読書

【書評・要約】「20歳の自分に受けさせたい文章講義」から学ぶ書き方のコツ

こんにちは、やすです。

悩み

話せるのに書けない、文章にリズムがない、読みづらいと言われる

この本はこんな悩みに答えています。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は全4章からなる。

第1章:リズム|読みやすい文章に不可欠なリズムとは?
第2章:構成|文章はどう構成すればいいのか?
第3章:読者|読者をひきつける条件とは?
第4章:編集|編集するとはどういうことか?

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」古賀史健さん(著者)について

プロフィール

1973年福岡県生まれ。バドンズ代表。かねて映画監督を夢見るも、大学の卒業制作(自主制作映画)で集団作業におけるキャプテンシーの致命的欠如を痛感し、挫折。ひとりで創作可能な文章の道を選ぶ。出版社勤務を経て24歳でフリーに。30歳からは書籍のライティングを専門とする。以来、「ライターとは翻訳者である」「文章はリズムで決まる」を信念に、ビジネス書や教養書を中心に現在まで約100冊担当。シリーズ世界累計500万部を突破した「嫌われる勇気」をはじめ、多数のヒット作を手掛ける。2015年に株式会社バトンズを設立、現在に至る。本書は単独デビュー作となる。

引用元:20歳の自分に受けさせたい文章講義

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」要約

文章は「リズム」で決まる

リズムとは「聴覚的リズム」、「視覚的リズム」をのことである。

「視覚的リズム」とは、文字や句読点が並んだ時の見た目の気持ち良さ。

視覚的リズムは、以下の3つで構成されています。

  1. 句読点の打ち方
  2. 改行のタイミング
  3. 漢字とひらがなのバランス

①の句読点は「文字間=縦」の圧迫感を解消する。

②の改行は「行間=横」の圧迫感を解消する。

③は文字そのものが持つ圧迫感を解消してくれる。

今まであまり気にしたことがなかったが、読みやすい文章とは①〜③を上手く使っている。

ブログを書くとき、すぐに使えるテクニックなので今度意識していきたいです。

「聴覚的リズム」とは音読したときのリズムです。

読みやすい文章を書きたいときは、推敲の時に音読をして耳で聞くことで文を理解するのが効果。

構成は「眼」で考える

参考としておすすめしているのが、映画やテレビドラマなどの映像表現である。

  1. 導入ー客観のカメラ(遠景)
  2. 本編ー主観のカメラ(近景)
  3. 結末ー客観のカメラ(遠景)

このように視点を変えることで、観客・視聴者の理解を促している。

文章を書く場合も以下のことを意識すべきである。

  1. 序論ー客観のカメラ(遠景)
  2. 本論ー主観のカメラ(近景)
  3. 結論ー客観のカメラ(遠景)

映画と同様に文章も、客観→主観→客観の順に書くと読みやすいものになる。

読者を惹きつける書き方や論理展開について、詳しく紹介されています。

構成についてはいいお手本がないので、とても参考になりました。

読者の「椅子」に座る

文章を書くにあたり読者の存在を意識して、書いているでしょうか?

  1. 10年前の自分
  2. 特定のあの人

上記に挙げた人を意識して、文章を書くことをすすめている。

「特定のあの人」は多数派に向けて書くよりも少数派に向けて専門的で深い内容のものを書いたほうが、結果的に多くの人に伝わる。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」まとめ

今回は古賀史健さんが書いた、「20歳の自分に受けさせたい文章講義」について書評・要約しました。

これからますます「書く時代」になり、誰でも簡単に発信できる世の中です。

そんな時代を上手に生き抜くためにも、文章を書く技術の必要性は上がっていると思いました。

今回紹介させていただいたのはほんの一部で、詳しく知りたいという方はぜひ読んでみて下さい

Audibleの30日間無料体験に登録すると、最初の1冊が無料で聴けます。「20歳の自分に受けさせたい文章講義」も対象。

オーディオブックもおすすめ、紙の本や電子書籍とは違った良さがあります。

無料体験中に解約すれば、料金は発生ません。他のタイトルとも交換することができます。

忙しくて時間がない方や、活字を読むのが苦手なかたは、ぜひオーディオブックを試してみてください。

関連記事:Audible(オーディブル)の使い方・登録方法をわかりやすく解説