれていた税金や保険については、書籍を参考に実践してみてください。

今回は以上です。